副業が会社にばれた!?ばれたときの対処法とばれないための対策

多くの会社では社員の副業を禁止しています。もしも会社に副業がばれたら減給などの処分が下りますし、人事評価も悪くなってしまうでしょう。

それでも、どうしても副業をしなければいけない理由があるなら、ばれない方法を選ぶのが得策です。

この記事では、会社に副業がばれたときの対処法やばれないためにできる工夫を解説していきます。

住民税には要注意!副業がばれてしまう理由とは

副業が会社にばれる原因はさまざまです。副業先にいるところを目撃されたり、本業への集中力が低くなったりすると誤魔化しきれなくなるでしょう。

特に、「住民税の通知」は確実に会社へ副業が伝わってしまいます。ほとんどの会社では社員の住民税を特別徴収しています。

つまり、会社が社員の住民税を計算して、給料から差し引いている仕組みです。ところが、特別徴収では副収入分の住民税が会社に知られます。

住民税は「通知書」と呼ばれる書類に記載されているので、確実に会社の経理は副業をしていると気づくでしょう。

会社に副業をばれたくないなら、特別徴収から普通徴収に切り替えておくのが賢明です。副業分の収入を普通徴収にすると、通知書は会社ではなく自宅に送られてきます。

自分で納税を行わなくてはいけない手間こそかかるものの、会社側に副収入が知られることはありません。

ただし、すべての副業先が特別徴収を認めてくれるわけではないので、仕事を選ぶ際に確認しましょう。

地域によっては、本業が特別徴収なら副業も特別徴収にしないといけません。市長村の役場などで、担当者に聞いておくのが間違いのない対策です。

副業がばれたときの処分は?ばれたときの対処法も!

一般企業に勤めている人が副業をしていても、一部例外を除いて法律違反というわけではありません。ただし、社員は会社と「雇用契約」をかわしています。

契約内容には社則を守ることも含まれているので、副業禁止の会社で副業を行っていると「契約違反」にはあてはまるでしょう。

会社は契約違反を犯した社員に対し、懲戒処分を下す権利を持っています。

処分の内容として、もっとも軽いものは「厳重注意」でしょう。上司から違反者に2度と副業をしないよう口頭で注意がなされます。

場合によっては始末書を提出させられるものの、それ以上の懲戒はありません。より重い処分になると「減給」や「出勤停止」が科せられます。

一定期間、本来の給料より安い額しか支給されません。また、出勤停止では期間中の給料も支払われなくなってしまいます。

金銭的には大きな痛手となるでしょう。もっとも重い処分なのが「懲戒解雇」です。懲戒解雇では契約内容に基づき、会社は即座に社員を解雇します。

このとき、解雇手当も発生しないこともあります。手当もないまま職を失うので、今後の生活に支障が出るでしょう。

もしも副業がばれてしまったなら、素直に謝罪しましょう。いたし方ない事情があったならきちんと説明することも大切です。

ただし、言い訳にならないよう、「給料が少ないからやっていた」などと会社に責任転嫁するのは厳禁です。

あくまで自分の非を認めたうえで、会社に残りたいという意思を示しましょう。

たとえば、「すぐに辞めるつもりだった」と説明することで、本業の大切さをアピールできます。

逆に、副業のほうにモチベーションが傾いていると思われると、処分が重くなる可能性も出てきます。

また、「本気の仕事ではない」と伝えるのもコツです。あくまでも手伝いや趣味の延長であり、お礼にお金を受け取っていただけだと言えば会社も問題視しにくくなります。

そして、何のために副業をしていたのかと聞かれた際の返答も用意しておきましょう。

嘘をつく必要はないものの、「遊ぶお金がほしかった」などと素直すぎる答えも得策といえません。

子供の学費や親の介護費用など、共感を呼びやすい内容を強調します。

会社側もできれば厳重処分は下したくないと思っているケースが多く、返答次第で不問になることもあります。

どうすれば会社に副業はばれにくくなる?

副業をしなくてはいけない事情があるなら、会社にばれない方法を考えましょう。税金対策はもちろん、仕事の選び方でもばれる確率は下げられます。

たとえば、「在宅ワーク」はリスクの小さい副業です。店頭に出たり営業に回ったりする仕事ではないので、人目につきません。

夜間や休日に行いやすいのもメリットです。また、「投資」も副業にしやすい特徴があります。現場に拘束されるわけではないので、空き時間で簡単に行えます。

必ず利益を得られるわけではないものの、水準以上の知識があるなら挑戦する価値はあるでしょう。

そして、「本業を大切にする」ことも、結果的に副業をばれにくくします。睡眠時間を削るなど、無理をしてまで副業を続けていると本業に差し支えます。

様子がおかしいと周囲に気づかれれば、副業が発覚しやすくなるでしょう。本業への余力は常に残せるよう、暇のあるときだけ働ける仕事を選ぶことが大切です。

そのほか、「短期で稼ぐ」のもコツです。夏休みやゴールデンウィークなどの連休を利用し、まとまった額を稼げば本業への影響を抑えられます。

会社に見つからず続けられる副業5選

iStock-479273786

完璧にばれない副業はなくても、「ばれにくい副業」はたくさんあります。まず、「Webライター」です。在宅で行えるWebライターは、会社に見つかる心配がありません。

スキルが上達すれば報酬も増えるため、長期的に続けられる仕事です。次に、投資の「FX」も副業向けだといえるでしょう。

FXはほかの投資と比べるとリスクが小さいので、初心者向けだといえます。証拠金だけ用意して取引に臨めば、大きな損はしません。

逆に、少ない元手で大金を稼ぎ出すことも可能です。「家族や知人の仕事を手伝う」のも副業にできるでしょう。

給料というよりも「お礼」という形でお金を受け取る方法です。相手から直接お金を受け取れば、会社に額が伝わりません。

経理への対策として有効です。インターネットの知識がある人は「ネットショップ」を始めてみるのもいいでしょう。

商品を仕入れたり作ったりするコストはかかっても、いざ稼動すれば大きな労力を割かれずに済みます。そのほか、「入力作業」はハードルの低い副業です。

与えられたデータを打ち込んでいく仕事なので、体力をあまり消費しません。文章力も必要ないので、パソコンやスマホがあれば簡単に始められます。

おすすめの関連記事

―どんな副業があるのか知りたい人は―
副業で稼ぎたい人にオススメの副業45選!【2018年度版】〜メリット・デメリットを掲載

―会社バレする理由の解説はこちらから―
副業で確定申告をしたら会社にバレる?徹底解説します!

―せどり(転売)の副業に興味がある人はこちら―
古物商許可申請の法人、個人事業の取り方、値段、期間、必要書類について

―労働時間に関する注意事項はこちら―
労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには

―開業届を出すか出さないか迷っている人は―
副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?

―確定申告は代行してもらうことも可能―
確定申告は代行してもらうべき? 費用やメリットは?

―確定申告に不安がある人は―
副業ワーカーが初めての確定申告でハマりやすい4つの罠

―副業をはじめたばかりの人はこちら―
副業初心者が失敗しないためのマインドセット

―会社にバレずに副業する方法―
住民税で副業がバレる?知っておきたい納税の仕組みとバレにくい副業

―ブログアフィリエイトについてもっと詳しく―
副業でブログを始める人が知っておくべきメリット・デメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事