経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

独立、起業当初にトラブルに無駄な巻き込まれる

目次 [非表示]

独立、起業する人の増加によって本当に、仕事の受発注ともにレベルが玉石混交になってきています。
今後は一層、独立、起業する人、副業、複業、フリーランスも増加するわけなので、一層この動きは加速するわけです。

仕事を発注する側という意味でも、企業の人手不足などによって、どんどん仕事をアウトソースしたり、リモートワーカーなどに依頼することが増えていきます。つまり、アウトソースやリモートワークになれていないような会社がどんどん発注者として増えていくということです。

仕事の受け手も、仕事の出し手もある意味新人で勝手がわからない人が増えるということです。これは間違いなくどちらかの問題で事故(トラブル)が増えていくと思います。
どちらの立場でもコミュニケーションが本当に大切な時代になっていきます。

また合わせて、誰に仕事を依頼するのか、誰からの仕事を受けるのかを、今まで以上に見極めていくことが大切になっていくということです。本当にリテラシーがないことによって、想定外の工数がかさみ、うまく納品できない、大きな赤字になるということが実際に頻発しはじめています。あなたが独立、起業した当初にこのような事故に遭ってしまうと、どうでもいいことで時間を使ってしまったり、無駄なコスト、ストレスを持つことになってしまいますので注意してください。

前職時代のお客さんを持ってきて前職の会社と揉める

前職の担当していたお客さんを独立、起業したあとにそのまま持ってくることはよくあります。前職の会社に筋を通している場合とそうでない場合があるわけですが。

独立を決めた人というのは、もちろん人によりますが、当たり前に筋を通そうとしつつも、
会社に対しての不満があったり、ちょっとした自分本位の発想から会社には言わずにお客さんを持ってきてしまうことがあります。これだけ会社に貢献をしたし、尽くしたのだからいいだろうという感覚です。

基本的には会社との契約で禁止されていることでしょうし、見つからないと思っていたもののひょんなことから見つかって揉めるということをしばしばみますので注意されてください。

提携先の取捨選択ができないことによる失敗

事業というのは、限られたリソースの中で、最大の結果を生み出すことに主眼があります。
あなたの力をどんどんアップしていくこともそうですが、一緒にやっている提携先などの見直しや新規で提携をしていくことも大切になります。

明らかに話を聞いていると、提携先に問題を抱えている人もいます。提携先の仕事のスピード感があまりにあっていない、金額がその仕事ぶりに対して高いなど。あなたは当たり前に事業をやっているわけなので、提携先との関係においても、PDCAサイクルを回していかなければいけません。ビジネスをしているわけなので、何か改善してほしいことがあれば、言いにくくても言わないといけません。

あまりにも改善されないなどという場合には契約自体を解消するなどという判断も必要になります。良い提携先だけではありませんので、取捨選択していくということも意識されてください。

 

おすすめ関連記事

ー会社を買って起業することで手間が省けることも?ー
「2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業」

ー株式会社を設立するなら株式の持分については理解しておこうー
「すごくわかりやすい!株式の持分のまとめ」

ー資金調達したいならメリットとデメリットも理解しようー
「2020年1月更新/10種類以上の資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ」

ー産業振興のために準備されている助成金・補助金を理解しようー
「2020年1月更新/起業・創業を助ける様々な助成金・補助金を徹底解説!」

ー起業するにはお金をどのくらい準備していないといけないのかー
「起業に必要な費用やお金を時間軸とともにまとめました」

ー合同会社を設立したいのであれば覚えておくべきことー
「合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ」

ーNPO法人を設立して社会起業家として活躍したい方へー
「NPO法人を設立するメリット、費用、手続きなどまとめてみました!」

ー個人事業主と法人は実際にはどのような違いがあるかー
「個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説」

ー会社も支払うことになる保険料について理解しようー
「協会けんぽと健康保険組合の違い、資格取得日と保険料の関係とは?」

ー資本金1円で起業した場合に直面することー
「1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた」

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

1986年生まれ、横浜出身、慶應義塾大学法学部卒業。

23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で株式会社ウェイビーを創業。

10年間で10,000人を超える経営者、起業家の「組織づくり」「売上アップ」に携わる。

社長がいなくても回る強い組織、仕組みをつくる「01組織クラウド

小さな会社、個人事業主のビジネス成長を実現する「01クラウド

の01シリーズを展開中。

2016年10月より、世界経済フォーラム(ダボス会議)の日本代表選抜
2018年9月より、徳島大学客員教授就任
2020年4月より、iU 情報経営イノベーション専門職大学客員教授就任

「行動の品質」「自分の力で稼ぐ力を身につける本」など著書7冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア掲載も多数。