総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

儲からないフランチャイズを始めないために知っておきたい業界による違い

目次 [非表示]

フランチャイズをすれば簡単に起業できて儲けられると考えている人もいるでしょう。確かに成功している事例は多いですが、失敗して儲からずに困っている人も少なくはありません。フランチャイズに加盟することで生じるメリットとデメリットを考慮し、どの業界を選べば儲かると期待できるのかを判断できるようになりましょう。

フランチャイズの仕組みを理解しよう

フランチャイズとは何かをまずは簡単におさらいしてきましょう。

フランチャイズとはフランチャイザーと呼ばれる本部と、フランチャイジーと呼ばれる加盟店が契約を締結することで成立するビジネスのシステムです。加盟店は本部に対してロイヤリティーを払うことにより、商標やブランドネーム、商品などを提供してもらうことができます。開業や経営のためのノウハウを伝授してもらえる他、人材雇用や教育研修などもサポートしてもらうことが可能です。

ロイヤリティーによって得られる対価は契約によって定められますが、基本的には開業時点から調達や経営に関わる総合的なサポートを受けられる仕組みになっています。

フランチャイズに加盟することで生じるメリットとデメリット

フランチャイズに加盟すると開業も経営もしやすいのがメリットです。事業を起こした経験がなくても基本的なノウハウから教えてもらうことができ、チェーン店の一つとして経営を始められます。ブランドネームを使った宣伝ができるのですぐに知名度が高まり、顧客を獲得しやすいのもメリットです。

販売促進のための宣伝広告やキャンペーンなども本部から提案を受けられるため、独自の販促案を作る必要はありません。また、商品の調達ルートも本部の持っているものを使用でき、仕入れ価格も通常は本部や他の加盟店と同額になります。特に大手のフランチャイザーのサポートを受けられれば、仕入れの時点で価格のメリットも生まれるでしょう。

このような充実したサポートを受けられるにもかかわらず、経営に関して一定の自由度も与えられます。開業したら自分なりにアイディアを出して稼げるようになりたいと考えている人にはメリットになるでしょう。与えられた自由をあえて活用せず、本部からの指示やアドバイスに従って経営をしても問題はありません。

本気で事業に取り組みたい人も、安直に経営をしていきたい人もフランチャイズに加盟するメリットがあると言えるでしょう。

しかし、フランチャイズに加盟するのにはデメリットもあります。本部によって支えられて経営する形になるため、本部が経営破綻を起こしたり、不祥事などによって社会的に良いブランドとして認められなくなってしまうと大きな影響を受けることは否めません。

本部でなくとも同じフランチャイズに加盟しているチェーン店の一つが問題を起こすだけで経営に影響が出てしまいます。不可抗力で突然儲からなくなってしまうリスクを抱えることになるのです。

経営に関して自由度があるとはいえ、基本的にはフランチャイザーが提示した経営システムを踏襲しなければならないのもデメリットです。標準化が進められているため、見た目では他のチェーン店との区別がつかないでしょう。独自性を発揮したいと思っても制限があってなかなか難しいケースも多いのです。

また、フランチャイズに加盟するためには加盟金を最初に払う必要があり、その後もロイヤリティーを支払い続けなければなりません。儲けたいと思って開業するのに一部が本部に持っていかれてしまうのは悔しいと感じる人も多いでしょう。

儲かる業界と儲からない業界を区別しよう

フランチャイズに加盟して儲けるには業界選びが大切です。フランチャイズで儲けるためには商品やサービスの需要が伸びている業界を選ぶ必要があります。新たに店舗を作ったときに、すぐにその周囲から顧客が出てこなければならないからです。顧客数が十分にいないと売上が伸びずに儲けられないのは明らかでしょう。

その点でコンビニ業界や飲食業界は需要が高まっている地域が多いので儲けられる可能性が高いですが、レンタカーサービスやスマートフォン修理などは立地によるとはいえ、顧客数の確保が難しくて儲けにくいと言えます。

次に着目した方が良い観点が専門的な知識がなくてもすぐに参入できる業界であることです。介護業界や保育業界は需要が著しく高騰しているのでフランチャイズを活用するのに向いていると思われるかもしれません。しかし、高齢者への充実したサービスを提供するノウハウや、乳幼児を預かって教育するための知識や技術は一朝一夕にして学べるものではないでしょう。

実際にフランチャイズに加盟して独立したものの、経営が覚束ずに廃業してしまっている例も少なくはありません。経営が難しい業界だから新参者が少なく、商品やサービスの需要が高いということはよくあります。需要だけに着目してしまうと事業が失敗するリスクもあるのです。 ただし、もともと介護職で働いていた人が訪問介護ステーションを始めて成功しているといった事例はあります。

ノウハウを持っている業界があるなら、その業界のフランチャイズに加盟すると儲けやすいでしょう。スキルや経験があれば儲けやすい業界としてエステやマッサージ、塾や家事代行などが代表例として挙げられます。

需要が高いけれど失敗する他のパターンとして、競合店があると顧客を取りにくい業界が挙げられます。買取業界はフランチャイズ加盟店が増えてきていますが、基本的には知識がなくても経営は可能です。

しかし、出張買取や宅配買取などが利用できる影響で、顧客は近くに店舗がなくても他の有名店に買取を依頼することもできます。そのため、新たに市場に参入しても顧客獲得が難しく、経営破綻になってしまうリスクが高いのです。

フランチャイズに加盟するならどんな点に注意すべきか

フランチャイズに加盟しようと決めたら、どの企業を本部にするかをよく比較吟味しましょう。

フランチャイズのロイヤリティーを確認し、努力をして稼いだら自分の儲けが確かに増やしやすい仕組みになっているかを調べるのが儲けるためには欠かせません。稼ぐほどロイヤリティーが高くなってしまい、まるで搾取されるような状況に陥ってしまうこともあるからです。

また、売上を伸ばすためのサポートが充実しているかも確認しておきましょう。売上が低迷しているときに相談できるシステムが整っていると経営不振になってしまったときにも解決できる可能性があります。ロイヤリティーを払う以上は、それに見合った対価をもらうという気持ちで本部を選ぶのが大切です。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事