上手な銀行との付き合い方マニュアル(お金を借りるにはコツがあった!?)

ポイント(この記事は6分で読み終わります)
  1. 銀行の付き合い方
  2. マメに自社の事業を報告し、信用を勝ち取ることが肝要
  3. 資金調達の際にも、事前に事業計画をしっかり見せておく

銀行業務に他産業から参入するケースが増えている

皆さんも知っている、楽天株式会社・株式会社セブン&アイ・ホールディングス・ソニー株式会社・イオン株式会社・KDDI株式会社。

上記に挙げた会社は、いずれも本来は銀行業を主体としている会社ではないものの、現在は銀行業も行っている会社になります。

ご存知だとは思いますが、どのような名称で銀行を行っているかを紹介しておきます。

・楽天株式会社➡楽天銀行
・株式会社セブン&アイ・ホールディングス➡セブン銀行
・ソニー株式会社➡ソニー銀行
・イオン株式会社➡イオン銀行
・KDDI➡じぶん銀行

銀行に企業が新規参入するのはなぜか?

ここで疑問は浮かぶ方もいるのではないでしょうか?なぜ本業が不調なわけでもなく、ノウハウもそこまでないであろう銀行業務に他業種から大企業が今になって参入してくるのだろうかと思いませんか?

大企業が銀行業に参入する理由としては決して1つではないでしょうが、わかりやすく考えられる理由として銀行業に参入する理由をいくつか挙げてみましょう。

・ネット専業銀行であれば店舗を設ける必要がないのでコストをかなり抑えることができる。
・利用者からATM手数料を徴収することで利益が安定する。
・すでに多くの顧客を抱えている企業であれば銀行業の潜在顧客が存在する。
・顧客の利便性がより上がり、顧客満足度が高くなる。
・銀行業に参入することで世間でのブランドイメージが向上する。

上記のように銀行業に参入する理由はいろいろと考えられるのですが、最大の理由はマーケティングではないでしょうか。

銀行を経営して顧客に口座を開設していただければ、少なくとも自社の口座に存在しているお金がどのような動きをしているかは全て把握できることになります。
また、ネット専業銀行に参入している会社は自社の名前のついたクレジットカードも発行していますので、クレジットカードの情報と銀行口座の情報をリンクさせて管理するようにできれば、顧客の動きを把握して、より効果的なサービスを考えることも可能と言えるのです。

潜在顧客のリストというものは、会社を経営しようと考えている起業家の方にとっては、喉から手が出るほどに貴重なものであることは間違いないでしょう。

簡単に言えば、銀行は顧客であるあなたの会社のことを非常によく知っているという事なのです。
銀行があなたのことをよく知っているのであれば、銀行と付き合いたいと考えているあなたも銀行のことをよく知らなければいけません。

銀行を知ることで、お金を借りるためのコツをつかむことで、経営を安定させていけば、あなたの会社の成長も期待できることでしょう。

類似記事

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事