フランチャイズ事業を始めるのに向いている人とは?特徴を解説

目次 [非表示]

起業方法の1つとして「フランチャイズ」があります。よく聞く言葉ではありますが、実際どのような場合にフランチャイズの事業が適しているのか、疑問に思う方も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、フランチャイズで事業を始めるのに向いている人とはどんな人なのか、その特徴などを紹介します。開業の方法を模索している方はぜひ参考にしてみてください。

初めて事業を行う人

これまで開業経験がない、初めて事業を行う人はフランチャイズでの起業に向いていると言えます。

開業するためにはさまざまな準備が必要ですが、事業を行った経験がない人は開業準備に着手する前に、まず開業するためにはどのような準備が必要なのか調べるところから始めなければなりません。本当に1からのスタートです。初めてのことばかりの開業準備は気力も体力も消耗し、非常に大変です。

しかし、フランチャイズで開業する場合は、開業準備にかかる手間や時間を大幅に省くことができます。

フランチャイズ本部はすでにフランチャイズ店舗と契約している実績があり、開業までにどのようなことを準備しなければならないかはもちろん、準備の方法などもノウハウとして持っています。フランチャイズ本部と契約すれば、このような実績やノウハウを基にした、開業のためのサポートなども受けられるのです。

1人で手探り状態で開業準備を行うのと、本部のバックアップがある状態で準備を進めるのでは、安心感やスピードが全く異なります。未経験でもスムーズに事業を始めたい人は、フランチャイズでの起業を視野に入れると良いでしょう。

短期で事業を始めたい人

長い時間をかけることなく、短期で開業したい人にもフランチャイズは向いています。

開業をするには、その職種に関する知識や技術が必要です。それらを身に付けるため、始める予定の事業と同じ職種である程度の期間働いたり、独学で勉強をしたり、さまざまな方法がありますが、どれも開業まで一定の時間がかかります。 その点、フランチャイズは、フランチャイズ店舗を経営していくためのノウハウをすでに持っており、契約したフランチャイズ店舗に提供することができます。

加盟契約を結んだ後、本部はフランチャイズ店舗を始める人に対し、研修を行います。職種や内容にもよりますが、研修は1~2週間ほどで完了することが多いでしょう。 つまり、事業の職種について、知識や経験が少なくても、フランチャイズ本部の研修などを受けることにより、短い期間で必要なことを身に付けられるため、早く開業することができるのです。

店舗などの物件取得や物件の改装、事業に必要な設備・備品の調達、スタッフの雇用などさまざまな準備がありますが、本部のサポートなどを受けながら行えば、早くて1ヶ月、遅くとも数ヶ月で開業することが可能です。

開業の見通しも立てやすいので、「○月までに開業したい」というように、スケジュールの目標などがある人も、フランチャイズの起業に向いているでしょう。

開業資金が少ない人

少ない資金で開業したい人もフランチャイズに向いています。事業を始めるためにはまとまった資金が必要です。事業の内容によって、数百万円から一千万円以上かかる場合もあります。

フランチャイズにはさまざまな種類があり、それぞれ開業に必要な資金額は異なります。高額な資金がかかる事業もありますが、中には100万円ほどの資金があれば開業できるようなフランチャイズもあります。自分に用意できる資金額を加味しながら選べることも、フランチャイズのメリットだと言えるでしょう。

なお、開業のための自己資金が少ない場合は、融資を申し込む方法などがあります。融資の申し込みには、事業計画書など必要書類をそろえて面接を受け、審査をクリアする必要があります。フランチャイズで事業を始める場合は、すでにほかのフランチャイズ店舗が事業を行っているため、他店の事業モデルなどをもとに実現性の高い事業計画を立てることができます。

融資をする機関が最も気にする点は、融資をした事業が、開業後しっかり利益を上げてお金を返済できるかどうかです。フランチャイズの場合は開業後もフランチャイズ本部からのサポートを受けられることなどから、事業の継続性などに関して良い印象を与えられる可能性があります。

また、実現性の高い事業計画なら、売上や利益についての説明も説得力が増します。コンパクトな資金で事業を始めたい場合や、資金調達の必要がある場合は、フランチャイズ事業の特徴を活かすことで資金問題を解決できるかもしれません。

成功する確率の高い事業を始めたい人

できる限り成功する確率の高い事業を始めたい人も、フランチャイズに向いているでしょう。

事業は始めるまでも大変ですが、始めた後に軌道に乗せしっかり運営していくことも簡単ではありません。開業してから数年後には約7割が事業を辞めると言われる業界もあり、実際事業を継続していくには厳しい状況におかれる可能性もあります。 そんな中で、フランチャイズは成功する可能性の高い事業だと言われています。

フランチャイズ本部と加盟契約をすることにより、店舗は本部のサポートを受けることができます。経営に必要なノウハウを教えてもらうことができます。また、本部がもつブランド力やネームバリューを活用して、集客することができます。

個人が始める事業で、開業当初から顧客を確保するのは非常に難しいことです。しかし、フランチャイズの場合は、フランチャイズそのものがすでに知られている場合が多いため、新規開業の店舗でも一定数の集客が見込めるのです。

加盟店舗は本部に毎月ロイヤリティを支払う必要があります。固定金額であったり、売上によって金額が変動したり、算出方法はフランチャイズによってさまざまですが、利益に対してロイヤリティ額が高過ぎないかは契約の前に確認しておきましょう。ロイヤリティが無理のない金額であれば、しっかり利益を出し続ける可能性がより高くなります。

フランチャイズ事業を有効に活用しよう

自分が事業をどのように進めていきたいか、その方向性とフランチャイズ事業の特性が一致するならば、フランチャイズを活用して起業することも1つの方法です。

フランチャイズにはメリットもデメリットもありますが、有効に活用すれば安定した利益を出すことも可能です。開業前にさまざまな面から考えて、事業を成功させましょう。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事