総合トップ
起業
マーケティング
M&A/事業承継
仕事のできる人
セールス&営業
マネジメント/人材育成
経営

SE(システムエンジニア)として独立するためにしておくべきこと

目次 [非表示]

自分の能力をもっと活かしたい、収入を上げたい、働き方に自由が欲しい、と考えている人の中には独立を考えている方も多いのではないでしょうか。

高収入かつ、在宅で仕事もできるなどメリットばかりに思えるフリーランスですが、自由だからこその苦労も多いようです。

今回はフリーランスのシステムエンジニアとして1歩を踏み出す前にしておくべきことを詳しく紹介します。

独立した場合に見込める年収は?

厚生労働省が発表している職種別賃金調査によると、会社勤めのシステムエンジニアの平均年収は600万円弱といわれています。

その一方、フリーランスのシステムエンジニアは平均年収650万円〜700万円といわれており、会社勤めのシステムエンジニアよりも賃金が高い傾向にあります。

さらに、特殊な技術を持っていたり、専門分野のプロフェッショナルと呼ばれたりするようなエンジニアの場合は月収が100万円前後、年収になると1000万円を越す収入を得ている人も少なくないようです。

給与面だけをみれば独立するメリットの方が多く思えるかもしれません。しかし、フリーランスの場合会社勤めの時とは違い、必ず仕事がある、という保証はありません。

仕事を自分で見つけなければならず、仕事相手との交渉次第では相場よりも低い報酬で仕事をさせられてしまうこともあるなど、なかなか技術やコネクション無しに高収入を得るのは難しいのが現状です。

また、フリーランスになると大きな怪我や病気などで長期間仕事が出来ない状況が続けば収入はゼロ、という現実もあり独立することに不安に感じている方もいるかもしれません。

しかし、昨今はどこの業界でもシステムエンジニアは人手不足が目立っており、仕事に困ることはまず無いと言われています。

自身の能力や交渉次第では高収入を得ることももちろん可能でしょう。今現在フリーランスのシステムエンジニアにとって、特に生活に困るということはないようです。

仕事をするために必要なのはコネクション

フリーランスのシステムエンジニアとして独立してしまう前に、持っておきたいのがコネクションです。いざ独立をして、一から仕事を探そうと思うとなかなか骨が折れるもの。

そのため、会社員時代に仕事を回してくれそうな相手と友好関係を築き人脈を広げておくことで、独立してから仕事が無い、という状況を避けることができます。

後々困らないためにも独立を見越して、会社員として働いている間に沢山の人脈を作っておくことをオススメします。

実際、独立をする前の人脈作りを怠っていたり、そもそもシステムエンジニア経験が浅く仕事の受け方が分からなかったりといった人たちは仕事を得るために大変な苦労を強いられているようです。

しかし、コネクションがないからといって独立を諦める必要はありません。

自身に営業力が無く仕事がなかなかもらえない、という方のためにフリーランスエージェントというサービスがあります。

フリーランスエージェントとはフリーランスで働くseに仕事を斡旋してくれる会社のことで、中間マージンこそ掛かるものの人脈が無いと困っている方にはぴったりのサービスです。

自分には実力はあるけどコネがない、と独立を諦めてしまっている方でも、独立してすぐにフリーランスエージェントを利用し仕事をもらうことができます。

そして、仕事をしていく中で技術や人脈を作ることによって、徐々にエージェントに頼ることなく仕事を得ることができるようになるのです。

自由が手に入る反面、責任も重大

iStock-484151260

フリーランスになれば仕事時間や場所を自分で選ぶことができたり、収入も会社員時代より上がったり、人間関係のストレスからも開放されたりなど、まさにいいことづくめと考える人も多いでしょう。

しかし、独立して自由を得られる分、仕事をする上で背負う責任ははるかに重たくなることを覚悟しておきましょう。

フリーランスになれば仕事で起きたトラブルの責任は全て自分が背負わなければなりません。

さらに、体調不良やミスなどで取引先に迷惑をかければ今後仕事を回してもらえなくなってしまうことだってありえるのです。

また、提示された契約内容をよく読まずに仕事を請け負ってしまったが故に賃金トラブルに巻き込まれてしまったり、ちょっとしたミスで情報漏えいをしてしまったりと、会社員時代には起こり得なかったようなことも、フリーランスで働く方にとっては他人事ではありません。

その他にも、在宅で仕事ができるようになったり、休暇も自分の裁量で取れるようになったりする反面、時間管理や仕事のスケジュールも全て自分でこなすことが必要です。

自分の能力を見誤って無理な作業プランを立ててしまうと、納期が遅れたり、仕事のパフォーマンスが下がったりする原因にもなってしまいます。

一人でたくさんのことをしなければならない上、一度のミスが業界での自分の評判に繋がってしまうのがフリーランスの難しいところです。例えば、

  • 自身の実力以上の仕事は受けない
  • 仕事とプライベートをしっかりと分け自己管理を徹底する
  • 小さな齟齬をトラブルに発展させないためにクライアントとしっかりコミュニケーションをとる

など、前もってトラブルを見越した上で、自身でできる対策やルールを決めておき、冷静に対処できるよう心がけておきましょう。

独立するにはSE以外の能力も必要に

会社員時代は給与のことなどは全て会社任せで、割り当てられた仕事をこなしていれば問題はありませんでした。

しかし、独立するためには、税金の申告や仕事を得るための営業も全て自分でこなすことができる能力が必要不可欠です。

特に、多くの方が苦労するのが確定申告といわれています。一体どうやって提出するのか、何が経費になるのか、書類にどうやって記入すればいいのかなど、初めての方には分からないことだらけです。

そのため、税金問題も踏まえて独立する前に一度勉強をしておく必要があるでしょう。また、仕事の交渉も自分一人でやらなければなりません。

自分にはよく分からないから、とロクな交渉もせずにクライアントの出した条件を丸呑みにしてしまうと、自分のこなせる仕事のキャパシティを大きく超え首が回らなくなり、仕事自体が全て駄目になってしまう恐れもあります。

  • 自身の得意なことを売り込む力
  • 報酬の交渉もしっかりとできる強さ
  • クライアントと良好な関係を築けるコミュニケーション能力の高さ

など、一見エンジニアとして働くためには必要なさそうに思えるものでも、フリーランスとして生きていく上では非常に重要な能力なのです。

システムエンジニアとしてのスキルには自信がある、という方でもその他の能力が欠けてしまえば仕事には繋がりません。

そのあたりをしっかり踏まえた上で、独立への1歩を踏み出しましょう。

おすすめ関連記事

ー起業・独立での失敗するパターンを理解して自分の活動に活かしていこうー
「起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】」

ー副業をすることで、リスクを負わないために気を付けなければいけないことー
「労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには」

ー副業の場合に個人事業主の開業届は必要なものか不要なものか?ー
「副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?」

ー副業で一定以上の収入がある場合には確定申告をしっかりと行うことが大切ー
「申告しないほうが危険!確定申告で副業がバレないためには?」

ーフランチャイズチェーン加入を目指している方へ知っておいて欲しいことー
「全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因」

ーシニア起業が成功する場合と失敗する場合には、どのような違いがあるのか?ー
「急増するシニア起業!成功事例と失敗事例、業種、考え方をわかりやすく解説」

ー農業を起業のチャンスとして利用したいと考えるあなたに知っておいてもらいたいことー
「農業生産者になりたい!農業で起業したいあなたのための」

ー果たして農業で起業したとして事業として成功したと断言できるほどの業績が残せるものなのか?ー
「農業は稼げる?~農業起業の成功法則〜」

ー事業承継を考える社長が知っておくべき親族内承継とはどのようなものか?ー
「事業相続・承継!【親族内承継】って何?納税猶予も含めて解説!」

ーシニアの起業が近年増加傾向にある理由は一体なんなのか?ー
「シニア起業が急増!50代、60代で起業する人が増えている理由」

関連記事