起業1年目はなかなか売上がたたない

更新日:2017.02.23

これはインタビュー対象の7名+僕自身も含めて売上が全然立ちませんでした。

話を聞いていると、理由として3つあるように思いました。

 

1.自社独自の商品・サービス開発にこだわっていること

やはり自社ならではの商品・サービスをやりたいという強い想いがあるようで、どうしても開発に時間がかかってしまい、そもそも起業当初には売るものがないという状況ができてしまうというのがあります。もちろんこの間も、資金はどんどんなくなっているので、心理的にも、経済的にも相当に厳しい状態が続きます。「起業当初の実態」を読むとさらに厳しさがわかります。また、起業後に、商品・サービスができて、いざ売りはじめても、思っていたより売れないという局面にぶつかります。原因としては、商品・サービスづくりをこれまでしたことがないことによる、仮説力の甘さ、他社との比較において独自の強みをつくれていなかったなどがあります。

 

インタビューをさせていただき印象的だったのは、「間違いなくニーズがあり、絶対に売れると思ったものの、全然そうはならなかった」という起業家が2人いました。偶然だと思いますが、頭が良い大企業出身の2人でした。自分の頭だけで商品・サービスをつくることの限界なのかもしれません。この点を経験して、自分の考えたことについて、すぐにやるのではなく、徹底的にお客様にヒアリングするようになったと当起業家は話していました。

20dai_interview_ito01_img01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、若い人の起業というのは、例えば、何十年も働いていて、その領域で起業するような人と比べると、様々な経験が劣っています。この経験というのは、状況把握=ニーズの有無やお客様のイメージなどの深い思案に大きく影響してくる話です。そのため、自己体験をはじめ、直接のお客様と接する時間はどんどん増やすべきだと思います。自分の頭の中には、答えはないということですね。そうすることで「お客様の道先案内人」にもなれるのです。

 

2.そもそも何をするのかという具体的な商品やサービスがない中で起業したため、何を販売するのか決まっていなかった

思いつきでの起業というのも、インタビュー結果、結構ありました。明確なプランを持って起業した人は、8名中5名。あとの3名は、何となく起業しよう、起業してからやることを決定していったということです。

 

この記事には続きがあります

続きを読むには会員登録が必要となります。

新規登録はこちら


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる