総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業してよかったこと10選

目次 [非表示]

今回は起業してよかったこと10選をまとめてみました。

起業前に考えておくべきことを知りたい人は下記の記事をご覧ください。
起業に必要な費用やお金を時間軸とともにまとめました
起業する年齢別の問題やパターンについて10代-50代まで

自分の価値に比例した対価をもらえます

kigyo1

起業をしてみて実際に自分の持っている力や商品やサービスの価値に応じて逆算的にお金を支払っていただけることになります。
自分のもらえるお金や報酬は自分の持っている価値に比例をすることになります。
 

そのため自分自身に価値がない場合には、対価である報酬をいただくことができません。
会社員やサラリーマンと起業家の違いは、サラリーマンは自分の価値とは関係なく基本的には決まった給与の中で働くことです。

起業のポイントについては下記をご参考にしてください。
誰でも起業、独立、開業できる!あなたが起業、独立、開業するための5つのポイント!

好きな人と仕事ができること

起業をしたことによって全て自らの選択で付き合う人や取引する人を決めることができます。
そのため自分が好きではない人と一緒に仕事をする事をしないことができます

人生の時間が確実に濃くなります

会社の成長や商品サービスを強くするためには自分自身が努力をし続けないといけません。
お客さんにとても喜ばれた時に感じるとても嬉しい気持ちは起業家にとって何よりも嬉しいことです。
お客さんを喜ばすことを目的にしている起業家が過ごす時間と言うのは毎日がとても濃い時間になっていくのです

多くの素晴らしい人に出会えること

kigyo2(1)

起業をしている人の多くはとても素晴らしい志を持っている人が多くいます。
そのためあなたが起業家になることによって素晴らしい志を持っている起業家と一緒に仕事をすることや起業家と出会うことが増えることによって素晴らしい人とたくさん出会うことができるようになります。

成長をとても実感することができます

逆に言えば起業家は成長しない限りマーケットである市場から退場を迫られてしまいます。
そのため起業家が生き残るためには毎日の成長が必要になります。

そのためなによりも人としての成長が必要になります。
起業家と言う役割や起業家と言う仕事を通じて自分の成長が如実に実感することができます。

同じ毎日が1日としてもありません

起業をしてから1日1日が過ぎることがとても早く感じると思います。

それは1日として同じ日がないということをとても感じるからです。
これはルーティーンで決まった仕事をし続けると言うことが起業家の仕事では無いからです・
毎日昨日よりもどうすれば、お客さんを喜ばすことができるのかをひたすらに考えていくことになります。

そうすると1日として同じ日はありません。
そのため毎日が違う日であるため、とても楽しい毎日が待っています

行動範囲が変わっていき新しいことを知ることができます

事業を起こしてからはすべてが自分の意思決定に基づいて自分の時間の使い方や自分がどこで誰と仕事をするのかが決まってきます。
そのため自分自身の選択によって自分の生き方・自分の考え方・付き合う人・行ったことのある場所など物理的なものから人間的な考え方の幅まで広げることができます

1つのことにフォーカスをしなくてよくなります

kigyo3(1)

起業家の役割としてお客さんを喜ばす事と自分で立てた会社や事業の理念を実現することが目的になります。

そのためあくまでも商品やサービスと言うものは目的を実現するための手段に過ぎないのです。

つまり商品やサービスと言うのは目的を達成することができるのであればどのような商品やサービスであっても良いわけです。

起業すると業界や業種など一見するととらわれて見えてしまうかもしれません。
しかし目的を達成することの目的を間違えなければいろいろな業種や業界の仕事をすることができるわけなのです

自分の裁量や決定でいろいろなことを動かすことができます

誰かが決めたことや誰かの裁量によって動いていくこととは異なり、起業家は自らの意思決定や裁量によって物事を進めていくことや多くの人を動かすことが出来ます。
逆に言えば多くの人がこの起業家に力を貸してあげようと思わない限り、なかなか目的であるお客さんを喜ばすことや理念の実現をする事は難しくなります。

時間を自らコントロールできるようになります

もちろん起業をした当初を始め、起業家は毎日忙しいわけですが要領が良く先手先手で仕事ができたり、仕組みを作ることができ時間の使い方が変わっていきます。
ずっと自分がプレイヤーとして納品することや商品を提供し続ける存在になってしまうと時間のコントロールがしにくくなります。
起業家が経営者として全体の仕組みをマネジメントする役割に集中することができるようになるともちろん忙しい時はありますが、比較的どの職種や仕事をしている人よりも時間のコントロールをすることがしやすくなります。

おすすめの関連記事

起業の失敗ケースについて学びたい方はこちらから
起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

起業の方法について学びたい方はこちらから
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事