フランチャイズオーナーのよくある失敗の原因とはなにか

独立して自分の店を持ちたいと願う人が、始められることの一つがフランチャイズに加盟することです。加盟金さえ支払えば、未経験であっても店舗のオーナーになることが出来る大変便利なシステムです。しかしすべての人が成功するわけではありません。

ここではなぜ、フランチャイズオーナーが失敗してしまうのか、その主な原因を探ってゆきます。

一国一城の主を夢見て独立したものの…

サラリーマンが自分の店や、会社を持つための独立の方法にはいろいろあります。別にフランチャイズに加盟する必要はありません。

しかしフランチャイズに加盟するメリットは、その組織が持つノウハウを共有できるという点です。商品の仕入れや広告、接客などのマニュアルはすでに決まっていて、それを覚えて実行すればよいのです。自分でゼロからスタートする場合には、それを決めることから始めなければなりませんので手間が掛かりますが、それを省くことが出来る所が便利です。

そして独立未経験者であっても、受け入れてもらえるところもメリットの一つです。ゼロから始める場合には下積み期間が必要です。しかしフランチャイズでは、未経験でも全く問題なく始めることが出来ます。

このように独立するにはフランチャイズはとても便利なのです。しかし良いことばかりではなくデメリットもあります。それは失敗をしてしまう人が多いという事です。その原因は自分の精神的や体力的、そして能力的な問題などが原因で発生することが多いです。

能力不足が原因で失敗

フランチャイズのオーナーになるためには、それがどんな職種であれオーナーになるための「器」が必要です。しかしその能力がないことによって失敗をしてしまうオーナーが多いのです。

どんなにサラリーマン時代には優秀な人であったとしても、オーナーとしても優秀であるとは限りません。オーナーになるとサラリーマン時代とは、全く違うものが求められるからです。そこに気づかずに、サラリーマン時代と同じ感覚で挑んだ場合には失敗することが多いです。

そしてオーナーになると、連日こなさなくてはならない事が沢山あります。特に人やモノ、売上や時間などの店のすべてを把握して、管理しなくてはならなくなります。サラリーマン時代には扱わなかったような大きな金額も扱うことになり、それにも慣れなければいけません。

大事なことは、サラリーマン時代の経験があまり役に立たない場合もありますので、ゼロからの気持ちでスタートすることが大切です。サラリーマン時代はうまくいっていたから大丈夫などと高をくくっていると後悔することになりかねません。

予想以上に資金が掛かり失敗

フランチャイズに加盟するためには、加盟金を支払うことが多いです。その金額は数百万円単位と大きいものです。それさえ払えば確かにフランチャイズオーナーになることは出来ます。しかし店の経営者になってみると、予想外の出費に悩まされることが多々あります。

その予想外の出費を予測していない場合には、資金面で苦労することになります。そしてそれが経営を圧迫して失敗の原因になることがあります。 考えられる出費としては、開業資金や運転資金が予想を超えてしまうといった状況が多いです。

このような状況に陥った時に、手元に余剰資金が豊富にあれば心配ありませんが、ない場合には借入金などに頼ることになり借金が出来てしまいます。そしてゆくゆくは人件費や光熱費、仕入れ費用などの資金まで圧迫することになりかねません。

このような状況に長い間浸かっていると、いずれは経営が行きづまり、廃業などの方向にいってしまう恐れもあります。

体力的な問題を抱えて辞めることも

フランチャイズのオーナーになるためには体力も大切です。特に24時間営業のコンビニオーナーなどの場合には、深夜勤務にも備えなければなりません。その為には不規則な生活に陥りがちです。ですからオーナーが、自身の健康を維持することはとても大切になります。

しかし中には過酷な勤務に耐え切れず、体調を崩してしまう人もいます。それが原因で失敗する人も多くいます。もしも資金がうまく回っていたとしても、オーナーが不健康であれば店は回りません。そのためにも普段から体調管理は第1に考えておくことが大切です。

環境の変化についてゆけずに失敗するケース

環境の変化とは主に、近隣に競合店が出来た場合に売り上げが下がって、経営が立ち行かなくなるといったケースのことです。

競合店が出来る前はうまくいっていたとしても、目の前に同じような店が出来た場合には、単純計算で売り上げが半分になる可能性があります。ましてやそれが、自分の経営する店よりもブランドイメージが強い場合には大変な打撃になってしまいます。

その他にもインターネットでの販売に押されて、売り上げが落ちるというケースも考えられます。ネットの普及した現代ではよくある事ですが、インターネット販売に負けないような対策をオーナーが考えてゆかなくてはなりません。

どうすれば失敗を回避できるのか

フランチャイズオーナーの失敗の原因としてこのようなものがありますが、どうすれば致命的な失敗を回避できるのでしょうか。

まずはフランチャイズオーナーになる前に、自分がやりたい仕事をきちんと決めておくことが大切です。ただやみくもに自分が興味のない仕事を選んでも長続きしません。

他にもオーナーになるための素質が、自分にあるのかどうかを見極めてから加盟するようにしましょう。もしもそれがない場合には、事前にビジネス書などで勉強をしてから始めるようにします。

他にも資金面で苦労しないためにも、十分な資金を用意しておくことが大切になります。加盟金を支払ったら持ち金がゼロになってしまうようではビジネスを続けるうえであまりにも不安定です。ですから万が一の時のための資金を、常に手元に残しておくことが大切です。

その金額はビジネスの内容によって変わってきますが、最低限自分が安心できると思える分は確保しておくようにしましょう。そしてその他にも、有益な情報を常に得続けることが重要です。例えば自分の店の目の前に突然競合店が出来るのと、事前にそれを察知して対策を取っている場合とでは、まったく状況が変わってきます。

このようにオーナーとして自分の店を発展させるためには、学ぶことはたくさんあります。時代の変化に対応できるような柔軟な姿勢を取ることが出来れば、大きな失敗は未然に防ぐことが出来るでしょう。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事