総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
税・会計・法律
成長する人
失敗
セールス&営業
人材開発&育成

契約内容を固めすぎてしまうと「試合に勝って、勝負に負ける」の失敗

目次 [非表示]

目に見えないものを扱っている方だとよくご経験あると思いますが、
やりとりの中で、言った、言わないや、仕事の発注サイドの気分で仕事の要件が変わることが多々あり、一度決まったことで動いていることにもかかわらず、もう変更はここから先はできないのでしっかりと固めてから案を出してくださいと仕切ったのに、完成物や中間物などを出すとやっぱり完全にイメージが違うのでやり直してほしいと言われてしまったなどよくありますよね。

上記のようなことがあると、当たり前に自分の仕事や役割の範囲を明確にしたくなるわけです。
そうしないと仕事が終わらない、無限に増えていくので。それはそれであっているのですが、あまりにも固くなりすぎてしまったり、行き過ぎの人が結構います。

例えば、デザインを提出してからの訂正は1回までしか受け付けません、
それ以上だと追加で〇〇円かかりますとしていたとします。

当たり前にこれでもよいのですが、こういう人に限って、例えば、数分で終わるようなことですら、それは本来はできないことで、追加のお金がかかるんですよねということを言ってしまうわけです。
言われた側からすると、数分で終わることなのに・・・・と思ってしまい、次回以降の仕事自体をこの人にお願いしなくなってしまいます。

実際にものすごい追加で時間のかかることであれば追加料金をもらって対応すればよいかと思いますが、すぐに終わるようなことも杓子定規的な対応をしてしまうと、「試合に勝って、勝負に負ける」ことになります。

この人はお客さんとの関係をわかっていません。
というか自分の仕事をわかっていません。自分の仕事を言われた仕事を客観的にすることだと思ってしまっているのです。しかもそれが自分目線で仕事がしやすいようにという自分目線です。

それだけでは足りません。
例えば、レストランに行って、料理はピカイチですが、店員の対応があまりにも悪かったとしたらどう思いますか?トータルではこのレストランへの評価は低く、また行くかというと怪しいですよね。このような状態と一緒です。

独立した後の一番の仕事はお客さんがとにかく満足している状況をつくることです。
料理が美味しいのは当たり前ですが、それだけで満足が決まっているわけではありません。

どこまで買って出るかはまさに一般論化しにくい領域で、やってあげ過ぎることもよくありません。(ただ使われてしまう結果になることも。)そのため、握る部分はしっかりと握っておくことがとても大切になります。

あわせて読みたい関連記事

アップルも合同会社!合同会社ってなあに?どんなメリットがあるの?
合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ

ソーシャルビジネスをするなら考えたい!NPO法人を設立するには
NPO法人を設立するメリット、費用、手続きなどまとめてみました!

企業形態で損をしない!どちらがよいのか比較検討してみよう
個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説

会社を設立したら否応なしに加入する社会保険について
協会けんぽと健康保険組合の違い、資格取得日と保険料の関係とは?

1円で会社が作れるようになったけど実際どうなの?
1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた

税金はコスト。これを知らずに起業してはいけません
起業するなら絶対におさえておきたい税金の全体像と資金繰りのこと

1円でもかかる費用は少ない方がいいという方に
使わないと損!?会社を設立するときに活用したい税金の免除制度

起業志望の方からの質問がとても多い事項です
起業する前に支払った費用は必要経費になるの?起業後も使える経費になる・ならないの基準とは?

融資を受けないとしても起業するなら事業計画書を作ってみよう
経営に役立つ事業計画書の考え方とおすすめテンプレート

会社の未来を左右するといっても過言ではない金融機関の選び方
どこで銀行口座を開設する?起業するなら知っておきたい金融機関の選択ポイント

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。