会社の本店所在地って何?将来を考えて決定すべき理由とは?

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. 本店所在地はどこにすれば良いの?
  2. 低コストで開始する本店所在地
  3. 本店所在地の記載方法は2種類ある

会社の本店所在地と、一言で聞いても、今までに起業をされた事がない方の場合であれば、具体的に何の事か、パッと想像がつかないと言う方がほとんどではないでしょうか?

本店や、支店と言った言葉であれば、例えば、好きながケーキを売っているお店があったとして、そのお店に本店があったり、支店があったりするのが、皆さんが想像される「本店」ではないでしょうか?

しかし、会社の本店所在地と言うのは、この本店等の意味とは少し違いがあるのです。今回は、この会社の本店所在地における内容について、総合的に解説をさせて頂きたいと思います。

会社の本店所在地って何?

ではまず、会社の本店所在地の基礎的な事について、解説をさせて頂きたいと思いますが、想像して頂きやすくする為、例を上げてみましょう。

皆さんは、日本に住まれている今、現在の住所があり、その住所を管轄している市町村役場に届け出をしていらっしゃると思いますので、その市町村役場にお願いすれば、住民票等のご自身の情報を発行して頂けると思います。

この事と同様に、会社を設立する場合にも、その会社がどこにあるのか?と言う事で、設立時には、必ず会社の本店所在地と言う住所の登録をしなければなりません。

この登録については、会社の設立時に、定款と言う物を作成する事になるのですが、そこに絶対的記載事項として(絶対に記載しなければならない項目の事)住所の記載をする事となります。ですから、逆を言えば、会社なのに、本店所在地がないという会社は存在しない事と一緒です。

つまり、会社設立をする前に、その設立する会社の本店所在地をどこにするのか?については、絶対に決めておく必要があると言う事なのです。

まずは、会社設立には、必ずその会社の本店所在地と言う場所を決めて、その住所を登記しなければならないと言う事を頭に入れておきましょう!

本店所在地はどこにすれば良いの?

実は、会社の本店所在地と言うのは、場所に決まりはありません。ですから、特に制限がない以上は、自由に決められます

一般的に多い例としては、事業を始める会社の所在する住所を、本店所在地にする事

残り2240文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事