経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

1円で会社をつくると事業の持続性が怪しくなる

目次 [非表示]

よく1円で会社設立ができると思っている人にお会いします。結論で言いますが、できません。これは会社自体がいくらでつくれるのかという意味と、独立・起業(会社をつくるということでなく)が1円でできる、つまり、お金をかけずとも事業というのは立ちあげることはできるという2つの意味合いがありますが、どちらも基本的にはできません。

個人事業主と法人、二つの選択肢

実際に独立・起業の形としては、個人事業主か法人かの2択があります。

法人の場合には、その中で、株式会社、合同会社、一般社団法人、NPO法人に分かれます。会社が1円でできるかというと無理です。設立に関する免許税という実費だけで数万円~20万円以上かかります。1円と言っているのは資本金の話です。資本金とは会社に出資された金額のことです。

1円の資本金の会社はつくれます。ただ現実的に資本金1円の会社をつくる意味がどの程度あるかを考えてみると、あなたが資本金1円の会社をみたらどのように思いますか?世の中はあなたが思ったことと同じことを考えます。またそもそも、銀行口座がつくりにくくなったり、圧倒的に資金調達しにくい、取引したくない、すぐに債務超過になりうるなどの圧倒的にマイナス要素があります。つまり簡単にスタートはできるものの、事業の持続性を下げてしまう可能性が大いにあるので注意が必要です。
※個人事業主の場合には実費などはかかりません。

お金をかけずに起業はできるのか?

もう1つの意味合いである、独立・起業(会社をつくるということでなく)が1円でできる、つまり、ちょっと比喩的なニュアンス=お金をかけずとも事業というのは立ちあげることはできるということですが、これも正確に言えば無理です。この文脈というのは、初期費用をかけずにできる事業ってたくさんありますよねという話です。確かに初期費用かけずにできる事業はたくさんあります。それは間違いありません。ただ、この話には何が抜けているかというと、事業以外でかかる費用が全く想定に入っていないということです。

それは、家賃などのあなたの生活費です。つまりお金をかけずにスタートできても、結局売上がない限りには、毎月一定のお金がかかるということです。(生活しないといけないわけですし、携帯電話はじめ、色々な固定費を持ってしまっていますよね。)

そのため、やはり現実的に全くお金がない状況で事業を立ち上げるというのは、正確ではありませんし、実質的にはできないです。全くお金がない中で立ち上げましたといっている経営者、起業家たくさんいますが、ほぼ全ての場合で、言っていないカラクリや、借金を積み上げている、家賃などのかからない状況があったなどの要因が潜んでいますので注意が必要です。

※僕は資本金5万円で株式会社でスタートしていますが、実際には実費で別25万円程度かかっています。会社設立後、初期費用などの投資や固定費はほぼなかった事業ですが、毎月のプライベートでかかる費用が最低10-15万円はあるわけなので、そのお金がなく、クレジットカードで借金を積み上げていました。

かといって、ものすごいお金を用意してほしいということを言いたいわけではありません。
お金がなくてもなんとかなるのですが、その場合には、しっかりとしたアイデアや超最低限のリスクだけはしっかりと織り込んでおきましょうということです。

 

おすすめ関連記事

ー自分で会社を設立しないで、既存会社を購入して起業するー
「2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業」

ー合同会社の設立を考えているなら確認しておくことー
「合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ」

ー個人事業主は法人とはどのような違いがあるのか?ー
「個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説」

ー専門家が分析した起業・独立で失敗するパターンを理解しておこうー
「起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】」

ー少額の資本金での起業にはどのような事が起こりうるのかを理解しようー
「1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた」

ー資金調達をするにはメリットとデメリットを理解して行動しようー
「2019年1月更新/10種類以上の資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ」

ー起業を創業時から助けてくれる助成金・補助金の制度を理解しようー
「2019年1月更新/起業・創業を助ける様々な助成金・補助金を徹底解説!」

ー起業に必要な資金をタイムテーブルを見ながら理解しようー
「起業に必要な費用やお金を時間軸とともにまとめました」

ー最近シニアの起業家が増加している理由はなぜなのか?ー
「シニア起業が急増!50代、60代で起業する人が増えている理由」

ー増えるシニア起業とその成功と失敗はどうして発生するのかを考えようー
「急増するシニア起業!成功事例と失敗事例、業種、考え方をわかりやすく解説」

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

1986年生まれ、横浜出身、慶應大学法学部卒業。
23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で株式会社ウェイビーを創業。

10年間で10,000人を超える経営者、起業家の「売上アップ」「組織づくり」に携わる。
中小、ベンチャー企業、独立希望者が、 早く、強く、大きく成長できる
01クラウドシリーズを展開中。

2016年10月より、世界経済フォーラム(ダボス会議)の日本代表選抜
2018年9月より、徳島大学客員教授就任
2020年4月より、iU 情報経営イノベーション専門職大学客員教授就任

「自分の力で稼ぐ力を身につける本」
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア掲載も多数。