フランチャイズ契約の売上保証の仕組みと重要点について

目次 [非表示]

フランチャイズ契約は大きなチャンスを得られる可能性を持つ契約ではありますが、開店してから軌道に乗るまでの売上が不安という方も少なくありません。そこで一部のフランチャイズ本部では売上保証を行っています。売上保証は安心させてくれるシステムですが、そこには気を付けておくべきポイントも含まれています。

ここでは、フランチャイズにおける売上保証について解説していきます。

フランチャイズの売上保証とは

フランチャイズを展開している企業の中には加盟店に対し、売上保証を実施しているケースもあります。売上保証とは加盟店の売上が一定の水準に届かなかった場合に、保証金を支払うという仕組みを言います。特にオープン当初はなかなか思うように売上を高められないケースがあるので、本部が売上保証をすることで安心してもらえるようにしていることが多いです。

売上保証があることで厳しい状況を乗り切り、徐々に人気を掴んでいくお店も少なくありません。フランチャイズ展開している企業の間には新規加盟店の獲得競争が起こっていて、少しでも多くの加盟店を獲得するために売上保証を充実させているケースもあります。

売上保証があることのメリット

売上保証があることによるメリットは、安心して開業しやすいことにあります。

初めて店舗を運営する方の場合、実際にどのくらいの売上を達成できるのか、多くのお客さんが入ってくれるのかといったことは大きな不安材料となります。売上保証があれば、最初のころにそれほど売上が高くならなかったとしても運営を継続できる可能性が高まります。売上が不安定になりやすい開業当初の不安をある程度払しょくすることができ、お客さんを徐々に増やしていく経営上の猶予が生まれます。

また、店舗の売上は経済情勢や気候などによっても影響を受けます。売上保証があると、運悪く売上が伸びなかった時期があっても人件費や光熱費などを確保しやすくなります。

金額にもよりますが、売上保証はお店にとってのセーフティーネットのような役割を果たしてくれる存在です。

売上保証はオーナーの給料を保証するものではない

売上保証はあくまで売上の保証であり、オーナー自身に対して保証をするものではありません。

例えば売上保証が100万円に設定されていた場合、売上が100万円に満たなかった部分を保証してもらうことが出来ます。その保証を使って店舗の光熱費やアルバイトへの給料などを支払うことになります。

そういったコストを支払った残りがオーナーの給料となりますが、必ずしも残るとは限りません。つまり、売上保証があったとしてもその金額や店舗の費用によっては、オーナーの給料が確保できないケースもあるということです。

店舗運営には様々なコストがかかるので、売上保証のほとんどがそれらに消えていくというケースは十分にあります。フランチャイズ本部と加盟店のオーナーは労働関係を結んでいるわけではなく、フランチャイズ契約を結んでいるだけなので本部がオーナーの給料を保証する義務はありません。オーナーは店舗を運営する中で自分の給料を確保できるようにコストを削減する必要があります。

多くの売上保証には期限がある

売上保証を無期限で実施しているというフランチャイズ本部はほとんどありません。実際には一定の期限を設けて売上保証をしているケースが多いです。

開業から数か月経つと売上保証がなくなるのが一般的なので、オーナーはそれまでに売上を安定させる必要があります。オープンから数か月は話題性があるため、試しに足を運んでくれる方もいます。そこで充実したサービスを実施してリピーターになってもらうことが大切です。

売上保証の期間は企業によって異なります。 企業は加盟店を増やすために売上保証を行いますが、その金額や期間については様々な方針に基づいて設定されています。売上保証があまりにも充実していると加盟店のオーナーが充実したサービスを行うメリットが薄れてしまう一方、売上保証が不十分過ぎた場合はオーナーにメリットを感じてもらうことが出来ません。

それゆえに加盟店オーナーの意欲と安心感の両方を確保できる水準に売上保証を設定しているケースが多いです。

売上保証のある契約を結ぶときの注意点

売上保証のあるフランチャイズ契約をする際には売上保証の金額を確認することが重要ですが、ロイヤリティとのバランスをチェックすることも大切です。

いくら売上保証が高額に設定されていても、ロイヤリティが高額になっていた場合は結局店舗側の負担が増えます。ロイヤリティはフランチャイズ加盟店にとっての大きな費用だからです。逆にロイヤリティが低めに抑えられているのであれば、売上保証がそれほど充実していなくても経営上問題がないケースもあります。

それぞれの地域に合った売上保証になっているかどうかも注目ポイントとなります。店舗の売上はどうしてもその地域の人口に左右される部分があります。人口の少ない地域の場合は売上が伸びにくく、安定した経営が出来るまでに時間がかかることも多いです。それゆえに人口の少ない地域に出店するときは特に売上保証が重要となります。都市部と地方で同様の売上保証になっているときは注意しておきましょう。

フランチャイズ契約を結ぶと営業上の様々な制約が生まれます。売上保証の部分だけではなく、契約内容の細かい部分まで確認しておくことが大切です。 売上保証は基本的に有限ですが、ロイヤリティはフランチャイズ契約が続く限り永続的に発生し続けます。フランチャイズ契約を結ぶ際にはそのことを頭に入れておき、決して不利な契約を結ばないようにしましょう。

売上保証に頼らない安定した経営

売上保証は開業の際の安心感をある程度生み出してくれるものですが、売上保証を頼りにして営業をすることは出来ません。売上保証には期限があり、金額自体もそれほど大きくないケースが多いからです。

売上保証は、どうしても売上が伸びなかったときの予防線とし、あくまで売上保証に頼らない経営を目指していくことが大切といえるでしょう。

フランチャイズで安定した経営を実現するためにはスタートダッシュを確実に決めることが重要です。一度掴んだお客さんを逃すことがないようにサービスを充実させることにより、売上保証がなくなった後も売り上げを高めやすくなります。

フランチャイズで開業する際に売上保証は非常に注目される部分の1つですが、それだけで判断しないことが大切です。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事