クリーニング店を開業する方法!その費用や資格とは?

ポイント
  1. クリーニング店を開業するには2つのパターンがある?
  2. クリーニング師って何?
  3. 立地条件や、施策について

クリーニング店として開業するための必要な許可を理解しよう

 cleaning5

日本ではどのような業種でも行政に無許可で行うことは、ほぼないと言っていいようにクリーニング店として開業する場合にも必要な許可条件が存在しています。
ここではクリーニング店として開業するために必要な許可要件を見ていくことにしましょう。

注意していただきたいのは、個人開業とフランチャイズチェーンに加入する場合とで必要ないものが存在してきますので、特にフランチャイズチェーンに加入する場合には事前に十分に確認してみるようにしてください。

クリーニング店を開業するために取得する必要のある許可

まずは個人開業でもフランチャイズチェーンでも知識として持っておいた方のいいクリーニング店を開業するために法律で決められている許可について理解しておきましょう。
個人開業の事業者では必要な部分もフランチャイズチェーンでは既に本部で満たしている条件があるため加入者のあなたには不要な部分もありますので、あなたがどの形態でクリーニング業を始めるかによって変化してくることを理解はしておいてください。

◆管轄の都道府県知事への届け出
クリーニング店を開業するためには店舗を管轄する都道府県知事へクリーニング店を開業するという届け出をすることが必要となっています。(届け出をする必要があることについてはクリーニング業について定めている法律であるクリーニング業法に詳細に記載されていますので、気になる方は1度ご覧になってみてください。)

◆クリーニング店舗として許可されるための要件
クリーニング店として許可されるために満たさなければいけない要件は2つです。
そこまで難しい要件ではなく、クリーニング店を開くためには当然のことだろうと考えられる事ですので、ここに関してはそこまで心配する必要はないと思われますので確認をして忘れているようであれば要件を満たすような準備をするようにしてください。

  • 上記でも説明させていただいています、クリーニング師の有資格者を1人以上は店舗に置いておくこと。
  • 業務用の洗濯機・脱水機が最低でも1台は店舗に設置されていること。

フランチャイズチェーン加入と個人で開業した場合の比較

 cleaning7

ここでは実際にクリーニング店を開業するまでにどうなんだろうと疑問に思われる点をいくつかピックアップして見ていくことにしましょう。

クリーニング店を開業するパターンにはフランチャイズチェーンもあれば、自分自身で事業を起こして開業するパターンの2つがありますので、自身で起業する場合とフランチャイズチェーンに加入する場合の2つについて見ていくことにしましょう。

初期費用はどの程度必要か?

◆フランチャイズチェーンの場合
保証金・権利金などが必要なところもあれば、不要なところもありますが、必要な場合には数十万円は必要であることを理解して準備をしておく必要があります。
実際に店舗をクリーニング店として作り上げるための費用としては、多く見積もっても100万程度があれば開店できる費用としては十分な模様です。

◆個人で開業する場合

個人開業する場合には保証金や権利金といった加入するための費用は不必要ですが、業務用の洗濯機・乾燥機やクリーニングするための薬剤なども全て準備をしなければいけないので、機械だけで数百万円は開業費としては必要となってきます。いきなり数百万円を個人で準備することは厳しいでしょうから日本政策金融公庫などの創業融資を利用して資金調達をすることになる方がほとんどになってくるでしょう。

売り上げと固定費の注意点

◆フランチャイズチェーンの場合
フランチャイズチェーンの場合には店舗で必要となった固定費以外にもフランチャイズチェーンに加入していることによる手数料を毎月支払わなくてはいけません。コンビニエンスストアなどでは膨大な金額の加盟料が高すぎるのではないかと社会的に問題になっていることもありますが、クリーニング業の場合でも売り上げに比例して20%~30%といったところや固定で何万円といった金額を設定しているところもあります。

◆個人で開業する場合
個人で開業する場合には店舗に必要な固定費以外は支出となるものはありません。ただ開業費用を創業融資などで賄っている場合には、その返済分が毎月数万円は発生してきますので、返済のお金については忘れないようにしましょう。

どうやってお客様を呼び込むの?

◆フランチャイズチェーンの場合
フランチャイズチェーンに加入している場合には月額の手数料などの中に販促物の代金も含まれていることが多いですから、お店が実際に使用するチラシから、本部が地域を絞ったり全国的に行うメディアを使用した宣伝などで効果的に認知度を上げることは可能となっていますので、あなた自身が主体的となってマーケティングを行うことはあまりないものと予想されます。(決して何もしなくても大丈夫というわけではないので、そこは勘違いしないようにしてください。)

◆個人で開業する場合
個人で開業する場合には、あなた自身が考えるマーケティングを手法によってお客様の数は大きく変化する可能性が高いでしょう。
マーケティングが上手だとか下手だとかという意味ではなく、客層のターゲットを絞り込んで効果的にアピールすることで、十分にお客様を掴むことは可能です。
経営者である以上はクリーニング技術は他の従業員に任せてもマーケティング能力は自分自身が行うといった考えを持っていた方が、結果としてクリーニング店が繁盛することになる可能性が高いかもしれません。

開業後はどのような状況になるか?

◆フランチャイズチェーンの場合
フランチャイズチェーンは加入することで開業前から開業後もサポートが付いてきます。

そのために加入金を支払い毎月の手数料も払っていると言えるでしょう。サポートが支払っている金額を上回るほどに適切であれば業績にも反映されますが、実際に加入前に聞かされていたサポートとは異なる場合には、何のために高い手数料を支払っているのかわからなくなってきますので、加入するフランチャイズを十分に見極める必要があると言えるでしょう。

◆個人で開業する場合
個人で開業する場合には、経営者であるあなた自身がマーケティングやマネジメントをしっかりと行っていかなければ業績を上昇させていくことが厳しいことになります。クリーニングの技術も大切なことですが、まずは新規に開業したお店の存在を潜在的なお客様に認知してもらわなければ、どのような高い技術を持っていたとしても宝の持ち腐れとなってしまいますので、経営者はマーケティングについて考えなければいけないのだということを頭に入れて行動してみるといろいろなことが見えてくるでしょう。

営業時間などを含めた経営の自由度は?

◆フランチャイズチェーンの場合
フランチャイズチェーンの場合には営業時間や値段設定などに自由度はほとんどないといっていいでしょう。同じ名前を掲げて営業している以上はどの店でクリーニングをお願いしても同じ代金・同じ品質での仕上げということが重要ですので、経営に自由度はあまりないことは加入する場合には理解しておきましょう。

◆個人で開業する場合
個人で開業する場合には誰も制限されることはありませんので、いろいろとおもしろい経営も可能となってきます。
例えば既存のチェーン店が夜遅くまで営業をしていないのであれば、24時間営業は必要ないかもしれませんが、働いている方や学生(特に1人暮らしの方)を対象として、開店時間を夕方から深夜などに設定することで、新たな顧客層を開拓できる可能性もあります。

またお客様の受取時間をいつでも可能にするために、店舗に無人で運用が可能なロッカーなどを設置しておき、クリーニングを注文したお客様だけがロッカーを開けて完成したクリーニング品を受け取ることができるようなシステムを完成させれば話題にもなるでしょうし、より利便性が上がりますので顧客満足度も上がって業績的にも上昇が期待できるなどでしょうか。

とにかく自由になんでもチャレンジができることが個人で開業するクリーニング店の圧倒的な強みですので、その強みを最大限に生かしていろいろな施策を打ってみることが重要であると言えるのではないでしょうか。

業績の予測のしやすさについて

◆フランチャイズチェーンの場合
フランチャイズチェーンに加入した場合には、開業前の店舗選択の段階から、本部のマーケティングや商圏調査などを行いますので、ある程度の業績は予測できるのではないでしょうか。ただあくまでも既存の予測ですので、あまりにも信用してしまうと予測と大きく異なった場合に資金的に困るということもありますので、ある程度の資金の余裕を持っておくことは忘れないようにしましょう。

◆個人で開業する場合
個人で開業する場合には、あなたが独自のマーケティングを行い、既存店と差別化したサービスを行うことで、大きな売り上げになることもありますし、数か月は開業前に用意していた資金で生活するということにもなるかもしれないといったように、フランチャイズに加入した場合よりも大きな差が出てくることになるでしょう。

ただ実際に経営をしているという実感は間違いなく個人で開業を行った場合ですので、自分自身で新たなクリーニング店を切り開きたい場合には、リスクは大きいですが個人で開業するほうが自由度は高いので最適であると言えるのではないでしょうか。

おすすめの関連記事

―フランチャイズをもっと詳しく―
フランチャイズ加盟前に「お金の話」よりも聞いておくべき「教育リテラシー」とは

―失敗から学ぶこと―
フランチャイズで成功するなら「日本一」クールなクレーマーになろう

本気で年商1億円を達成したい人のために

すでに6,000人以上の経営者が購読中のメルマガ『ゼロイチ マガジン』。
本気で年商1億円を達成するために行動する意志がある人だけ、登録してください。

メルマガ登録

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事