事業承継方法の一つ「生前贈与」とは?特徴やメリット・税制について理解しよう!

事業承継とは会社の事業を後継者に引き継ぐことですが、生前贈与によって事業承継する方法があります。具体的には、経営者が生きているうちに経営から退き、後継者に事業を贈与するのです。生前贈与を実施する時は、特徴やメリットなどを知っているといいでしょう。

この記事では、生前贈与による事業承継について紹介します。

生前贈与と事業承継の関係とは?

親族を会社経営の後継者にする場合、生前贈与による事業承継ができます。経営者が死亡した後に非上場持ち株などを相続すると、相続税の支払いが必要ですが、相続税が多いと、納税資金の確保をするため、株式を手放す場合もあるでしょう。そのような事態になると、経営権はスムーズに承継できません。円滑に事業承継するためにも、経営者が生きているうちに生前贈与をする場合があります。

生前贈与とは、生存している人が別の人に財産を無償で渡すことです。生前贈与する側は贈与者、受け取る側は受贈者といい、株式や債券は評価額で算出します。

生前贈与による事業承継のメリット

生前贈与による事業承継のメリットは、経営者から後継者に引き継ぐタイミングを見計らえることです。例えば、贈与税などを計算する時、株式は評価額から算出しますが、自社株式の評価額が低くなっている時は最適なタイミングです。贈与税がかからない範囲で生前贈与する時、自社株式の評価額が低ければ、それだけ多くの株式を贈与できます。

同時に経営者の相続財産も減らせるため、今後の相続税対策にもなるのです。しかし、相続の3年以内に贈与した資産は、相続財産として相続税の課税対象になるため注意しましょう。

また、特定の人物に事業承継できるのも、生前贈与のメリットです。生前贈与は個人に贈与できるため、後継者にしたい人に必ず承継できます。相続の場合、遺言書で任意の相手に承継したい意向は示せるでしょう。

しかし、遺留分減殺請求などで、意図しない相続がされることもあるのです。資産の自社株式を複数の相続人で分けると、議決権も分散されるため、会社の経営がうまくいかない可能性もあります。よって、生前贈与で後継者に贈与していけば、希望に沿った事業承継ができるのです。

さらに、事業承継の約5~6割は親族内承継になり、親族であれば資産などの状況を理解しているためスムーズに事業承継できるでしょう。

加えて、事業承継では経営者と後継者それぞれが会社情報や方針・抱えている負債などを理解することが必要になります。その場合でも、親族内の方が情報を伝達しやすく、なおかつ経営者が後継者を支えることもできるため、信頼がおける事業承継方法と言えるでしょう。元経営者が生存して後見人の立場でいれば、取引先や顧客も安心してくれるのです。

したがって、生前贈与での事業承継は、会社の価値や株価・利益をしっかりと計上した上で行えば、節税対策だけでなく、取引先や顧客と信頼関係の構築もできるでしょう。

生前贈与の方法1「暦年課税贈与」

暦年課税とは、1月から12月までの1年間の贈与に対する課税制度です。贈与者・受贈者の制限がなく、誰でも利用できます。また、贈与する財産の種類も制限なく、現金や預貯金・有価証券・不動産などが対象です。年間で110万円の基礎控除があり、贈与額が110万円以上の場合は受贈者が贈与税を支払います。暦年課税による贈与税は「(総贈与額-基礎控除額)×税率」で算出します。

さらに、一般贈与財産と特例贈与財産では、税率が異なります。一般贈与財産とは、夫婦や兄弟・子が未成年の親子です。例えば、基礎控除後の金額が200万円以下の場合、税率は10%なります。そして、300万円以下の税率が15%、1000万円以下は40%など、課税価格が上がるにつれ税率も高くなることが特徴です。加えて、200万円以下の区分に控除額はありませんが、300万円以下の区分からは一定の控除額が設けられ、その数値を差し引きできます。

一方、特例贈与財産とは、親や祖父母から20歳以上の子や孫に渡す贈与財産です。事業承継で活用する生前贈与は、特例贈与財産の方が多くなっており、なおかつ特例贈与財産の方が、一般贈与財産より税率は低くなっています。

暦年課税は、1年間で基礎控除額の110万円以上の贈与を受けた場合に申告します。もし、住宅取得金等資金や配偶者控除で非課税の特例を受けていても、申告が必要です。申告時期は贈与を受けた翌年2月1日~3月15日で、住所地を管轄している税務署で行います。ちなみに、申告期間を過ぎた後でも、申告をすることはできますが、延滞税や加算税が課せられる可能性もあるため、期限内に申告しましょう。

なお、暦年課税贈与を事業承継に活用する時、毎年110万円以内にとどめて、数年かけて贈与する方法が効果的です。贈与税は移転財産の評価額あたりの税率が高く、まとめて贈与してしまうと税額が大きくなってしまいます。そのため、目的に節税対策を入れている場合は、生前贈与の意味がなくなってしまうのです。

あらかじめ事業承継を完了させたい時期を決め、それまでに少しずつ生前贈与していけばいいでしょう。

生前贈与の方法2「相続時精算課税制度」

相続時精算課税とは、祖父母や親からの贈与財産価額が、2500万円までは非課税にできる制度です。贈与税は控除になりますが、相続時に相続税として加算される可能性があります。つまり、相続時に相続時精算課税適用財産と他の遺産を合わせた総額が、基礎控除額を超えた場合は相続税の対象になるのです。ただし、相続時精算課税には、いくつかの条件があるため、当てはまる人のみ適用されます。

例えば、贈与者は贈与年の1月1日時点で60歳以上、受贈者は20歳以上でなければなりません。他に、贈与者と受贈者は、親子または祖父母と孫の関係であることも条件です。この条件に当てはまらない場合は、暦年課税を選択することになります。なお、相続時精算課税を選択した時は、その後に撤回することはできません。

相続時精算課税の受贈者は、贈与者ごとに方法を選択できます。例えば、父親からは相続時精算課税で生前贈与を受け、母親からは暦年課税で贈与を受けることが可能です。ただし、相続時精算課税を選択すると、その年から贈与税の非課税枠は使えないため、利用した年以降からは、110万円の非課税枠は適用されません。

また、相続する財産総額が相続税の基礎控除額を上回る場合は、節税対策にはならないため注意が必要です。さらに、贈与額の金額に関わらず、申告は必須なので手間もかかってしまいます。

あわせて読みたい関連記事

実質税負担ゼロで自社株が引き継げる特例事業承継税制とは?
事業承継にかかる贈与税や相続税の負担が軽減される?後継者は知っておきたい特例事業承継税制

特例事業承継税制を検討する際にはおさえておきたい特例の落とし穴
ちょっと待って!知っておきたい特例事業承継税制をとりまくリスクと対応策

事業承継をきっかけに家族ともめたくない方はお読みください
事業承継は先代経営者と後継者の問題だけではない。家族ともめやすい遺留分問題とは?

事業を売却するってどういうこと?
法人の事業譲渡とは?~メリット・デメリットと手続き~まとめて解説

企業の承継は、自社株の引継ぎだけじゃない
事業承継・会社/企業の承継って何?承継と継承の違いも合わせて解説

ゼロイチよりも買収!?これから増えるM&Aについておさえよう
M&Aって一体なに?会社に係るM&Aを基礎知識から理解しよう!

親族での事業承継を考えるポイントをまとめました
事業相続・承継!【親族内承継】って何?納税猶予も含めて解説!

中小企業を長年コンサルしてきた元金融機関行員中小企業診断士が語るシリーズ
事業承継との向き合い方②事業承継を幻にしないために〜誰に引き継ぐべきか〜
事業承継との向き合い方④~なぜモメるのか?親子間のボタンの掛け違いから考える事業承継~
事業承継との向き合い方⑤ 事業を譲る側がすべきこととは〜船に船頭は二人もいらない?〜

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事