フランチャイズで起業をし、成功するための心構えとは

目次 [非表示]

会社員として働いている人の中にはフランチャイズシステムを利用して起業しようかなという気持ちになる人も出てきます。起業する際、フランチャイズを利用することでさまざまなメリットが得られますが、成功するためには必要となる能力というのがあります。

ここではフランチャイズを利用することで得られるメリットと成功するために必要な能力について解説していきます。

フランチャイズを利用することによるメリットとは

ではフランチャイズを利用して起業するとどのようなメリットを得られるのか考えてみましょう。

まずフランチャイズは本部から提示される規則に従ってお店を開業し、運営していくことになります。実際にお店を開業する前には本部側が提供する講習を受け、お店を運営していくにあたって必要となる基礎知識などを学べますし、開業準備をする際にも逐一本部側から指示をしてくれます。起業した経験が全くない人であってもフランチャイズを利用することでスムーズに起業できるというメリットがあります。

そして最大のメリットが本部のブランドネームを利用してお店を運営していけるという点です。自分の力だけでお店をオープンさせるとお客さんに来てもらうまでが大変ですが、フランチャイズを利用してお店をオープンさせると親会社の知名度によって自分の力だけでオープンさせたお店よりもお客さんに足を運んでもらいやすいです。

また必要なものを仕入れる際にもすでに仕入れ会社との契約は結ばれていますし、本部側が各フランチャイズ用に大量に仕入れをおこなうため、仕入れ単価が安く済むというメリットもあります。

そして集客のための宣伝もフランチャイズ側が率先して行わなくても本部側の圧倒的なマーケティング力を活用し、全国に宣伝活動を行ってくれます。

しかしその一方でせっかく自分のお店を持っているのに基本的には本部側からの指示やあらかじめ決められた規則に則ってお店を運営しなければいけないので好きなことが出来ないというデメリットもあります。フランチャイズを利用してお店を開業することを検討している場合は、このデメリットについても理解し、自分がお店を運営していくときのイメージを実行できるより良い方法を選択しましょう。

フランチャイズの運営を成功させるために必要な能力とは

フランチャイズのメリットを最大限に利用していくことでお店の運営は徐々に安定していくことでしょう。しかしそこから一歩先へ進み、成功をして複数の店舗を持つためにはやはり運営者が優れた能力を持っているかどうかが決め手となります。フランチャイズ経営を成功させるために必要な能力とは何かを考えてみましょう。

まずなかなかお店の経営が上手くいかないという人に共通する特徴として、過去の栄光やキャリアにとらわれてしまっているというのがあります。起業するまでにサラリーマンとしてそれなりの経験を積んでいる人たちの中には一定の地位を築いてきたというプライドを持っている人も居ます。しかしフランチャイズを利用してお店を運営していくにあたってはそういったプライドを持ったままでいると思考の幅を狭めてしまいがちです。

サラリーマンとして会社で仕事をするのとフランチャイズを利用してお店を開業し、運営していくのとでは仕事内容が全然違うので、サラリーマンとしての経験はあまり役に立たないことが多いと考えておいた方が良いでしょう。

過去の経験やキャリアを全てなかったものとすればお店を運営していくことによって得られるさまざまな情報を素直に吸収していくことができます。すると柔軟な考え方ができるようになって吸収した情報を利用して新たな運営ノウハウを生み出すことができ、お店の経営を改善させることができます。

またフランチャイズを利用してお店を経営するとスーパーバイザーという人が定期的にお店を巡回します。スーパーバイザーはその業界についての情報やノウハウを熟知しているため、彼らのアドバイスは的確なものが多いですが、脱サラをしてお店を経営した人たちよりも若いということはよくあることです。

サラリーマンとして築いてきたキャリアにとらわれていると、彼らスーパーバイザーからのせっかくのアドバイスも素直に受け入れることが出来なくなってしまいます。過去のキャリアを捨て去ることで本部からのアドバイスを素直に聞き入れることができます。アドバイスをそのまま実行する必要もありませんが、お店の運営を改善させるためのアイデアとしては素直に聞いておいた方が何かと役立つでしょう。

またコミュニケーション能力を高めていくことも運営を成功させるためには必要です。さきほどスーパーバイザーについて触れましたが、スーパーバイザーと常にコミュニケーションを図り、懇意になっておいて損をすることはありません。

スーパーバイザーも人間ですから自分のことを好意的に受け入れてくれる人に対しては率先して協力しようという気持ちになります。すると他の加盟店には教えないような極秘の情報を教えてくれたりするかもしれません。

そして顧客を獲得するためにはお客さんとのコミュニケーションも重要となります。あまりに馴れ馴れしい態度で接するのもよくありませんが、例えばコンビニエンスストアを経営していてレジでの接客をした時にお客さんと一言でも会話をすることを心がけていればやがては固定客の増加に繋がるかもしれません。

そしてお客さんだけではなく従業員とのコミュニケーションをしっかり図ることも大切です。従業員一人一人についてよく理解し、何を求めているのかを瞬時に察知して要求を満たしていくことで従業員側もモチベーションが上がり、お店全体の雰囲気が良くなります。 従業員とコミュニケーションを図り、一人一人の事を熟知することは人材育成にもつながります。

人というのは得手不得手があり、すべてを兼ね備えている人材というのはなかなか存在しないものです。時には新しく入ってきた従業員が他の人より仕事が出来ない人だったということも十分起こりえます。しかしだからと言ってその人を軽視して指導しないのは経営者としてふさわしくありません。

能力が不足している人材に対しても的確に指導し、そこで働くことができる人材に育て上げてこそ優れた経営者であると言えるでしょう。どんな人でもそこで働ける人材に育て上げることができるノウハウを身につけられれば人手不足で困るということはなくなるのではないでしょうか。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事