経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

多数のクレームや想定外のトラブルにメンタルがついていかない失敗

目次 [非表示]

独立する前にほぼ全くといって想定されていないことにクレームの問題があります。

働いているときにクレームをダイレクトに受けるということは多くの人があまりないと思います。独立したあとには起きる全てのクレームはあなたが全面で受けることになります。クレームにも色々あるわけです。明らかに自分の問題ということもありますし、一方的なモンスターのようなクレーマーもいます。

クレームをいただいていい気持ちになることはありません。クレームの内容が商品やサービスそのものが否定されるようなものだった場合や、あなた自身の人間性を否定してくるようなものもあったりします。これが一番辛いです。特に商品、サービスについてズタボロに言われてしまうと、本当に自信喪失してしまいます。

モンスターのようなクレーマーも本当にいます。
圧倒的に理不尽なことを言ってきますし、ねちねちとずっと嫌なことを言ってきます。
早く終わらせたいものの理不尽なことを言ってくるので、こちらとしても折れることができずに長期化することがあります。本当に嫌な時間であり対応になります。

嫌なクレーマーに限って本当にねちっこいので、SNSや口コミサイトなどに悪口を書いたりします。本当に悪質で事実無根の場合には法的対応も考えるべきです。

お客さんからのクレームだけでなく、取引先や外注先などとのトラブルもないということはないと思った方がいいです。必ずトラブルやアクシデントは起きます。

クレームやアクシデントなどのやり取りの中で、相手方が弁護士を出すと言ってきたり、弁護士より連絡をいただくという機会もありえます。そのようなときには悪いことが自分になかったとしても普通の人であればかなり驚き、ちょっと怖いなと感じることもあります。自分に弁護士がまだついていないようなときだと、慌ててしまいます。


このような色々なネガティブな文脈でのやりとりや、コミュニケーションが増えてしまうと、精神的な負担となっていったり、仕事が辛いものに変わっていってしまうこともあります。

儲からない、精神的に重すぎる契約をやめないことの失敗

苦手なお客さんや、金額に対してとてもやることが重いとか、時間がめちゃめちゃかかるなどという契約を持ってしまっている人が結構います。

どういう経緯でそのような結果になったのかということも大切ですが、多くの場合には、独立、起業後に仕事が早くほしいが故に、圧倒的に相手寄りの条件で契約をしてしまったとか、まだまだ不慣れで曖昧な条件で引き受けてしまって、ずるずると今のような関係になってしまったとか、一度大きなミスなどをしてそれ以降、関係として少しフェアでなく差し込まれたような形でちょっと負担が重くなってしまったなどがよくあるところです。

いずれにしても儲からない仕事をし続けるということはどこかのタイミングではやめないといけません。

あなたが成長をしてあなたの業務単価が上がったということであれば、それに応じてお客さん先と金額交渉や契約の見直しを言うべきです。
もちろん仕事がない頃に仕事を発注してくれたなどの恩義でやっているということもありますので、そのあたりの判断はとても難しいですが。

このように幸いにもお客さんが増えてきた場合などは、色々と契約自体を見直したり、業務単価自体が変わっていくことは当たり前です。あなたも事業をやっているわけなので、感情的になりすぎてはいけません。

おすすめ関連記事

ー会社を買って起業することで手間が省けることも?ー
「2020年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業」

ー株式会社を設立するなら株式の持分については理解しておこうー
「すごくわかりやすい!株式の持分のまとめ」

ー資金調達したいならメリットとデメリットも理解しようー
「2020年1月更新/10種類以上の資金調達の種類、方法、メリット、デメリットまとめ」

ー産業振興のために準備されている助成金・補助金を理解しようー
「2020年1月更新/起業・創業を助ける様々な助成金・補助金を徹底解説!」

ー起業するにはお金をどのくらい準備していないといけないのかー
「起業に必要な費用やお金を時間軸とともにまとめました」

ー合同会社を設立したいのであれば覚えておくべきことー
「合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ」

ーNPO法人を設立して社会起業家として活躍したい方へー
「NPO法人を設立するメリット、費用、手続きなどまとめてみました!」

ー個人事業主と法人は実際にはどのような違いがあるかー
「個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説」

ー会社も支払うことになる保険料について理解しようー
「協会けんぽと健康保険組合の違い、資格取得日と保険料の関係とは?」

ー資本金1円で起業した場合に直面することー
「1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた」

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

1986年生まれ、横浜出身、慶應大学法学部卒業。
23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で株式会社ウェイビーを創業。

10年間で10,000人を超える経営者、起業家の「売上アップ」「組織づくり」に携わる。
中小、ベンチャー企業、独立希望者が、 早く、強く、大きく成長できる
01クラウドシリーズを展開中。

2016年10月より、世界経済フォーラム(ダボス会議)の日本代表選抜
2018年9月より、徳島大学客員教授就任
2020年4月より、iU 情報経営イノベーション専門職大学客員教授就任

「自分の力で稼ぐ力を身につける本」
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア掲載も多数。