経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

起業家とはいったい何者なのか。起業家精神やスキルについて

ポイント
  1. 起業家とは一体何者なのか
  2. 起業家の目的とは?
  3. 起業家精神や特徴や起業家のスキル

目次 [非表示]

起業家精神や特徴や起業家のスキル

kigyo(1)

起業家になりたいと思っている人が、実際に起業家になるためにどのようなスキルや特徴が必要なのかということをわかりやすく説明をしたいと思います。

また起業家精神やアントレプレナーシップと言われるような起業家特有の考え方についても併せて説明をしていきます。
起業家精神やアントレプレナーシップといった説明だと言うふうに思いながらぜひお読みください。

起業家精神やアントレプレナーシップとは

シンプルに言えばオリンピックで金メダルを目指しているアスリートと同じ思考や考え方だと思います。
ものすごいハードルやものすごい高い目標に対して普通に考えたらどう考えてもできないし無理だと言うことに対して絶対にできる信じて行動する。
絶対にできるようにするためにどうしたらいいのかと前向きで建設的な考え方と不屈の精神で何が何でも達成するんだと言う強い思いやそのことに対してとてもワクワクした状態を持っていることが起業家精神やアントレプレナーシップなのではないかと思います。

手段への固執が全くなく目的解決志向であること

起業家の存在目的は全世界共通でお客さんを喜ばすことであると言う事は前述致しました。
起業家は手段である様々なやり方に固執する事はありません。

なぜならば起業家はどのような手段であろうが関係なくもちろん倫理観や法律を大切にしながらと言う事はあります。
とにかく起業家と言うのは目的であるお客さんを喜ばすことやお客さんや社会の課題やニーズに応える事にのみ興味や最大の関心を持っています。

その目的を達成することのみ考え、その目的を達成する手段に関してはその時々に置いて1番最適な選択をしていくことが起業家として最も大切な考え方になります。

行動力や推進力の塊であること

良い起業家であればあるほど、行動力にたけているといえます。
当たり前ですがただ何も考えずに戦略を持たずに行動だけすればいいと言うことでは全くありません。

PDCAサイクルで言うところの最初にプランを考えながらもただこのプランを考える事にものすごく多くの時間を使うことは当たり前です。
自分の仮説をしっかりと持つ事をしながらDOすなわち実行や行動をとにかく優先することが大事です。

実行力について知りたい方はこちらの記事もご参考にしてください。
「戦略よりも実行力重視の起業家になろう!!??」 自立した起業家になるためのPDCAサイクルと、目標設定の重要性について

動きながら得た経験や感覚や実際のお客さんの声などをすぐさま新しい考えや仮説に反映をさせて再びアクションをすることが大事です。

その2度のアクションから得られた経験や考えアイディアをまた仮説に反映をさせることをひたすらに繰り返していくことが求められてきます。
そういったことが実際にとても良い起業家の行動の特徴と言えると思います。

pdca

また起業家が起業をした当初と言うものは全くもってお金や経験や周りからの信頼仲間などリソースと言われるものがかなり不足をしています。
そのため起業家自身に関わることや求められる負担や役割と言うものはとても多くのものがあるといえます。

何もないような状態の中から多くの人を巻き込んだり多くの仕事や課題やタスクを抱えながら、それもあらゆる領域にやるべき事はある中で物事を一つ一つ確実にしたり推進をしながら目的達成に向かって動いていくことが必要になってくるわけです。

起業家が実際に1人でやらないといけない事は多数多岐に渡ります。
しかしその中ですらうまく役割分担をすることが求められてきます。
 

それは起業家1人でやることもあればチームを作ることであったりプロジェクトとして周りの起業家など人を巻き込む推進力や行動力と言うものが必ず欠かせない要素としてあります。

常識とは異なることを平気で言うことができる

起業家と言うのは最初に書きましたが、手段に固執することはなく常に目的を達成することや目的を最優先にした思考を持っています。
そのためこれまでや業界の常識とされるようなやり方や考え方に必ずしも賛成する訳ではありません。

当たり前ですが手段に固執をしないためより柔軟によりクリエイティブなやり方を起業家は考えています。

そのため往々にして今までのやり方を否定をして、新しいやり方を考え新しい時代の常識に変えていくと言うような役割や存在であることもあります。
起業家はとにかく目的志向のため、今までのやり方や今までのあり方を現状否定をしたり多くの人からすると自分のやり方が否定をされたと言うふうに感じることもあります。

一般的に起業家はこれまでのやり方を続けたりする古い組織や考え方の人とは敵対的な関係になったりすることが多くあります。

とてもシンプルな思考や発想をする

起業家は常に目的を達成することしか考えていません。
そのためゴールからの逆算を考えています。
ゴールへ最短で最速でたどり着くためのことを常に考えています。

そのためには難しいことを難しく考えるのではなく、難しいことをいかに簡単な事に変換することができるのかということがとても大切になるわけです。
起業家は立ち向かう課題や問題が大きければ大きいほどこれまで常識とされたような考え方や難しい理屈では問題解決しないことを知っています。

とにかく物事をシンプルに簡単に考えることをとても意識をします。
起業家にとって重要な力として問題を解決する力もさることながら問題をどのように設定をするのかと言う問いを立てる力が起業家に求められる力の1つとしてあります。
どのような問いを立てるのかによって当たり前ですが、質問や問いが変われば答えは変わるわけです。

問題を解決するための答えが正しいかどうかと言うのは正しい問題の設定ができたことによって決まってきます。

ほとんど多くの人は問題を設定することや適切な問いを立てる事を意識することなく、問題が問題なのかということを考えることもなく答えを出そうとしてしまうわけです。
シンプルに物事を考える事は、質問や問いが変われば答えは変わるわけです。
シンプルに物事を考える事は、シンプルな問題設定やシンプルな問いを立てることができるかということだと言い換えることができます。

前向きな思考でいつも明るく楽しそう

起業家は失敗をすることを全く恐れていないため、普通の人からするとちょっとした失敗を失敗と思ってはいません。

新しくチャレンジすればいいと言うような考え方を持っています。
また自分がやっている毎日の行動や毎日の時間の使い方や自分の目指している方向や目指しているものにとてもワクワクをしているため、普通の人と比較をしてみるととても前向きな思考やとても明るくて楽しそうに見えると思います。

もちろん本人としてはうまくいかないことで落ち込んだり不安にな時や元気がない時もあります。
考えや状態の切り替えと言うものがとても早いです。
起業家としてのポイントになります。

非常に難しいことに起業家は挑んでいるため、簡単に答えが出ることも少ないわけです。

その中にあって少しうまくいかないからといってすぐに落ち込んでと言うような性格や状態の人が起業をすると言う事はとてもストレスを抱える毎日を送ることになってしまいます。
起業家というのは比較的楽観的でありつつ、絶対に自分の決めたことを成し遂げるんだと言う強い思いや実際の志を形にしていくアクションややり抜く力と言うものを合わせて持っていないといけません。

改善や調整をする力がとても強い

起業家はとにかく行動が大切だと言われます。
闇雲に行動をしているわけではなく、行動をしている家庭の中で得た感覚や実際の事実やお客さんからのフィードバックをもとにすぐに自分の考えを改善したり調整することにとても長けているのが起業家だと思っています。
闇雲に行動をする事に意味はさほどありません。
しっかりと仮説を持ちながら、行動したことから得たものを改善や調整に充てるということを大切にしています。

周囲の人に力を借りることができる

起業家は1人でやらないといけないことも多くありますが、また起業家にしかできない仕事ももちろんあります。
しかし1人の起業家ができる事はとても限界があります。
周りの人たちの力を借りなければ、起業家が成功すると言う事はとても時間がかかってしまったり成功自体が難しいと言うことがあります。

起業家はある意味いろんなタイプがいます。
どのようなタイプの起業家であったとしても、うまくやっている起業家というのは起業をした当初はそういうことができなかったとしても最終的には周りの人や周囲の人の力をうまく借りる事ができています。

ここで考えてほしいこととしては、なぜ周囲の人が起業家に力を貸そうと思うのかということです。
起業家は周りの人からは結果として力を借りることができるわけですが、それは起業家の人間性によるところがとても多いのだと思っています。

この人が困っているのであれば、何が何でも助けたいと言うふうに周りの人が思う事によって起業家は結果として周りの人の力を借りることができます。

そのため起業家は常に周囲の人に対して自分が何をすることができるのかということを考えているわけです。

GIVE・GIVE・GIVEな起業家

give

周囲の力を借りることにも関係しますが、起業家のあり方としてまたは起業家のスキルとして意識しておかないといけないことがあります。
自分の利益を追いかけながらも周りの人が自分と関わったことによって利益を得ることも当たり前の如く大切になります。

利益と言っているのは、お金に限った話ではなくあなたと一緒に仕事をしたことやあなたと一緒にいることによってその周りの人の問題や周りの人の会社が良くなることを言っています。

良い起業家であればあるほど、周りの人に対して先に自分ができることをして差し上げると言うギブの気持ちを持っているわけです。
なかなか最初の頃から起業家がドライブをすることができるかはとても難しいことだと思います。

ただリソースがないと言うことを理由に、相手の人に貢献をしないと言うこともまた違うと思います。
貢献を得ているのかということを意識をしながら、自分のできることをどんどん増やしていかなければいけません。

未来志向であること

起業家は過去を大切にしながらもキョン的には未来をどうやって作っていくのかということに重きを置いているため未来志向であることが大切です。
今は仮にこうだったとしても未来はこうなるとか未来をこうすると言う強い意志や思いを持っています。

エネルギーとしては未来を良くすることに目を向いている起業家が多くいます。

やめなければ負けないことを知っている

起業家は辞めない限り負けないことを知っています。
いつうまくいくかは保証はありませんが、起業家にとって負けると言う事は諦めることです。
やめない限りアプローチをする限りそれは全てがうまくいく事に向かっていることを本能的に直感的に理屈的にも理解をしているからです。
起業家と言うのはとても諦めが悪い存在です。

おすすめの記事

起業に必要な費用やお金について知りたい方はこちらから
起業に必要な費用やお金を時間軸とともにまとめました

起業についてもっと知りたい方はこちらから
誰でも起業、独立、開業できる!あなたが起業、独立、開業するための5つのポイント!

関連記事