経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

お客さんの数を増やすためにはどうしたらいいのか?

目次 [非表示]

1つ1つの売上を上げるための要素をブレークダウンしていくととても考えやすくなります。客数を上げるためにはどうしたらいいでしょうか?

ここでいう客数というのは、主に新規のお客さんの数のことだと思ってください。お客さんというのは、大きく言えば、新規のお客さんと既存のお客さんに分かれます。

既存のお客さんを増やす=既存のお客さんの購入の頻度を変えることや、リピートして購入していただく施策については、3つ目の売上アップの要素である頻度の部分でお話します。

新規顧客獲得のためにすべきこととは?

新規のお客さんを増やそうと思うと、商品やサービス、お店のことを知ってもらう機会を増やさないといけませんよね。

「インスタ映えで一気に客数を増やす」
最近では、飲食店をはじめ、個店のような店舗であっても、かつてと異なり、商圏は、近くに住んでいる人だけということもなく、インスタ映えするような(SNS的に見た目の良い)、商品を開発することによって、SNS上で拡散されて、全国よりお客さんが訪れるというようなことも出てきています。

店舗に限らず、SNSを絡めて、うまく新規のお客さん数を増やすことに成功している事例を無数にあります。

最新のトレンドツールをうまく活用して客数アップに力を入れるということもあります。

アパレルやジム、旅行商品はじめあらゆる商品やサービスがSNSで本当に売れてしまう時代になっています。SNSを使いこなせないのはとてももったいないことです。

「来てほしいお客さん層に対して客数アップ」
最近インバウンドによる海外の旅行者がとても増えているので、自社も新しいお客さんの開拓をしたいと思ったとします。インバウンドの旅行者の人に来てもらえるためにはどうしたらいいのか?と考えてみるとよいかもしれません。

他にも、シニアの人が増えるのでシニアの客層を増やすためにはどうしたらいいのか?を考えてみるということです。

今既に来てくれているお客さんと同じような客層を増やしていくという方法もありますが、今、トレンドとして拡大しているお客さんの層を新規のお客さんの数として伸ばすことができるととても事業的にもよいです。

「時代のトレンドに合わせて客数アップ」
さらに、最近では家食(家で食事する人)も増えているということで、店舗にお越しいただいたりしなくても自ら通販や、デリバリーをウーバーイーツを利用しはじめることで、今いないお客さん層を開拓できるようになるかもしれません。

客数を増やそうと思うと、今あるものをうまく知ってもらうという観点で、集客やPRの施策の中から最適なものを選択するということになります。

もう1つは、今はなかなかとり込めていない新しい客層に対して、商品などを開発し、アプローチするという、少し新規事業に近い取り組みが必要になったりするわけです。
 

 

おすすめの関連記事

ースマホで簡単にできる副業についてはこちらー
2020年、スマホで稼げる副業特集

ー起業のアイディアに困ったら読んでみようー
起業って誰にでもできる?起業の方法、種類、資金調達、アイデアのまとめ

ー今すぐお金を作る方法はこちらー
【最新2020】今すぐお金を作る方法27選!あなたもカンタンにお金を手に入れる裏ワザ。1万5万10万100万円を即日ゲット!

ー副業から起業まで新しい働き方はこちらー
2020年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

ー副業の確定申告で困ったらこちらからー
副業で確定申告をしたら会社にバレる?徹底解説します!

ー副業をする前に労働時間について考えてみようー
労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには

ー副業って開業届必要なの?ー
副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?

ー副業のオススメはこちらからー
サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

ースマホで副業するならー
2020年、スマホで稼げる副業特集

ーさまざまな副業を探す!週末副業などー
副業、週末起業、脱サラからのサラリーマン起業のまとめ

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

1986年生まれ、横浜出身、慶應義塾大学法学部卒業。

23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で株式会社ウェイビーを創業。

10年間で10,000人を超える経営者、起業家の「組織づくり」「売上アップ」に携わる。

社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくる「01組織クラウド

小さな会社、個人事業主のビジネス成長を実現する「01クラウド

の01シリーズを展開中。

2016年10月より、世界経済フォーラム(ダボス会議)の日本代表選抜
2018年9月より、徳島大学客員教授就任
2020年4月より、iU 情報経営イノベーション専門職大学客員教授就任

「行動の品質」「自分の力で稼ぐ力を身につける本」など著書7冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア掲載も多数。