経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

有料駐車場~コインパーキングを開業する!~

ポイント
  1. 空いている土地をうまく活用しよう!
  2. コインパーキングを始める前に考える事や、始め方について
  3. 始め方と、開業費用について

目次 [非表示]

コインパーキングを始めるのに資格はいるのか?

コインパーキングと言っても、そこには土地があり、不動産の扱いですから、何かしらの資格がいるのでは?と思われる方も多いのではないでしょうか?

しかし、コインパーキングを経営する為に、必要となる資格は、今の所ありません。ですから、何かの資格を持っていなかったとしても、コインパーキングの経営を開始する事が可能なのです!

何か事業を開始する場合には、様々な資格が必要であったり、複雑な許認可を受けなければならないケースが多いのですが、届出さえ無事に済ませる事ができれば、あとは資格がなくても経営を始められると言うのは、大変有り難い事ですし、手をつけやすい事業とも言えるでしょう。

こちらもあわせてお読みください
起業は準備で決まる!?起業前におさえておきたい準備ポイント

コインパーキングの経営を始めたけど、申告はどうするの?

コインパーキングの経営を始めるのに、特別な許可や資格等はないと申し上げましたが、実際に収入となる為、税金等の申告はどうするの?と不安になられる方もいらっしゃると思います。

通常ですと、会社員として勤務されている方の場合、毎年年末になると、年末調整を書いて提出している為、税金関係の申告については、やった事もないな・・・と言う方も実際には結構おられるのではないでしょうか?

また、社員として勤務しており、副業として何かをすでにされている方にとっては、身近な事かもしれませんし、ダブルワークをされている方等にとっても、すぐに想像して頂けるのではないかと思います。通常、会社等で勤務されていない個人事業主とされる方の場合においては、皆さんも一度は聞いた事がある「確定申告」と言うものを行う必要があります。

確定申告と言うのは、1年間の間にこのくらいの収入がありましたよーと申告する物であり、その申告された金額に応じて、必要となる税金分を支払う事になります。ただし、コインパーキングの経営ですと、そこまで複雑な内容ではない為、確定申告に関しても、そこまで手間取る事はないと思われます。

また、確定申告をする際には、投資した費用等がある場合、こちらも必要経費として収支から差し引く事ができますから、多少の確定申告の内容については、知識を入れておくと良いでしょう。

せっかく経費として算入できる物を申告しなければ、余計な税金を支払う結果にもなりかねませんから、少しでも良いので、それらを確認して領収書等はしっかりと保管しておくと良いでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?余った土地はそのまま放置しておくと、何も生み出さないだけでなく、固定資産税と言う税金を毎年支払うだけの物になる為、はっきり言ってマイナスでしかありません。

しかし、その土地を上手く活用する事によって、新しい物に生まれ変わらせ、新たな収入を得ると言う事は夢ではないのです。また、土地は余っているが、その上に建物が建っていて、更地ではないから無理だと諦める場合もあると思います。

しかし、そこで諦めるのはまだ早いです!コインパーキング事業者によっては、その解体等についても相談を受けている所が多数存在していますので、とりあえず問い合わせるだけでもしてみて損はないでしょう。それらを含め、もし今余っている土地があるなと思われた方は、一度その土地について検討をしてみたり、ご家族等と相談して、そのような土地がないかどうかについても、話し合ってみるのも良いのではないでしょうか?

マイナスでしかない土地も、もしかすると大きな利益を生み出す原石となるかもしれません!ほおっておくのは勿体無いですから、是非、今一度コインパーキングの経営について、検討されてみてはいかがでしょうか!?

おすすめの関連記事

ーしっかり理解しておきたい「確定申告」ー
確定申告って何?個人事業主で経理がわからない方必見!


ー会社の登記等にかかる費用とはー
起業に必要な費用を時間軸とともにまとめてみました

関連記事