総合トップ
起業
マーケティング
M&A/事業承継
仕事のできる人
セールス&営業
マネジメント/人材育成
経営

Webデザイナーとして独立するために必要なこと

目次 [非表示]

最近は独立してフリーランスで働いている人が増えています。

会社に勤めるのとは違い、自由な働き方ができるフリーランス。中でも人気になっているのがwebデザイナーです。

これから、webデザイナーとして独立しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった方に向けて、webデザイナーとして独立するためには何が必要なのか紹介します。

どのようなスキルを持っていればwebデザイナーとして独立できる?

webデザイナーとして独立するためには、様々なスキルを身に付ける必要があります。

まず、身につけておきたいのがwebマーケティングスキルです。

質の高いデザインや使いやすさを重視することも大切ですが、それが売上に繋がらなければ意味がありません。

顧客を獲得し売上を増やすための施策が必要になるのです。webマーケティングのスキルをしっかり身につけておけば、利益につながるwebサイトが作れるようになります。

また、webデザイナーというと、一人で仕事をするイメージがあるかもしれませんが、仕事によっては人と色々なやり取りする機会も多いです。

クライアントから要望を聞き、それに合わせ制作の支持を行わなければならないこともあります。

その時に必要になるのがwebディレクションスキルです。

クライアントと制作チームの間に立って、スムーズに仕事が進むようにしなければなりません。ディレクションスキルを身につけておけば、仕事がスムーズに進むようになります。

また、対人スキルがあればクライアントからの印象もよくなり、次の仕事につながるでしょう。

さらに、独立するということは、会社に勤めている時とは違い色々なことを自分でプロデュースする必要があります。

企画を立ち上げたり予算を設定したりすることはもちろん、納品した後のアフターフォローまでしなければなりません。

そのため、プロジェクトを統括するためにwebプロデューススキルも身につけておくと良いでしょう。

運営や管理の能力、営業力など総合的なスキルを身に付けることが、独立するために必要不可欠です。

独学でwebデザイナーの知識を学ぶことはできる?

webデザイナーとして独立するには、様々な知識を身につけなければなりません。

webデザイナーに関する知識は、独学で学ぶことも十分可能です。

まずは、webデザインの基本中の基本となる、HTMLとCSSに関する知識を身につけましょう。

HTMLとCSSは他の言語に比べれば、比較的独学でも学びやすいものです。独学で学ぶなら、オンラインサービスを利用するのも良い方法です。

最近はHTMLとCSSが手軽に学べる、オンライン学習サービスが充実しています。オンライン学習サービスを利用すれば、学校に通わなくても自宅で効率よくwebデザインの知識を学ぶことができます。

基本的なwebサイトを作るだけなら、HTMLとCSSの知識があれば十分ですが、最近はデザイン性や使いやすさを考えて動きのあるwebサイトが主流になっています。

動きのあるwebサイトをデザインするためには、JavaScriptやjQueryの知識が必要です。

例えば、クリックすると新しくメニューが出てくるハンガーメニューや、スライド形式で写真が表示されるカルーセルは、JavaScriptが使われています。

こういった手法を使えるようになると、webデザイナーとしての仕事の幅が広がります。JavaScriptやjQueryもオンライン学習サービスで学ぶことが可能です。

もしくは、本を利用して勉強するのも良いでしょう。JavaScriptの基本的な使い方や、応用的な使い方まで学べる本が多数販売されています。初心者向けに作られた本も多いので、まずはそういった本を利用して勉強を初めてみましょう。

webデザイナーとして独立した方の事例を参考にしよう

独立を考えている人の中には、具体的なイメージがわかず何をすれば良いか分からないと悩んでいる人もいるかもしれません。

そういう時は、実際にwebデザイナーとして独立した方たちの事例を参考にすると良いです。

まずは、未経験からwebデザイナーとして独立した方の事例を見てみましょう。

この方は元々事務をしていた方で、全くwebデザインの仕事をしたことがありませんでした。

しかし、とある仕事でwebサイト制作をしたことをきっかけに、webデザインに興味を持ち勉強を始めたのです。

webデザインに関する書籍を集め独学でHTMLなどの知識を学び、少しずつホームページ作りを始め実績を積んでいきました。

また、色々な勉強会にも参加し、そこで人脈を得て本格的に独立。今ではweb制作会社の代表を務めています。

このように、全くの未経験からwebデザイナーの仕事を始め、成功している人もいるのです。

次の事例は専業主婦をしながら、webデザインの勉強をして独立を果たした方の事例です。

専業主婦で家事や子育てに追われ、なかなか外に出られないということで、何か自宅でもできる仕事はないか探していたところ、webデザイナーの仕事に興味を持ったようです。

webデザインなら自宅でも仕事ができるということで、家事の合間にオンライン学習で猛勉強。

webデザインの基本的な知識と技術を身につけ、手応えを感じ独立しました。

そして、クラウドソーシングでwebデザインの仕事を数々こなしながら経験と実績を積み、人脈を広げ成功をおさめたのです。

現在は会社を立ち上げて、主婦とwebデザイナーの両立をしています。

webデザイナーとして独立することはメリットばかりではない?

自由な働き方ができるということで人気になっているフリーランスですが、独立することで発生するデメリットもあります。

よくあるのが、独立して時間がタイトになってしまったケースです。

好きな時間に働けて、マイペースに仕事ができるというイメージがあるかもしれませんが、実際独立すると時間に追われて仕事をしなければならないことも少なくありません。

また、自分で好きに仕事を選び、仕事の時間が自由になる反面、プライベートとの区切りがなくなることがあります。

そうなると、四六時中仕事に終われ休日も仕事のことばかり考えてしまい、全く休めないということになりかねません。

そういう時は、しっかりとスケジュールを決めて、仕事とプライベートの時間をはっきり分けるようにしましょう。

webデザイナーとして独立するための手順

独立を考えているなら、まずは自分がどういったジャンルの仕事をしたいか決めておく必要があります。

webデザイナーといっても様々なジャンルの仕事があり、必要なスキルも変わってきます。

例えば、デザイン力を活かしたいならイラスト関係のソフトを扱えるようにしなければなりませんし、サイトの構築をメインに行いたいならPHPを学ぶ必要があります。

ジャンルを明確にしておくことで、独立への準備がしやすくなるというわけです。

また、webデザイナーは知識を学ぶことも大切ですが、実践で腕を磨くことも必要です。

web環境はどんどん進歩しているので、それに対応できるよう実戦経験を積みましょう。実践を積んで自信が持てるようになったら、どのような形態で独立するか考えます。

自分のサイトを作り広告収入を得る方法や、顧客から注文を受けてサイトを制作する方法など、色々な独立形態があります。

webデザイナーとしてどうやって収入を得るかしっかり考えて独立すればリスクを最小限に抑えられるでしょう。

おすすめ関連記事

ー起業・独立での失敗するパターンを理解して自分の活動に活かしていこうー
「起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】」

ー副業をすることで、リスクを負わないために気を付けなければいけないことー
「労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには」

ー副業の場合に個人事業主の開業届は必要なものか不要なものか?ー
「副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?」

ー副業で一定以上の収入がある場合には確定申告をしっかりと行うことが大切ー
「申告しないほうが危険!確定申告で副業がバレないためには?」

ーフランチャイズチェーン加入を目指している方へ知っておいて欲しいことー
「全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因」

ーシニア起業が成功する場合と失敗する場合には、どのような違いがあるのか?ー
「急増するシニア起業!成功事例と失敗事例、業種、考え方をわかりやすく解説」

ー農業を起業のチャンスとして利用したいと考えるあなたに知っておいてもらいたいことー
「農業生産者になりたい!農業で起業したいあなたのための」

ー果たして農業で起業したとして事業として成功したと断言できるほどの業績が残せるものなのか?ー
「農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜」

ー事業承継を考える社長が知っておくべき親族内承継とはどのようなものか?ー
「事業相続・承継!【親族内承継】って何?納税猶予も含めて解説!」

ーシニアの起業が近年増加傾向にある理由は一体なんなのか?ー
「シニア起業が急増!50代、60代で起業する人が増えている理由」

関連記事