フランチャイズの現状はどうなっているのか、気になるポイントを知ろう

フランチャイズのオーナーになってお店を始めてみようと考えている方も多くいるでしょう。

ここでは、フランチャイズの現状はどのようになっているのかを踏まえつつ、フランチャイズを始める上での注意事項やメリット、デメリットについても紹介していきます。これからフランチャイズをやってみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

フランチャイズの現状とは

そもそもフランチャイズは「フランチャイズシステム」というビジネスモデルのことを指しています。

フランチャイズシステムは、事業を展開している本部と各事業者が契約を結ぶことで、商品や流通、ノウハウなどを提供するシステムです。自分で一から事業を始める場合は、ノウハウをはじめとして、商品など、さまざまなものを自分で用意しないといけません。また、多くの人から支持される事業にまで成長するためには時間もかかってしまうかもしれません。

その点は、フランチャイズを利用すれば、ある程度のお客様の利用をはじめから見込むことができるでしょう。ノウハウや商品も手に入れることが可能です。そのようなフランチャイズは気軽に加盟することもできるので、始めやすいという点も特徴となっています。

そんなフランチャイズの現状ですが、徐々にフランチャイズ店舗が増加してきているということができます。もともとは、フランチャイズといえば、小売りや飲食店がおこなっているビジネスモデルであると捉えられることが多くありましたが、小売りや飲食店だけではなく、さまざまな業種がフランチャイズをはじめたことが原因の1つであるといえるでしょう。

介護関連の業界でもフランチャイズシステムが導入されてきています。また、日本だけでなく、海外進出する企業も増加してきました。海外展開をおこなう時も、ノウハウや提供するサービスなど、フランチャイズならではの独自の情報収集能力を発揮することで、事業が失敗する確率も減らすことができているのです。

フランチャイズを展開する企業も増加していることから、起業に対しての敷居が下がったこともあり、今後もフランチャイズシステムを導入する企業は増えていくと考えられているようです。

なお、フランチャイズシステムを導入している店舗の売上としては、年間20兆円を超えるところも多くあります。さまざまな業界がフランチャイズシステムを導入することもあり、今後もこのような売上をキープしていくことができると考えられています。

フランチャイズを始める上での注意事項

フランチャイズを始める上での注意事項としては、まず、フランチャイズに加盟する際には加盟を希望する店舗の様子を見に行くということが挙げられます。本部のお店の雰囲気や、そこで働いているスタッフの接客態度、お店の清潔感など、あらゆる観点から確認をおこない、納得した上で加盟を決めた方が良いでしょう。

このような点は、打ち合わせをするだけでは分かりません。実際に自分の目で見て確かめる必要があるのです。

ちなみに、お客さんから人気のあるお店であっても、接客態度がイマイチであったり、お店の清潔感が感じられなかったりするようであれば、加盟するのは考え直した方が良いという意見もあります。 繁盛しているお店はフランチャイズの候補先としては魅力的に感じるかもしれませんが、接客業であれば、お店の衛生管理や接客態度など、最低限のことができていないのは問題です。

本来はそのような点を厳しく注意していくべきなので、それができていないというのは、経営もいい加減になってしまっているかもしれないと考えるのが良いでしょう。

お店を見て、加盟したいところが見つかったら、まずは説明会に参加しますが、ここでも注意すべき点があります。説明会では、契約内容をきちんと確認しなくてはいけません。フランチャイズに加盟する場合は、本部と事業者が、契約内容をしっかり確認した上でお互いが合意し、契約を結ぶ必要があります。

契約を結ぶ時に気を付けないといけないポイントとしては、初期投資にかかる資金・ロイヤリティ・収益化が可能なモデルプランかどうかといった点を挙げることができます。初期投資にかかる資金として、フランチャイズとして加盟するためにかかる加盟金や保証金などがあります。これらの金額が高すぎないかを確認して下さい。

なお、低すぎる場合もチェックが必要です。初期投資にかかる資金が低すぎる場合は、ロイヤリティの金額設定が高額になっているかもしれないのです。初期投資にかかる資金が安いからといって安心せず、ロイヤリティの金額も確認するようにしましょう。

また、収益化が可能なモデルプランかどうかといった点は、具体的な来客数や売上、黒字化になるまでの想定期間が実現可能なものになっているかや、明確になっているかを確認して下さい。

メリット・デメリットを知ろう

フランチャイズでお店を始める時には、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、一から開業する場合に比べて、少ない資金でもお店を始めることができるという点です。一から開業する場合は多額の自己資金が必要になります。また、労力もかかるでしょう。しかし、フランチャイズに加盟して開業することで、少ない資金でもお店を構えることが可能です。また、お店を経営していく上でのノウハウも教えてもらうことができるので、効率的な開業が可能になります。

ノウハウに関しては、本部のノウハウを受け継ぐことができるため、経営に関する知識に自信がないという方でも安心して営業を始められるのです。そのため、開業してすぐに売上を伸ばすことも夢ではありません。そもそも、フランチャイズを募集しているお店は、認知度の高いお店であることが多いです。そのため、開店しただけでお客さんが来てくれる可能性があります。

さらに、研修期間もあるので、不安なこともその期間に解消できるでしょう。

一方の短所としては、新しい商品やサービスを提供するのが難しいという点があります。一般的には、フランチャイズ店舗では、既存のメニューやサービスを提供します。すでにあるものを提供するだけで良いので、自分で考えなくて良いという点は楽かもしれませんが、オリジナリティを出したいという場合には難しいかもしれません。

また、フランチャイズである以上、本部の経営方針に従わなくてはいけません。納得できない部分があっても我慢しなければいけないこともあるでしょう。

このように、フランチャイズで開業する場合は、メリットだけでなくデメリットも存在しています。メリットとデメリットをよく考えて、納得できるようであれば、加盟するのが良いでしょう。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事