総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

副業とは?副業のメリット・デメリット・おすすめ・注意点を紹介

目次 [非表示]

本業以外での収入を得たいと考えている人の中で、副業に興味を持っている人は多いです。しかし、今までに副業の経験がなく、知識もないという人達の場合は、副業とは一体どういうものなのか、メリットやデメリットはあるのかなど、たくさんの疑問や不安を抱えている場合が多いです。

そこで、今回は副業の基本的な知識や注意点などを解説していきます。

副業とは一体何?副業を始める人が増えているって本当?

副業とは、本業以外で収入を得ることです。副業をすることによって、本業の収入プラスアルファの収入が期待できるため、副業を始める人が多くなってきています。また、働き方改革によって、副業解禁となり、勤務している会社から副業の許可が出るケースも増えています。このような理由から、副業に取り組む人が増えているのです。

副業を始めたらどんなメリット・デメリットがある?

副業を始めることによって、様々なメリットを得ることができますが、その反対にデメリットも存在します。まずはどんなメリットがあるのかということから解説してきます。

一つ目のメリットは、本業以外での収入が入ってくることです。本業以外から収入を得ることができれば、貯蓄に回したり、自分の好きな事に使えるようになります。もう一つは、収入源を増やすことによる、リスクヘッジです。収入源が一つだけの場合、万が一その収入源が立たれてしまった際には、一切の収入が入らなくなってしまうことも考えられます。しかし、本業と副業で収入源を分散させておけば、万が一の際のリスクヘッジになるのです。

もう一つのメリットは、好きな時に好きなだけ働くことが出来るということです。本業の場合であれば、出社する時間や勤務時間などが細かく定められていることが多いですが、副業の場合には、好きな時に好きなだけ働くことが出来るものも多くあります。

そのため、自分の都合に合わせてお金を稼ぐことができるのです。更に、新しい分野のスキルや経験を積めることもメリットの1つです。本業とは一切関係のない副業をすることによって、自分の能力を伸ばすことができます。その能力を活かして独立することもできますし、今の本業でその能力を発揮できる可能性もあるのです。

副業を始めるデメリットとしては、会社が禁止している場合があることです。副業をしたいのにも関わらず、会社が許可をくれないという悩みを持っている人も大勢います。副業禁止の会社に勤めている人が副業をして、仮にバレてしまった際には、なんらかのペナルティを課せられてしまうことも考えられます。また、副業の中には、収入が発生するまでに期間を要する物もあります。そのような副業の場合、始めてすぐの段階では収入が得られないこともあるのです。

副業はどんな人に向いている?

副業に向いている人の特徴とは、まず時間の余裕を見つけられる人です。副業に充てる時間を確保することができなければ、当然副業から収入を得ることは難しくなってしまいます。更に、努力を継続できる人も副業に向いています。副業の中には、地道な作業を続ける必要があるものもあり、その地道な作業に挫折して、途中でやめてしまう人もいます。

自分のことをよく理解している人も副業に向いていると言えます。というのも、副業は数えきれない程の種類があり、それぞれで向き、不向きがあります。自分が得意な分野を理解している人の場合は、自分に一番合った副業を選ぶことができるのです。逆に不向きな副業や、苦手な分野の副業を選んでしまうと、辛さの方が勝ってしまい、長く続かない傾向があるのです。

初心者におすすめの副業10選

副業を始めるにあたって、まずは初心者でも取り組みやすい、参入障壁の低いものから始めることが大事です。なぜかというと、専門知識が必要だったり、たくさんの初期費用がかかってしまうような副業の場合は、精神的なプレッシャーが強くかかってしまうことがあり、成果が出る前に挫折してやめてしまったり、長く続かなくなってしまうことが多いのです。

そこで、初心者におすすめの取り組みやすい副業を10個紹介します。

まず1個目が、アフィリエイトです。自分の持っているブログやメディアに、広告を掲載し、その広告に掲載されている商品が売れれば、その売り上げの何%かが報酬として支払われるという仕組みです。クリックされるだけで報酬が得られる広告もあり、一度稼ぐ仕組みを作り上げてしまえば、それが資産となり自分が作業をしていない間にも収入を生み出してくれるのです

2個目が、転売という副業です。商品を安く仕入れて高く売るという極めてシンプルなビジネスモデルとなっているため、初心者でも参入しやすいジャンルの副業です。しかし、転売の場合は、売れるものを見極めて仕入れなければなりません。そうでないと、売れない商品を大量に仕入れてしまい、在庫と赤字だけが積みあがってしまうことになります。そのため、初心者の場合は、まずは着なくなった服や、雑貨など、身の回りの不用品から販売し、どのような物が売れるのかを見極める必要があります

3個目は、アルバイトです。作業をすれば必ず稼げるわけではない副業に比べると、アルバイトは働いた時間分の給料を確実にもらうことができます

4個目は、WEBライターです。企業から様々な案件が依頼され、その依頼通りの記事を執筆し納品するという副業です。文章を書くことが得意な人にはかなりおすすめの副業となっています。

5個目は、内職のアルバイトです。基本的に家から離れることができない、主婦の方などにおススメの副業です。シール貼りやポケットティッシュに広告を入れる作業などを依頼されます。一つ一つの単価は安いことが多いですが、家から出ることなく稼げるためおすすめです。

6個目が、FXです。外国為替証拠金取引ともいいますが、2つの国の通貨を売買し、その差額が利益となる副業です。ただし、FXをするためには、最低限の知識と資金が必要となりますので、しっかりと知識を付けてから行うことが大切です。

7個目が、株式投資です。国内もしくは国外の企業の株を売買して差額を稼いだり、企業の株を一定数保有して、配当を受け取って稼ぐ仕組みです。こちらも、最低限の知識を身に着けてから始めなければ、損をしてしまうことがあるため注意が必要です。

8個目が、ポイントサイトです。広告を見たり、資料を請求するだけで稼げてしまうため、副業初心者で、尚且つお小遣い稼ぎをしたいという人にはかなりおすすめです。

9個目が、スキルを売るという副業です。自分の得意な分野の中から、需要なありそうなものを見つけそのスキルを販売していくのです。例えば絵が得意なのであれば、似顔絵を書いてそれを売るというのも、立派なビジネスになります

10個目は、写真販売です。自分が撮った写真を売りに出すというビジネスモデルになります。カメラや写真が趣味の人におすすめな副業です。

副業をするならどんなことに注意すべき?

副業をする上で注意しなければならないこともいくつかあります。会社員の場合には、副業が認められているのかをきちんと確認しなければなりません。また、副業を始めたがゆえに本業に支障が出てしまうようなことも避ける必要があります。

更に、副業でも、一定の金額以上を稼いでしまうと、税金を支払う必要が出てきます。そのため、事前にいくら稼いだら税金を支払う必要があるのかということを計算して、始めることがおすすめです

おすすめの関連記事

2019年女性におすすめの副業トップ10【最新ランキング】

副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?

サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

在宅で稼げる副業10選|自分にあった仕事の見極め方

安易に参入すると法律に触れる!?副業で民泊を行うリスクについて

労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには

投資は副業ではない?雑所得が副業と判断される法的な基準はあるのか?

副業トラブルの怖さ!本業を失うリスクや違法行為の危険は?

「副業」は違法になる場合もある? 会社とトラブルを起こさないために

ノーリスクで始められるイラストの副業!オススメの方法を紹介!

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事