会社の役員とは?社長=代表取締役ではない?会社役員を徹底解説!

ポイント(この記事は5分で読み終わります)
  1. 役員は社長だけではない。
  2. 社長が必ずしも代表取締役とは限らない。
  3. 執行役員と執行役は紛らわしいので注意。

会社の役員・・・と一言で言っても、一体どこからどこまでが会社の役員って呼ぶの?と疑問を持たれる方は、結構いらっしゃると思います。役員と聞くと、なんとなくのイメージでは、会社における偉い人達と言う印象が強いのではないでしょうか?

答えとしては、あながち間違いではありません。会社の中での立場として、役員と名前が付く方は、会社の中での偉い地位にいる方です。ただし、役員と一言で言っても、役員には種類があります。今回は、この会社の役員について、知識を深めて頂く為に、基礎的な部分から、総合的な部分まで、あらゆる観点から解説をさせて頂きたいと思います!

起業について詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでください。

起業・独立・開業を考えているあなたへ

起業家50人に聞いた起業の方法、リスク、資金、種類、失敗などをまとめて紹介!

会社の役員に関する基礎知識

会社の役員と言うのは、会社法と言う法律で定められているものがあります。皆さんが一般的に使う役員と言うものと、通常使われる役員と言うものには、少し違いがありますので見ておきましょう。まず、法律における会社法での役員は、次の3つとなります。

①取締役
②会計参与
③監査役

以上の3つが、法律による役員とされております。ちなみに、委員会が設置されているような巨大な会社の場合は、状況に合わせて「執行役」と言うものが役員として存在します。これらの方々を総称する形で「役員」と使われる事が多いのが事実です。ただし、正式な法律による役員として覚えておく場合は、しっかりと「取締役」「会計参与」「監査役」の3つであること。そして委員会設置会社の場合は、その役員に「執行役」が含まれると言う事を頭に入れておきましょう!

執行役員は役員ではない!?

執行役員と言う言葉を耳にした事がある方は結構いらっしゃると思うのですが、この執行役員と言うのは、実は役員ではありません。執行役員と言うのは、実は役員ではなく、社員の事なのです。ですから、役員と名前は付いていますが、役員ではなく、部長や課長などと同じく立場は従業員と言う事となります。じゃあなぜ役員って名前が付いてるの?と疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

これは、簡単に言うと、会社の組織図として見た時、平社員に比べると上の方、そして取締役会からすると、すぐ下の方となります。つまり、役員ではないけれど、従業員の中で最も取締役会に近く、従業員の中で偉い人だと言うと、理解しやすいと思われます。もっと砕けた言い方をすると、次に役員会に入られる役員候補の方とイメージしてみると良いのではないでしょうか。

会社の組織図から取締役と執行役員の違いを理解しよう

それでは、ここから、もっと詳しい内容に入って見てみましょう!想像をして貰いやすくする為に、株式会社を例にとって解説させて頂きます。皆さんが、役員の中でも、最も聞いた事がある、若しくは具体的な印象が強いのが「代表取締役」だと思います。株式会

残り2213文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事