フランチャイズのメリットとデメリット、そして未経験から始めるための手引き

起業したいけれど経験がないから不安だという人は多いかもしれません。

そんな人にとって選択肢のひとつとなるのが、フランチャイズチェーンに加盟して起業することです。

この記事では未経験からフランチャイズチェーンに加盟して起業をすることを検討している方に、フランチャイズチェーンに加盟することのメリットとデメリット、また必要事項などを説明していきます。

 フランチャイズチェーンに加盟することのメリット

全くの未経験から起業しようとする人には、フランチャイズチェーンに加盟して起業することが推奨されることが多いです。

それはフランチャイズチェーンに加盟することで、本部から様々な恩恵を受けられるからです。

その恩恵のひとつが、フランチャイズの本部がもつブランド力を活かすことができるということです。

独自に起業しようとする場合には、ゼロから顧客の信頼を得ていくという努力が必要になりますが、フランチャイズチェーンに加盟することで最初から名の知れた店として営業することができるのです。

そのおかげで起業してから初期のうちでも経営を安定させやすいため、起業などの経験がないという人でも成功しやすいというのがフランチャイズチェーンに加盟することの大きなメリットです。

またブランド力があることの良さは商品や店舗に対する信頼があらかじめあるということだけではありません。

本部が広告を流せばそれが自身の店舗の宣伝となるわけですから、独自に行う広告の負担が小さくなるというのも、ブランド力を本部から借りていることのよさと言えます。

他にもフランチャイズチェーンに加盟することのメリットとして、確立された運営マニュアルを本部から受け取れるということが挙げられます。

フランチャイズチェーンの本部には直営店や加盟店の運営に関するデータが蓄積されています。

それらを元にして作られた運営マニュアルを活用することで、未経験からでも起業しやすいということが大きなメリットなのです。

具体的には、商品の仕入れや販売、接客、広告、設備などに関するメソッドが確立されており、ゼロから独自に経験を重ねてメソッドを作り出していく過程が必要がないのです。

ですから起業してから試行錯誤を重ねるうちに経営がガタついてしまうという不安も小さいです。

以上がフランチャイズチェーンに加盟して起業することの主なメリットです。

やはりフランチャイズチェーンの本部で確立されたブランドやメソッドの力を借りることで、初期からでも経営を安定させやすいということが、起業未経験者にとっては魅力的でしょう。

フランチャイズチェーンに加盟することのデメリット

一方でフランチャイズチェーンに加盟して起業することにはデメリットもあります。

そのひとつはブランド力を活かせるということの裏返しでもあるのですが、同じフランチャイズチェーンに加盟している他の店舗で何かしら問題が生じ、そのブランドに対して悪いイメージがついてしまったときに自身の店舗にも悪影響が出るということです。

どれほど自身の店舗の運営に気をつけていたとしても、他の店舗で問題が生じると風評被害を被ってしまうというリスクは覚悟しておかなければなりません。

他に挙げられるデメリットとして、これもメリットの裏返しではあるのですが、運営に関する自由度が比較的低いというものがあります。

未経験から起業して何もわからないうちは本部が示したマニュアルに従って店舗を円滑に運営できるということはメリットであるように思われます。

しかし、概ね運営のノウハウがわかってきて独自にやりたいことができたとしても、本部が示したマニュアルに含まれる規制に従わなければならないということは、自由な運営を行えないというデメリットになってしまうこともあるでしょう。

ここで「フランチャイズチェーンとの契約が切れるのを待って、そのあとに自分のやりたい運営方法を始めればよい」と考えた人も注意が必要です。

フランチャイズチェーンの本部はその運営メソッドの流出などを防ぐために、契約が終了した店舗が同業種の営業を続けることを禁止している場合があるからです。

また、先ほど本部から受けられる恩恵について説明しましたが、やはり一方的に恩恵を受け取るだけというわけにはいきません。

そうした恩恵の対価として毎月ロイヤリティを本部に支払わなければなりません。

これはその月の売り上げが芳しくなかったというときには痛手になりますし、そもそもフランチャイズチェーンに加盟していなければ自分の利益となっていた分ですから、加盟することで生じるデメリットと言わざるを得ないでしょう。

フランチャイズを通じて起業するために必要なこと

ここまでフランチャイズチェーンに加盟して起業することのメリットとデメリットを説明してきました。

それを踏まえたうえで、未経験からでもフランチャイズチェーンを通じて起業したいと思った人もいるのではないでしょうか。

そのような人のために、実際にフランチャイズチェーンに加盟して起業するために必要となることを説明します。

まず欠かせないのは開業資金です。

完全に個人で起業する場合よりも銀行からの融資を受けやすいというのはありますが、それでもある程度の資金が必要になります。

平均的には数百万円から数千万円まで、フランチャイズチェーンによって様々です。自分の開業資金にあったフランチャイズチェーンを選ぶことが必要となるでしょう。

ただし、それほど資金がないからという理由だけで、低資金で起業できるフランチャイズチェーンを選ぶ際には注意が必要です。

いくら確立された運営マニュアルがあるとは言っても、それだけで必ず成功できるというわけではありません。

マニュアルの規制の中でも、商品の仕入れや設備投資、広告をどうするかということを最終的に細かく決定するのは各店舗のオーナーです。

成功していくためには、実際に店舗があるエリアではどのようなことが必要とされているのか、また売り上げを高めていくにはどのような工夫が必要になるのかということを考えていかなければなりません。

つまり、商売自体や加盟するフランチャイズチェーンの業界にある程度の興味があること、マニュアルに従うだけではなく自分の店舗を良くするために行動する意欲は欠かせないということです。

自分がどのような運営をしていきたいのかを考えたうえで、適切なビジネスモデルを選択しましょう。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事