総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

あなたはどんなジムを作りたい?フランチャイズジムの起業

目次 [非表示]

近年は健康ブームもありスポーツジムの店舗数が増えており、様座な企業でフランチャイズの加盟店を募集しています。一言にスポーツジムと言っても、大衆向けのものがあれば個人向けのものがあったりと、その中には様々なビジネスモデルがあります。

それではスポーツジムのフランチャイズにはどんな魅力があるのでしょうか。今回はスポーツジムのフランチャイズについて紹介します。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズは本部と呼ばれる企業と加盟店の契約を結び、自身は加盟店のオーナーとして事業を行うビジネスモデルの事です。本部の名前や看板を使って商売をすることになりますが、基本的には個人事業主として自由に活動することができます。

本部と契約を結ぶと、本部が持っている「運営のノウハウ」を手に入れることができます。本部には事業のビジネスモデルをはじめスタッフへの指導方法、役所への手続方法などの様々なノウハウがあり、研修を通してそれらを習得することが可能です。そのため店舗の運営について何も知らない方でもすぐに店舗の運営ができるようになります。

逆にこちらが用意するものは「お金」です。自身が運営する店舗を自分で用意する必要があり、店舗を開店させるための資金やその店舗内で使用する設備などを自分で用意しなければいけません。運営する店舗によっては数百万かかる必要があるので、資金はしっかりと集めておく必要があります。

店舗で計上した利益は基本的に事業主のものになります。ですが、本部の名前やノウハウを使って商売をしているため、売上の一部を「ロイヤリティ」として本部に納入しなければいけません。ロイヤリティの割合は本部によって異なるので気をつけてください。

スポーツジムを運営するうえでのメリットとデメリット

スポーツジムを運営するメリットの1つは「覚えることが少ない」ということです。

飲食店の場合はお店で出す料理の作り方をはじめ、接客方法やレジの扱いなど様々なことを学ぶ必要があります。これに対してスポーツジムはトレーニング器具の使い方やダンベルやバーベルを使ったトレーニング方法など覚えられれば運用することができます。そのためスポーツジムは飲食店などと比較して覚えることが少ないというメリットがあります。

メリットの2つ目は「テーマを自由に組める」ことです。居酒屋や和食店などお客さんに出す料理は決まっています。そのため和食店でフランス料理を出すといったことはできません。これに対してスポーツジムは「運動する」ということは共通ですが、その中でテーマを自由に作ることが可能です。

例えば初心者向けをコンセプトにする場合は、安全かつ使いやすいマシンをたくさん用意し、中級者や上級者向けにする場合は様々なトレーニングができるダンベルやバーベルを多くするといったアレンジができるようになります。

スポーツジムにもデメリットがあり、それが「初期費用の高さ」です。スポーツジムでは様々なトレーニング器具を用意する必要があり、その費用がけっこう高くなっています。さらに内装工事の費用なども自分で用意する必要があるので、店舗を開設するときは資金に十分な余裕を持ってからおこなうようにしましょう。

スポーツジムの種類

スポーツジムにも様々な種類があります。

その1つが「24時間フィットネスジム」。24時間いつでも利用することができるジムです。24時間ずっと営業するのでランニングコストが安くなり、価格を低めに設定することが可能です。それにより多くのお客さんを集めることができます。

人手を減らすことができるのも24時間フィットネスジムの良いところです。24時間と聞くと多くのスタッフを用意しなければいけないと思うかもしれませんが、施設のセキュリティを充実させれば無人で運営することもでき、結果として少人数でも運営することができます。

2つ目は「パーソナルジム」。お客さん一人ひとりの目的に合わせて適切なトレーニングするというジムです。一人ひとりを集中して指導をするので多くのトレーニング器具を仕入れる必要がなくなり、初期費用を抑えられるというメリットがあります。また、特定の人たちへ集中して指導をするので、加入者は少人数でよく、集客にあまり力を入れなくて良いのも魅力です。

ただし適切なトレーニングメニューを組むので、トレーニングに対して高い知識が要求されます。また場合によっては食事や休養時も指導をすることがあるので、トレーニング以外の知識も求められることがあります。

初期費用はかなりかかるので注意すること

スポーツジムを開設するときは初期費用が高く、3000万円ほどは求められます。

特に高いのがトレーニングマシン。1台100万円から200万円ほどであり、店舗の規模にもよりますが10台以上は仕入れなければいけません。

そして内装工事にも費用がかかります。更衣室やシャワー室以外にも浴室やサウナなどの設備をする必要があるからです。ただし、トレーニング器具を減らしてダンベルやバーベルを多くしたり、店内の設備を更衣室とシャワー室だけにしたりすれば初期費用を半分以下に抑えることもできます。

ただしダンベルやバーベルを使ったトレーニングは、トレーニング器具を使ったのと比べて怪我が発生しやすいのでその点にだけは注意してください。

スポーツジムは初期費用こそ高いですが維持費は安くなっています。基本的には本部へのロイヤリティの他にスタッフの給料、テナント代、水道光熱費ぐらいしか発生しません。

フランチャイズを受け付けている企業

スポーツジムのフランチャイズを受け付けている企業に「ATカンパニー」というのがあります。24時間フィットネスジムを経営を専門としているフランチャイズです。小型店舗を専門としているため初期費用を抑えて開業することができるので人気があります。また店舗数も2014年は約4300店舗で、2016年には約4900店舗にもなるなど確実に増えており、良いビジネスモデルを持っているのが特徴です。

2つ目は「コナミスポーツクラブ」です。ホームページでの集客力をおこなっており、かつWEB上から入会手続きができるなど集客能力が特に優れています。また、コナミスポーツ情報ダイヤルという専門のコールセンターも用意されており、スピーディーかつきめ細やかな顧客対応を行うことができるのも良い点です。

選ぶときのポイント

フランチャイズを選ぶときに重要なポイントは「運営に関するノウハウが充実している」かどうかです。本部によっては店舗を運営するときのノウハウを細かいところまで提供してくれることがあれば、基本的なことしか提供していないところもあります。基本的には、細かいところまで情報を提供してくれるフランチャイズを選ぶようにしましょう。

「本部の姿勢」もまた重要なポイントです。事業を説明している社員の様子をよく観察してみてください。とにかく契約することを迫ってきたり、「必ず事業がうまくいく」など都合が良いことしかいっていなかったりしないでしょうか。そうした本部は経営状況が苦しかったり加盟店が十分な利益を上げていなかったりする可能性があるので避けたほうが無難です。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事