総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

フランチャイズ経営を行うために必要なものとは何か?

目次 [非表示]

レストランなどを立ち上げる場合に選択し得る方法の一つにフランチャイズへの加盟があります。そこに蓄積されている店舗経営のノウハウやリソースを活用できる点で、フランチャイズへの加盟は大きなメリットを有しますが、一方で必要なものが何かを把握していないと加盟後に思わぬ落とし穴があるかもしれません。

そこで以下では、フランチャイズに必要なものを見ていくことにします。

先立つものは資金

フランチャイズに加盟して飲食店などの事業を始めるためには、何と言っても事業資金の確保が不可欠です。加盟さえすれば事業資金も含めてすべてフランチャイズ側で面倒を見てくれるという誤解をしている人がときどきいますが、そこまでうまい話はなく、基本的には必要最小限の開業資金は自分で用意しておかなければなりません。そのため、まず最初に行うべきこととしては、いかにして資金を確保するかということです。

十分な自己資金が手元にあるのであれば特に心配はありませんが、まとまった金銭を用意することが難しいということであれば銀行からの借り入れなどの金策を講じる必要があります。そのためには、ある程度確度のある事業計画を策定することが不可欠であり、そこで早速経営者としての腕が試されることになります。

また、計画を立てるにあたっては、借入を行うという目的も大事ですが、実際に事業を開始してからその通りにビジネスを進めることができるかも重要なポイントです。そのため、あくまでも事業計画は現実に沿った内容にすべきであり、借入審査を通過するために必要以上に背伸びすることは避けた方が賢明といえるでしょう。

また、開業資金は予定よりも多めに用意した方が余裕を持って経営を行うことができます。資金が十分でなければ、せっかく高い成長性が見込まれる事業機会に投資することができなくなる可能性もありますし、収益化を急ぐあまりに無理をしすぎて事業にひずみが生じる恐れもあります。

資金が足りなくなるということは予想以上に経営者にとってプレッシャーのかかるものであるため、その圧力に押しつぶされて経営に無理が生じないようにするために資金はなるべく多いに越したことはありません。

時間に余裕を持つということ

事業資金とともに十分に時間に余裕を持つこともフランチャイズ経営を行うためには必要なことです。まずポイントとなるのは、フランチャイズへの加盟を決断してから実際に事業を立ち上げるまでの時間です。

この間にすべきこととしては、資金の確保に始まり、店舗の設置場所の決定や設計、スタッフの確保、オペレーションフローの構築など多岐にわたります。フランチャイズごとにある程度まとまったノウハウが存在しているとはいっても、あらゆる場合にそれをそのまま使うことができるという訳ではなく、状況に応じてカスタマイズすることが求められます。

そういったことを意識せずに拙速に事業を立ち上げるに至った場合には、後から想定外の事象が発生して思わぬ損失を被ることになりかねないため、事業の立ち上げまでには余裕を持ってスケジュールを組み立てることが肝要です。

また、事業を開始してから収益化するまでの時間についても余裕を持っておく必要があります。経営者としては、可能な限り早期に収益化を果たしたいと考えるのが常ですが、経営においては収益化を達成することは重要であるものの、それ以上に継続的に収益を生み出し続けるということが求められます。

そのためには、近視眼的に収益追求に走るのではなく、中長期で見て収益力を向上させることに努めることが真の経営者には求められるという訳です。収益化を急いで無理をするよりも、多少時間に余裕を持ってじっくりと収益が出るように事業を構築していくよう努めるとよいでしょう。

退職準備は慎重に

フランチャイズに加盟して事業を始めようとする人の中には、勤めていた企業を退職したうえで新たな道に進むというケースもあることでしょう。そのような場合に必要なことは、退職準備はなるべく慎重に行い、勤務先の企業や上司・同僚などとの間で余計な波風を立てないようにすべきであるという点です。

というのも、新たに事業を立ち上げた後に、元の仕事の関係者とともにビジネスをする機会というのは意外と多く、その際にそういった人々との関係が良好であれば事業の力強い味方になってくれる可能性があるためです。

逆に言うと、退職時にトラブルを起こしてしまったような場合には、退職後に元の仕事の関係者からのサポートを受けることができないばかりか、場合によっては事業を妨害されることにもなりかねません。そのため、退職は慎重かつ円滑に行うことがフランチャイズビジネスを迅速に軌道に乗せるためには必要ということが言えるでしょう。

また、新たに事業を始めた場合であっても、それがうまくいく保証はどこにもありません。かつては企業を退職すれば、そこに復帰するという可能性は限りなくゼロに近かったこともありましたが、少子高齢化を受けてそういった状況は変化しつつあります。

退職を円滑に行っておけば、万が一事業がうまくいかなかった場合に、最悪は元の職場に復帰するというセーフティーネットを確保することにもつながります。もちろん、最初から退路を断って新規事業に挑戦するという志を抱くことを否定するものではありませんが、セーフティーネットを用意しておくことは、気持ちに余裕を持って経営に従事するための1つの手段にもなりえます。

人材と商品の管理は入念に

フランチャイズ経営を開始した場合に必要となるのは、人材と商品をしっかりと管理するということです。

経営においては人を使いこなすということが不可欠であるものの、実際に自分が雇っているスタッフの勤務状態に無頓着な経営者は意外と多くいます。特に接客業などでは顧客と直接接するスタッフの姿勢は自社のイメージに直結することから、彼らが不適切な行動を取っていないかを経営者としてもしっかりとチェックしておくことが必要です。

また、同様のことは商品にも当てはまります。自社が提供している商品が顧客にどのようなイメージを持って受け止められているのかを経営者としてしっかりと把握することによって、不十分な点があれば改善に努めることが可能となります。

このように、スタッフと商品は、経営者として入念に管理が求められる事項であるということを肝に銘じておくとよいでしょう。

おすすめの関連記事

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

知らないと損。フランチャイズ加盟の魅力とメリット

フランチャイズ初心者はこれでOK!基礎知識を全部教えます

フランチャイズ成功に欠かせない本部選び。フランチャイズショーで情報収集しよう!

必見!個人が始めるフランチャイズのススメ

フランチャイズでの起業・独立の仕方が変わってきた?業界の選び方からその最新動向

フランチャイズ・ビジネスでカリスマと言われる社長の正体とは!?

フランチャイズ起業、店舗数を増やし成功するのに重要なNO.2の存在!

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ加盟前に「お金の話」よりも聞いておくべき「教育リテラシー」とは?

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事