女性起業家になる!創業~経営・月収UP!女性の起業を徹底解説!

ポイント(この記事は15分で読み終わります)
  1. 女性起業家として成功するためのおすすめのビジネスとは?
  2. 女性が起業する際の悩みを解決するポイント
  3. 女性起業家ならではの補助金や助成金を知る

女性起業家と言うと、皆さんは一般的にはどのような方々を想像されるでしょうか?

女性と言っても、置かれている状況は様々であり、結婚を考えていない方やキャリアウーマンと呼ばれる方々、はたまた、これから子供を考えている方、そして子育て真っ最中の方や、もうすでに子供は手を離れていて、これから自分の人生を考えた時に何かしたい!と考えている方、様々だと思われます。

今回は、その“女性”が起業をする際に考えられる事や、創業から経営、今の月収よりも起業をする事で収入を劇的にアップさせる方法等、あらゆる目線で解説をさせて頂きたいと思います!

1.女性が起業する際に考えておかなくてはいけない3つのポイント

まず始めに、女性が起業を考えた際に、押さえておいて頂きたいポイントを3つに分けてみましたので、ご覧下さい。

1-1.女性の起業者と男性の起業家の違い

考えてみて下さい。あなたは、起業をしている人を思い浮かべてみると、男性と女性、どちらが多いとイメージするでしょうか

一昔前までは、起業する人の多くが男性のほうが圧倒的に多かったわけです。

だが近年、少しずつではありますが、女性が起業する割合は増えてきています。

内閣府男女共同参画局のデータによると2012年の段階で女性の起業家は約30%というデータが出ています。

同様に、内閣府男女共同参画局のデータによると女性の場合は「性別に関係なく働くことができるから」「趣味や特技を活かすため」「家族や子育て、介護をしながら働けるため」を選択する割合が全体平均より高く、職務経験や趣味を活かして、家事と両立しながら起業する傾向が見られます。男性のような人生をかけてというようなスタートの女性起業家は実際にはおりますが、男性に比べると少なく、スモールなスタートを切る女性が多くいます。

1-2.家族の理解が必要である

例えば、結婚していたとして、夫が「家事は基本的に大部分は妻がやるべきことだ」と考えている場合、起業をしたいと考えているあなたは、まず最もあなたのことを理解している存在であってほしい夫の説得から行わなければなりません。

はたまた、小さいお子さんがいる場合は、保育所などの機関に預ける方法が1番なのかもしれませんが、実際問題、現在の社会状況では順番待ちなどで、必要な時期にすぐに入れないケースもかなり多いことはニュースなどで報道されれているので、よくご存じであるとは思います。

もし、起業した時にレンタルオフィスなどの利用を考えている方にオススメしたいのが、働く母親が子供をつれて仕事が出来るシェアオフィスと言うものが増えてきているということでしょうか。仕事をしている間に、同じ建物内に託児所など子供を持つ母親をサポートできる施設が設けられているので非常に便利であり、物理的な距離も離れていないので母親と子供の双方に安心感は得られることでしょう。

こういった施設も増えてきているので、近くのオフィスで検索してみるとよいでしょう。

しかし、家族の支えがあってこそ、また自分も家族を支えてこそ、起業し会社を経営していく中でも理解したり話し合う事は、大変重要なポイントと言えます。

自分の想いを話しておくことも大切な事なのかもしれません。

もちろん男性だって本来そうあるべきですが、女性に特に強くかかわってくる注意点になります。

会社の種類についての参考としてこちらのリンク先をチェックしてみてください。
「起業するなら合同会社と株式会社のどっちがオススメ!? メリットとデメリットを徹底比較!」

1-3.女性だからこそ圧倒的な優位性を持っていることもある

女性向けの商品づくりなどはやはり男性よりも女性が考えたほうが、間違いなくツボを掴んでいると思います。今後女性の社会進出が一層強く、深くなっていくと、女性マーケットが一層の拡大をみせていくことでしょう。そのような意味では、女性起業家の活躍の幅もどんどん拡大していくことになると思います。

現代では、女性とか男性といった性別に関係なく、ガチンコの起業を目指している女性起業家とも出会います。このような今までにいなかった女性起業家が、新しい視点などで既存の価値観を変えていくのかもしれません。

2.おススメしたい女性起業家向けのビジネスとは!?

女性が起業家として活躍する為には、様々な方法がありますが、ここでは初期投資をそこまでしなくても、気軽に始めてみる事ができる内容をまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

2-1.インターネットを活用するタイプ

現代の家庭では、一家に一台はパソコンがあると言う方が多いですし、場合によっては家族がそれぞれでパソコンを共有せず、一人一人でパソコンを一台ずつ持っていると言う家庭も少なくありません。

そんな時代ですから、女性が起業をする前段階で、すでにインターネット環境が整っていると言う所も少なくないでしょう。

この場合に、考えて頂きたいのが、インターネットを活用する形でビジネスを開始すると言う方法です。

すでに環境は整っていますから、ほとんどお金がかかりませんし、場合によっては0円からスタートできる可能性もあります。

インターネットを使って行う事が出来るビジネスを見て行きましょう!

アフィリエイト
今では、このアフィリエイトと言う言葉も、世の中にだいぶと普及しつつありますので、ご存知の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

念のために、簡単に解説をしておきますが、アフィリエイトと言うのは、ご自身で書かれているブログや、サイト等に、あなたが「売りたいな」と思うような物を商品として紹介します。そして、その売り上げに対して紹介料と言う形でお金を貰う事が出来るシステムの事を意味します。

参考リンク:「A8.net」

せどり
こちらは、まだあまり聞いた事がない方も多いと思います。

せどりと言うのは、インターネットにおいて、DVDや書籍等の商品を仕入れし、出品する事でお金を儲けるシステムを意味します。

また、上記以外にも、通販等のインターネットを活用したショップや、投資等も該当しておりますが、規模については考えておく必要があると言えるでしょう。

規模について言及している理由は、在庫を抱えるビジネスと言うのは、ある程度の保管スペースの確保が必要ですから、ご自宅に部屋が沢山余っている又保管できる倉庫が自宅にあるような方であれば問題はありませんが、そうではない方は別に保管場所を確保する必要がある為、その分にかかる経費も見積もっておく必要があるからです。

ドロップシッピング
こちらは、インターネットを使い、そこにおける様々な商品の広告や、販売を行う一形態の事を意味します。

例えば、商品を閲覧した方が購入し、発送や請求については製造した元や卸した元が直接取引を行う為、販売をしたウェブのサイト提供者等が行うものではありません。

アフィリエイトとの違いは、商品に関する値段設定をご自身で行う事が出来ると言う所にあります

2-2.女性向けの美容系サロンタイプ

次に、女性をターゲットとしたサロンタイプのビジネスをご紹介させて頂きます。

ネイリスト
こちらは、大変普及してきている女性をターゲットにしたビジネス形態の
1つだと言えるでしょう。

例えば、ネイリストの技能検定等の資格を持ち、ある程度お店等で経験を積まれた方が、自宅の一角や、小さいスペースを借りる等して行うサロンビジネスです。

技術を提供するわけですし、現代では女性がネイルをするのは当たり前の時代でもあります。

他との差別化を図る事で、一度来店して頂いた方がリピーターとなって下されば、益々事業としては繁栄をしていく事でしょう。

エステティシャン・アロマセラピスト
こちらも、現在増えつつある女性の起業家向けの美容系サロンとなります。

自宅の一角をサロンにしてしまう事で、家事や子育てがある方でも、通勤をする時間を省略する事が出来ますから、比較的起業しやすい分野だと推測されます。

エステティシャンであれば、通学にて学ぶ事も可能ですが、通信教育等でも施術に対する技術の習得をする事が可能です。

また、アロマセラピストに関しては、お客様の手や体、顔等に施術するとなると、一定期間の通学が必要とはなりますが、そこまで長い期間を費やすわけではない為、女性でも比較的手を出しやすい起業の分野だと言えるでしょう。

2-3.自分の才能を活かすタイプ

自分の才能を

残り7194文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事