2018年、スマホで稼げる副業特集

更新日:2018.03.28

はじめに

近年、副業をしている人が増えています。しかし、パソコンが苦手な方や、何から始めていいのかがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、スマホでも手軽に始められる副業をまとめご紹介します。

スマホだけで完結する副業

まずは、スマホだけで全て完結する副業をご紹介します。準備するものはスマホだけです。初期投資ゼロで手軽に始められることが最大の魅力です。

クラウドソーシングで仕事を請け負う

クラウドソーシングとは、企業などが特定の業務をインターネット上で不特定多数の人に外注する仕組みです。例えば、「NAVERまとめ」のようなWEBメディアを運営している会社が、掲載するグルメ記事を書いてくれるライターを、クラウドソーシングサイト上で募集します。

個人は、そのクラウドソーシングサイト上で、募集されたグルメ記事の仕事を受注することができます。仕事を受注した個人がグルメ記事を書いて納品すると、報酬がはいるという仕組みです。募集内容が「経験不問」の場合、誰でも仕事を受注することが出来ます。仕事内容によっては「プロ向き」「コンペ式」などに分類されます。また、仕事内容によっては、事前審査や面談がある場合があります。

●仕事内容の例
仕事内容は、以下のように多岐に渡っております。
・データ入力
・記事作成(コラム、ブログ)
・音声の文字起こし
・映画レビュー
・アンケート
・システム開発
・アプリ開発
・サイト制作
・動画・音楽系
・イラスト制作
・翻訳
・その他多数

※請け負う仕事の内容によっては、パソコンや外出が必要になったりするなど、スマホで完結しない仕事もあります。

●メリット
・自分が得意な仕事を選べる
・仕事の量を自分でコントロールできる
・スキルアップにつながる

●デメリット
・手数料がかかる(報酬の5%~20%くらい)
・単純作業ほど報酬が低い
・競争が多い

●収入を得るまでにかかる時間
仕事を完了して、納品すればサイト上で報酬がはいります。しかし、もらった報酬を自分の銀行口座に出金するのにかかる日数はクラウドソーシングサイトによって違います。また、最低出金金額や出金申請期限が設定されている場合があります。報酬を手に入れても、最低金額に満たない場合や、申請期限が過ぎてしまった場合は出金できませんので注意が必要です。

●推定収入
専門性や個人の能力によって幅が大きいです。ランサーズが2015年に発表したフリーランス実態調査によると、日本で「常時雇用されているが、副業としてフリーランスの仕事を行うワーカー」の本業も含めた平均年収は以下のようになっています。

200万円以下・・・28%
200万円~400万円・・・35%
400万円~600万円・・・12%
600万円以上・・・11%
不明、無回答・・・11%

また、1週間のフリーランスとしての労働時間は以下のようになっています。
5時間以下・・・61%
5時間~10時間・・・19%
10時間~20時間・・・12%

直近で、副業ワーカーの数は毎年増えており、仕事の種類も増えています。収入をアップさせるためには、スキルアップしながらより高単価な仕事に挑戦していくことが重要です。

●こんな人にオススメ
・スキルアップしたい方
・自分で仕事量をコントロールしたい方
・独立を目指したい方

●クラウドソーシングサイトへのリンク
実際にクラウドソーシングのサービスをおこなっているサイト一覧です。サイトによって、得意とする仕事内容や、サービス内容が違います。

クラウドワークス(総合大手)
ランサーズ(総合大手)
ビズシーク(実名登録制)
サグーワークス(ライター向け)
ワークシフト(外国人向け)
99designs(デザイン系)
UIscope(ユーザーテスト系)
シュフティ(主婦向け)
ココナラ(知識、スキル、経験で稼げる)
Yahoo!クラウドソーシング(他のクラウドソーシングサービスの案件まとめ)
JobUni(学生向け・在宅系)
Job-Hub(運営会社からの業務委託もあり)
Skillots(クリエイター向け)
PIXTA(写真・動画系)
ARTISTCROWD(音楽系)
Voip!(声優・ナレーター系)
Gengo(翻訳系)
タックスラビット(経理・税務系)
kakutoku(営業系)
STUDIO UNBUILT(建築系)
職人館(住宅系職人むけ)

こちらもあわせて読みください。
副業では「著作権侵害」に注意しよう

オンライン投資

●オンライン投資とは
スマホを使って株式投資、FX投資、仮想通貨などで稼ぐ方法です。うまく投資できれば、実労働時間なしで稼ぐことができます。それぞれ投資によってルールが違うので、始める前に勉強が必要です。ただ、勉強したからといって収入につながるとは限りません。

また、税金にも注意が必要です。株式投資と仮想通貨では適用される税制が違います。(2018年3月現在)例えば、仮想通貨では税率が収入に応じて利益の15%~55%となります。利益が出ても、納税用のお金を確保しておかなければなりません。初心者の方は安易に手を出さないことをオススメします。

●メリット
・実労働時間がかからない ※勉強や情報収集の時間は必要
・高額収入を目指すことができる
・顧客からクレームを受けることはない

●デメリット
・損をする可能性がある
他の副業と違って、損失を出した場合、時間だけでなく自分の資金を失うことがあります。
・始める前に資金が必要
・毎月安定して収入を得ることが難しい

●収入を得るまでにかかる時間
個人によります。投資した案件の値動きによって、自分で利益確定するタイミングを決めるからです。

●推定収入
かなり個人差があります。また、最初の投資金額によっても結果が変わります。損をしている人から大金を稼いでいる人までいます。

●こんな人にオススメ
・数字に強い人
・自制心がある人
・継続して試行錯誤できる人

●主なネット証券リンク
スマホでできるネット証券へのリンクです。運営会社によって手数料や使い勝手など特徴が違います。始める前に条件など比較をお勧めします。

楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
SBI証券
カブドットコム証券
GMOクリック証券
マネックス証券
ライブスター証券
ワンタップバイ(1,000円から株が買える)
トラノコ(お釣りで投資する)

●主なFX証券リンク
楽天FX
パネーパートナーズ
GMOクリック証券
DMM FX
外為どっとコム

●主な仮想通貨取引所リンク

coincheck
bitFlyer
Zaif

アフィリエイト

●アフィリエイトとは
アフィリエイトとは、自分のサイトで商品やサービスを宣伝・販売して、広告主から報酬を得る方法です。ネット上で自分のサイトを作り、人気のある記事やブログなどを書いて、同じページに掲載した広告からの収入を得ることができます。例えば、服の着こなし方に関するブログを書いて、アクセスを集めます。人気が出れば、ブログ内に服の広告などを掲載します。

その服の広告へのクリック数や、その広告を通じて実際にその服が購入された件数によって報酬をもらうことができます。服の場合、子供服や女性用スーツなどに限定するなどして、特定のテーマに絞るとより人気が出やすいです。

●メリット
・初期投資はほぼゼロ
・高額収入を狙える
・どこでもできる

●デメリット
・稼げるまでに時間がかかる
・競争が多い

●収入を得るまでにかかる時間
人気のコンテンツを作成して育てるには時間が必要です。始めてから最低6ヶ月は無収入を覚悟した方がいいです。

その他売れるための戦略と継続力が必要です。

 

●推定収入
NPO法人アフィリエイトマーケティング協会が2017年に発表した調査結果で、アフィリエイト運営者の50%以上が月収1万円以下というデータもあることから、競争の厳しさがうかがえます。その一方で、月に100万円以上稼いでいる人が8%います。

また、収入が多い人ほど、アフィリエイト運営にかける時間が多いというデータもあります。月収100万を超える人の約8割は1日5時間以上をアフィリエイト運営に費やしているようです。

●こんな人にオススメ
・最低6ヶ月以上副収入がなくても生活できる人
・根気強い人
・マーケティングが得意な人

●アフィリエイトの始め方
アフィリエイトを始める前に仕組みを詳しく勉強することをお勧めします。大まかには以下の手順になります。

①アフィリエイトの仕組みを勉強する
②自分のサイトを作る
③人気の出る記事を書きためる
④広告を配置する
⑤広告の利用状況によって収入を得る

具体的な運営方法は以下のページなどで詳しく説明されています。

アフィリエイトの始め方

ポイントサイト

●ポイントサイトとは
別名ポイントアプリ、お小遣いサイト(アプリ)、換金サイト(アプリ)とも呼ばれます。ポイントサイトとは、広告主(主に企業)から様々な広告を集めて、その広告を利用してくれたユーザーに対してポイントを還元するサイトです。ユーザーは集めたポイントを現金や電子マネーなどに換金して稼ぐことができます。

ユーザーの仕事は、スマホで実際の広告を利用することです。具体的には、無料会員登録、アプリのダウンロード、ショッピング、アンケート、資料請求、口座開設、無料ゲーム、友人紹介、音楽のダウンロードなどです。中にはバナー広告のボタンを押すだけのものもあります。

ポイントサイト自体は広告主から広告の利用状況に応じて、広告掲載料をもらって稼いでいます。ですので、お金の流れは、広告主→ポイントサイト→広告ユーザーとなります。

●メリット
・スマホだけで完結する
・スキルや専門知識が不要
・ネット環境があればどこでもできる
・初期費用がゼロ

手軽さが何よりも大きなメリットです。また思うように稼げなくても、費やした時間以外は損をすることはありません。

●デメリット
・ポイントの交換制限がある
ポイントを稼いで、現金などに交換する場合、金額制限があるサイトもあります。また、ポイントの有効期限にも注意しなければなりません。
・悪質なサイトもある
一部の悪質なポイントサイトでは、誇大広告をしておきながらユーザーにポイントを交換させないところもあるようです。
信頼できるサイトかどうかを調べた上で、始めた方が賢明です。また、悪質サイトでなくても運営会社の都合でサイトが突然閉鎖する可能性もあります。こまめにポイントを換金するなどの対策が必要です。

・個人情報を使う
サイトによって迷惑メールや、退会できないといったトラブルもあるようです。

・報酬が低い
手軽さがデメリットにもなります。誰でもできるので、参入障壁が低く、高収入は望めません。また特定のスキルアップにもつながりません。

●収入を得るまでにかかる時間
登録してスタートしてから、換金できる最低ポイントを稼ぐまでにかかる時間はサイトや仕事内容によって違います。また、稼いだポイントを現金に換金するのにかかる日数もサイトによって違います。即時換金できるサイトから10営業日かかるサイトまで様々です。

●推定収入
正確なデータはありませんが、月に数百円~数千円くらいまでが多いようです。ただし、一部の方は数万円~数十万円稼いでいるようです。

●こんな人にオススメ
・少額でもいいからとにかく気軽に稼ぎたい
・スキルや知識に自信がない
・単純作業が得意

●主なポイントサイトへのリンク
下記に各ポイントサイトへのリンクをまとめてみました。サイトによって、換金にかかる日数、対応している金融機関、ポイントの種類、ポイントの還元率、友人を紹介した場合の報酬などが違います。また、ポイントを稼いでも、各サイトが設定している最低金額に達しないと換金できませんので、注意が必要です。

また、悪質と思われるサイトはなるべく除外していますが、始める前に各サイトの信頼性を確認することをお勧めします。

モッピー 
モバトク 
お財布.comお財布.com

3つとも株式会社セレスが運営しているサイト。同社は2016年東証一部に上場している。

ポイントタウン 
GMOメディア株式会社が運営しているサイト。同社は2015年に東証マザーズに上場している。

ちょびリッチ 
げん玉 
ハピタス 
すぐたま 
GetMoney 
PONEY
ポイントインカム 
えんためねっと 
Gポイント 
ライフメディア 
お小遣いJP 
ワラウ 
チャンスイット 
ポイントモンキー 
楽天スーパーポイントスクリーン 

モニター(アンケート、食品、治験など)

●モニターとは
企業が実施するアンケートに回答したり、薬や健康食品を試したりしてポイントや謝礼金をもらうことです。ポイントサイトと仕組みが似ています。※モニターの内容によっては在宅ではできない場合があります。

●メリット
・参加すれば確実に収入がある
・スキルや専門知識が不要
・ネット環境があればどこでもできる
・初期費用がゼロ

●デメリット
・案件によっては参加条件がある
・安定して仕事があるとは限らない
・こまめな案件チェックが必要

●収入を得るまでにかかる時間
モニターに参加すればすぐポイントがもらえる仕組みです。ポイントを換金するのにかかる日数はサイトによって違います。

●推定収入
公式データはありません。月々数千円が多いようです。

●こんな人にオススメ
・少額でもいいからとにかく気軽に稼ぎたい
・スキルや知識に自信がない
・単純作業が得意

●主なモニターサイトへのリンク
マクロミル(アンケート業界大手)

リサーチパネル(アンケート)
ボイスノート(アンケート)
オピニオンワールド(アンケート)
D STYLE WEB(アンケート)
infoQ(アンケート)
懸賞のつぼ(アンケート、商品)
SVO(治験)
VRリサーチモニター(調査系。一都六県在住者限定)

こちらもあわせてお読みください。
投資は副業ではない?雑所得が副業と判断される法的な基準はあるのか?

スマホだけでは完結しない副業

続いて、スマホを活用した副業をご紹介します。スマホだけでは完結しませんので、在宅でなくても大丈夫な人は参考にしてみてください。

せどり(転売)

●せどりとは
物を安く仕入れて、高く売ることです。古本や、古着、家電製品などをヤフオクやアマゾン、メルカリを通じて転売する仕事です。例えば、1,000円で商品を仕入れて、2,000円で売れれば1,000円の売上総利益(粗利)になります。粗利から送料や梱包にかかった費用などの必要経費を引いて残ったものが営業利益です。

仕入先は、古本屋、ネット通販、リサイクルショップ、フリーマーケット、量販店のワゴンセール、展示会、旅行先などです手軽に始められますが、ライバルも多いです。書籍などで効果的な仕入れ販売の方法を勉強しながら実践することをオススメします。

●メリット
・匿名でもできる
・ビジネスに必要なスキルを学べる
・商品さえ見つかればすぐ稼げる

●デメリット
・在庫を抱えるリスクがある(在庫スペースが必要)
・資金繰りが必要(仕入代金の支払いが収入よりも先に来るため)
・梱包作業や、発送業務、荷札の作成など実務が発生する
・ライバルとの仕入れ競争がある

●収入を得るまでにかかる時間
使用するサービスにもよりますが、売れてから数日~2週間ほどで現金化できます。また、即時換金できる「CASH」のようなサービスもあります。

●推定収入
取り組み方によります。副業でも月10万円以上稼いでいる人もいるようです。

●こんな人にオススメ
・物が好き(本、服、家電など)
・物の売り買いが好き
・単純作業が苦にならない

●主な販売サイトへのリンク

ヤフオク
メルカリ(匿名でできる)
アマゾン
CASH(即時換金)
KANTE(ブランド品。コメ兵が運営)
モバオク
BASE(ネットショップ作成)
ラクマ(楽天が運営。旧フリル)

●参考文献
ぱる出版 (2017/10/5)
『お金が貯まる「スマホ副業」の稼ぎ方入門』泉澤義明 (著)

 

ハンドメイドグッズ販売

●ハンドメイドグッズ販売とはあなたが作ったアクセサリー、服、ぬいぐるみ、インテリア小物などを販売する仕事です。自分が作ったものが売れると、喜びも大きいのではないでしょうか。

●メリット
・オリジナル商品を作って差別化できる
・自分が好きなものを作れる

●デメリット
・製作に時間がかかる
・スキルが必要
・在庫をストックする場合はスペースが必要

●収入を得るまでにかかる時間
作る時間+販売してから現金化するまでの時間が必要です。

●推定収入
取り組み方によります。

●こんな人にオススメ
・ものづくりが好き
・自分にしかできないことがしたい
・作業が苦にならない

●主な販売サイトへのリンク
・クリーマ
ミンネ

写真販売

●写真販売とは
自分が撮った写真などをそのまま売ったり、加工して売ったりすることです。スマホで撮った写真でも販売できるツールができています。

●メリット
・初期投資が少ない
・写真のスキルアップにつながる

●デメリット
・風景写真を撮る場合、天候などに左右される
・ライバルとの差別化が難しい

●収入を得るまでにかかる時間
写真撮影・加工の時間+販売してから現金化するまでの時間が必要です。

●推定収入
個人差がかなり大きいです。スマホ撮影ではありませんが、副業でやっていた人でも年間700万円稼いだ例もあります。
参考ページ『「写真を売る」副業で年収700万円の秘密

●こんな人にオススメ
・写真を撮るのが好き
・マーケティングが得意

●主な写真サイトへのリンク
フォトライブラリー
画像に自由な価格が設定でき、販売売上の最高60%が還元されます。
PIXTA
販売する前に、入門テストや審査があります。
スナップマート
販売価格の最大60%がもらえます。
Selpy
カメラロールにある日常写真を販売できます。
リア食
食卓の写真を送るだけです。
InstaPrints(海外サイトのため英語です)

 

覆面調査員(ミステリーショッパー)

●覆面調査員とは
飲食店や美容エステなどに行って、一般顧客として店舗のサービス内容を調査する仕事です。調査員は、事前に定められた調査項目にそって、対象店舗を利用し、報告書を作成します。店舗側は自社サービスの改善点を知る事ができます。

●メリット
・いろんなサービスを体験できる
・スキルや専門知識が不要

●デメリット
・人気案件は抽選で選ばれる
・安定して仕事を得ることが難しい
・高額な収入を得ることが難しい

●収入を得るまでにかかる時間
ポイントサイトと同様に、ポイントを貯めて換金するパターンが多いようです。利用するサイトごとに、換金にかかる日数の確認が必要です。

●推定収入
スタンバイが20人を対象におこなったアンケートでは、以下のような結果が出ています。
「時給」平均:1,483円 最高:3,000円 最低:920円
「日給」平均:4,257円 最高:15,000円 最低:1,000円

毎月安定して仕事が続けられるかを、別途確認する必要があります。

●こんな人にオススメ
・レポートづくりが得意
・いろんなサービスを試してみたい

●主な申込サイトへのリンク
ショッパーズアイ
ファンくる
とくモニ

ウーバーイーツ配達員(エリア限定)

●ウーバーイーツ配達員とは
「UberEATS(ウーバーイーツ)」は2016年9月29日に日本でサービスを開始したフードデリバリーサービスです。サービスエリアは2018年3月時点で東京23区と横浜エリア限定です。配達員は、自転車やバイクで出前を代行することで収入を得ることができます。受取店舗からお届け先までの距離で基本報酬が決まります。

注文の多い時間帯や、土日などは追加報酬が発生することもあります。サービスエリアで待機し、注文が入ったらアプリで知らされます。仕事を受けた場合は、店舗で料理を受け取り、マップにしたがって配達先に行きます。自転車やバイクはUBER専用レンタルサービスがあるようです。

●メリット
・比較的新しいサービスのためライバルが少ない
・働く時間の自由度が高い
・待ち時間は何をしていても自由

●デメリット
・完全出来高制(収入ゼロもあり得る)
・天候に左右される
・交通費やガソリン代は自己負担
・交通事故にあうリスクがある

●収入を得るまでにかかる時間
仕事が入ればその日から稼げます。

●推定収入
実際にウーバーイーツで働いている人のブログによると、概算で以下のような収入とのことです。
日給:8,000~25,000円
時給:700~2,000円

完全出来高制のため、個人によって収入が変わります。

●こんな人にオススメ
・空き時間を活用したい
・他の副業と組み合わせたい

ウーバーイーツHP

番外編

タイムチケット

スキマ時間を気軽に売買できるサービスです。語学レッスン、写真撮影、ビジネスコンサル、占い、恋愛相談、マッサージなど様々な自分の時間を売ることができます。タイムチケットHP

ショールーム

ライブ動画を配信して、視聴者から投げ銭をもらえるサービスです。音楽や、アイドル、お笑いなどのジャンルがあります。
ショールームHP

スマホ副業はこれからどうなる?

総務省のデータによると、個人のスマートフォンの保有率は2016年で56.8%(前年比3.7ポイント増)と5年連続で上昇しています。また、年代別では20代で94.2%、30代で90.4%と若い世代に浸透していることがわかります。

また、副業に関しても、取り組む人が増えています。ランサーズが発表したフリーランス実態調査によると、日本で「常時雇用されているが、副業としてフリーランスの仕事を行うワーカー」の数は2016年度の416万人に対して2017年度には458万人と1年間で42万人も増えています。

スマホ人口も副業人口も増えているため、今後ますますスマホを活用した副業が増えていくはずです。しかし、スマホはあくまでツールです。スマホを活用して提供するあなた自身の商品やサービスの質をあげていく必要があります。それぞれのビジネスの仕組みを理解し、誠実な商品やサービスを提供し続けていくことが大切です。

この記事が、あなたのお役にたてば嬉しいです。

こちらもあわせてお読みください。
副業禁止の就業規則が有効になるケースとは?

おすすめの関連記事

ー副業を考えたらこちらも読んでおこう!ー
副業(複業)解禁にあたって徹底的に考える!検討する労災リスクと健康配慮

ーしっかりとルールを知っておこう!ー
副業はマイナンバーの取り扱いに注意!会社にバレる可能性と漏洩の罰則について

プロフィール

林聖人

林聖人
林聖人のTwitterアカウント

フリーランスライター。
大学卒業後、商社で輸入品の流通事業に8年間携わる。
月100時間を超える残業や、生産性の低い働き方を続けることに疑問を抱き、2018年に「働き方」専門のライター・ジャーナリストとして独立。
また独立前に8つの副業を経験し、自身でも「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。
2017年から、日本最大の起業・開業・独立者向けポータルサイト「助っ人」(www.suke10.com)の編集チームで「働き方・副業」に関する記事を担当している。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる