フランチャイズの契約期間はどれくらいが目安?万が一契約満了前に解約したい場合は?

目次 [非表示]

フランチャイズビジネスは経営に関する知識があまり無くても、フランチャイズ本部から経営のサポートを受けながら店を経営することができます。しかし、経営に関する知識があまり無いと言っても契約期間に関するルールはしっかり理解しておかなければいけません。

そこでこの記事では、フランチャイズを経営するにあたって、契約期間はどれくらいが目安なのかなどについて解説します。

フランチャイズの契約期間はどれくらいが一般的?

フランチャイズの契約期間はフランチャイズ経営を始める際に確認しておくべき項目です。契約期間が長すぎて経営が上手くいかなかった場合には中途で解約しようとすると違約金が発生しますし、短すぎると更新手続きを頻繁にしなければならなくなります。一般的にフランチャイズの契約期間は5年となっている場合が多いですが、短くて半年、長くて10年以上と定めているケースもあります。

フランチャイズ経営をする人の中には独立して店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。そのため、長期契約と短期契約のメリット・デメリットを比較するだけでなく、自分の人生プランも考えたうえでフランチャイズ本部と話し合い、自分に合った契約期間で契約を結ぶことが大切です。

契約期間が長いフランチャイズの場合、長期的なサポートが期待できます。店を経営し始めてすぐに利益を出すのはとても難しいです。それにすぐに利益が出せたとしても、その状態がずっと続くことはなかなかありません。そのため、フランチャイズ経営は一時的に爆発的な利益を出すよりも、安定して一定の利益を出し続けることが大切です。

しかし、安定して一定の利益を出し続けるというのはとても大変であり、経営経験が無い人ならなおさらと言えます。そこで長期計画を立てたうえで経営をする必要がありますが、フランチャイズ契約が短期だと契約期間分の計画しか立ててもらえないことが多いです。 そのため、独立して自分の店を持つよりはフランチャイズで一定の利益を出したいと思っているのであれば、長期契約の方が良いでしょう。

しかし、先ほど説明したように長期契約だと契約期間中に経営が上手くいかなかったら途中で解約することとなるので違約金が発生します。それに対して契約期間が短期間になる契約だと、契約期間が満期になるまで少し頑張って店を経営し、満期になったタイミングで契約を更新しなければ良いので違約金を払わずに済みます。

このように短期契約だと経営が上手くいかなかった場合のリスクを少なくすることが可能です。したがって、フランチャイズ経営が初めてで長期的な運営に不安を感じているなら、まずは短期契約に対応している本部を探してフランチャイズ契約を結ぶという方法もあります。

契約更新時にはどんなトラブルが起こる?

契約更新のタイミングはトラブルが起こりやすいです。そこで、契約更新時によくあるトラブルを知っておきましょう。

まず多いトラブルが契約の更新をフランチャイズ本部から断られてしまうという例です。フランチャイズの経営者側が本部との信頼関係を維持することができないような契約違反行為をした場合は契約更新を断られて当然ですが、そうでないのに断られてしまうのは少なくありません。

この場合は経営を維持するために確認訴訟などの裁判をする必要があります。

また、フランチャイズ契約を結ぶ際に契約書を確認しないために、更新料を経営者が把握しておらず、更新のタイミングで更新料が払えないというトラブルもあります。

フランチャイズだと更新の際に更新料が発生することが大半ですが、経営に関する知識があまり無い状態でフランチャイズ契約を結んでしまうとロイヤリティに意識が向いてしまいがちです。そのため、違反の際の違約金などロイヤリティ以外のお金に関する項目をチェックしないまま契約を結んでしまう人は少なくありません。

これ以外にも契約時にしっかり担当者と話し合いをしなかったり、契約書を読まずに契約を結んでしまったりしているために発生するトラブルは多いです。

1つ1つの項目を確認しておかないことで、あとで不利な契約内容が盛り込まれていることに気づくケースもあります。そのようなことが無いように契約を結ぶ際にはきちんと契約書に目を通して理解しておき、更新時にトラブルが生じないように防ぐ必要があります。

契約期間満了時の注意点

契約期間が満了になるタイミングで契約を更新せずに店を閉めて自分の店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。この場合にもトラブルが発生しやすいので注意が必要と言えます。

この際に起こりやすいトラブルが、契約を更新したくないのに強制的に更新することになってしまうという例です。フランチャイズの契約更新に関しては自動更新型を採用しているケースが多いです。自動更新型とは、契約更新の数か月前に契約を更新しない旨を伝えなければ自動的に契約の更新が行われるシステムのことを言います。

この制度を理解しておかないと満期になったタイミングで契約を終了したいと思っていてもできません。そのため、更新期間に関する規約だけでなく、契約の更新方法のこともチェックしておきましょう。

また、フランチャイズ経営で教えてもらったノウハウを活かして独立し、自分の店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。しかし、フランチャイズ経営の際にフランチャイズ本部から教えてもらった知識を活用して同業種で独立されてしまうと、フランチャイズ本部が今まで培ってきたノウハウが外部に流出し、ブランド価値が下がってしまう可能性があります。

それを避けるために競業避止義務と言って、フランチャイズ契約を解除した場合は同業種で独立してはいけないという規約を設けていることが一般的です。

競業避止義務に違反した場合、違約金を支払うことになってしまいます。そうならないためにも、競業避止義務が契約解除後からいつまで適用されるのかなど競業避止義務に関する契約は特に契約時にしっかりと確認しておくことを忘れてはいけません。

中途解約の際の注意点

フランチャイズ経営が上手くいかない場合、契約期間の途中で解約することを考えているオーナーもいるでしょう。しかし、先ほど解説した通り中途解約をすると契約違反として違約金を支払う必要があります。金額も高くなってしまいますが、フランチャイズ本部とトラブルになってしまうと、勝ち目がないと諦めて賠償金を払ってしまう人は少なくありません。

しかし、フランチャイズ経営が上手くいかない原因にフランチャイズ本部からのサポートが受けられないなど、フランチャイズ本部側に原因がある場合も多いです。この場合、賠償金を払わなくても解約をできる可能性が高いと言えます。しかし、法律に関する知識が無いと、大企業が相手なので負けてしまう可能性が高いです。そのため、この場合はすぐに弁護士に依頼し、問題を解決してもらいましょう。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事