経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

中古車屋として独立したい方に知って欲しいこと。

目次 [非表示]

独立して起業を検討している人にとって、どのようなジャンルの商品を取り扱っていくのかという点は非常に重要なポイントです。

そんな中、開業起業しやすい中古車屋は独立したい人にとっては着手しやすいと考えられ、注目を集めていると言います。

そこで今回は、中古車屋として独立を考えている人に知ってほしいことをいくつか紹介します。

独立する際に絶対にやっておくべきこと

iStock-995704572

中古車屋として独立する場合、必ずやっておかなければいけないこととして挙げられているのが古物商許可申請と自動車リサイクル法引取業登録です。

古物商許可とは、古物と定義されている商品を利益目的で販売することを許可してもらうことを指しています。

中古車は古物としての取り扱いとなるため、許可申請をせずに販売することは違反行為となってしまうのです。

そのため中古車屋として商売を始めるのであれば事前に必ず申請をしておかなければならず、申請が通過してからようやく起業開業をすることができます。

ちなみに申請する際の書類には13の項目があるので、その中から自動車商を選択して申請をする必要があります。

そしてもうひとつの自動車リサイクル法引取業登録は、買い取った中古車や廃車を解体業者などに引き渡す際に必要となる手続きです。

中古車屋として仕事をしていくとそのまま販売できる中古車ばかりではなく、廃車のように使えない車を買い取ることもあります。

廃車の場合はそのまま販売するのではなく、使えるパーツを売るために解体業者やパーツを買い取っている業者と取引をすることも少なくありません。

そのため廃車の取り扱いを定めている自動車リサイクル法に基づいたシステムに準じているという証拠が必要となることから、登録が必須と言われているのです。

こちらは古物商許可とは別に申請しなければならず、事業者として登録する必要がある点がポイントとなっています。

このように古物商許可申請と自動車リサイクル法引取業登録は、どちらも中古車屋として独立する上では必須の手続きだと言われています。

もしもこれらの手続きをせずに開業してしまうと法的な問題が発生するほか、場合によっては何らかの刑罰を受けたり事業の運営を続けられなくなってしまう可能性が高いです。

また事業としての信頼性も大きく損なってしまうため、独立する前後で必ず手続きをしておくことが重要だとされています。

独立する際にしておいた方がいいこと

また、中古車屋として独立する際に必ずしなければいけないというわけではないものの、やっておくと後から仕事がしやすくなる・売上などに影響が出てくるものもあります。

いずれもやっておいて損はないものばかりなので、ある程度余裕があれば開業してからでも手続きをしておくことがおすすめだと言われています。

そんな独立する際にしておいた方がいいこととして挙げられているのが、オートオークションへの入会や自賠責保険の代理店加入、さらにオートローンの代理店登録です。

オートオークションとは中古車を専門に取り扱っている卸売市場のようなもので、中古車の買取業者や中古車販売店、ディーラーなどの業者のみが登録・利用できるところが特徴となっています。

登録するためには一定の条件が必要なので独立してすぐには登録できないため、急いで登録する必要はないとされています。

ただ中古車販売店や買取業者で取り扱っている商品の多くがオートオークション経由であることから、登録しておくことで重要な車の仕入れ先として利用することが可能です。

そのため条件を満たしてから登録しておくと、安定した仕入れができるようになるという点でやっておいた方がいいと考えられています。

また車の自賠責保険に関しては、中古車屋で取り扱わなければいけない義務はありません。

そのため必ず代理店登録をしなければいけないわけではないものの、代理店として登録しておくと中古車屋にとっても客にとってもメリットが大きいのです。

実は中古車屋では車検や一時抹消中の車の買取をした際、車を再度登録するために頻繁に自賠責保険に加入することがあります。

この時に自社で自賠責保険を取り扱えるようになれば店側としても登録の手間を省くことができますし、中古車屋で手続きができるという客側からの信用が得やすくなります。

結果として業務の負担軽減や顧客確保に繋げられるため、できるだけ早く登録しておくとよいです。

ほかにも中古車と言っても購入する側にとっては大きな買い物になるため、ローンを利用して購入する客が少なくありません。

ただ一般的に自動車ローンは金融機関などで手続きをしなければならず、そのための手間や時間を客に負担させることになります。

場合によっては購入までにかなりの時間を要することになるため、自社でオートローンを取り扱えるようになれば手間や時間をかけずにスムーズに商談を進めることができるのです。

またオートローンはキックバックが大きな収入源となるため、収益性を向上させる意味でも代理店登録をして外注した方がよいと考えられています。

独立する時の注意点

このように中古車屋として独立するためには、やっておかなければいけないことはもちろん、やっておいた方がいいことがいくつか挙げられています。

その上で注意しなければいけない点として、経営していくための費用や資金がかさみやすくなっているところが言われています。

中古車屋は名前の通り中古車というものを取り扱った商売であり、商売をしていくためにはある程度中古車の在庫を確保しておかなければいけません。

ただ車の在庫を確保していくためにはそれなりの仕入れをしていかなければいけないほか、管理や維持をしていくための費用も必要です。

そのためほかの物売りよりも費用や資金がかさみやすくなるため、ある程度余裕を持って独立することが大切だと考えられています。

また中古車屋は独立や起業開業が比較的簡単にできる状態に対して、市場そのものは不況気味であることが問題視されているようです。

実際に独立した中古車屋は次々と閉店している状況が続いているため、安易に独立してしまうと経営が続けられなくなってしまう可能性もあります。

このためどのように経営を続けていくのか、生き残りに関しての戦略を練っていかなければいけません。

ほかにも車を取り扱った商売は人脈を広げていかなければ顧客確保は難しい傾向があるため、事前にある程度人脈を広げておくことが大切です。

特に個人で独立開業したばかりの小さな中古車屋は、全国展開している中古車買取メーカーなどに顧客を取られてしまう可能性が高くなっています。

どのように顧客を確保していくのかという問題を解決するためには、顧客の信用を得て新しい顧客を連れてきてもらえるように人脈の確保が重要となっているのです。

おすすめ関連記事

ー起業・独立での失敗するパターンを理解して自分の活動に活かしていこうー
「起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】」

ー副業をすることで、リスクを負わないために気を付けなければいけないことー
「労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには」

ー副業の場合に個人事業主の開業届は必要なものか不要なものか?ー
「副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?」

ー副業で一定以上の収入がある場合には確定申告をしっかりと行うことが大切ー
「申告しないほうが危険!確定申告で副業がバレないためには?」

ーフランチャイズチェーン加入を目指している方へ知っておいて欲しいことー
「全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因」

ーシニア起業が成功する場合と失敗する場合には、どのような違いがあるのか?ー
「急増するシニア起業!成功事例と失敗事例、業種、考え方をわかりやすく解説」

ー農業を起業のチャンスとして利用したいと考えるあなたに知っておいてもらいたいことー
「農業生産者になりたい!農業で起業したいあなたのための」

ー果たして農業で起業したとして事業として成功したと断言できるほどの業績が残せるものなのか?ー
「農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜」

ー事業承継を考える社長が知っておくべき親族内承継とはどのようなものか?ー
「事業相続・承継!【親族内承継】って何?納税猶予も含めて解説!」

ーシニアの起業が近年増加傾向にある理由は一体なんなのか?ー
「シニア起業が急増!50代、60代で起業する人が増えている理由」

関連記事