副業を始めるときに役立つおすすめの資格10選

「副業をしたいがどんな資格をとったらいいのだろう?」と疑問はありませんか。副業で取得するべき資格は、汎用的な資格よりも専門的であり、スキルが身につく資格が良いです。

副業に活かせる資格にはどんなものがあるのか、どのような基準で資格を選択すればよいのか、といった点で、副業としてはじめ起業まで考えている方にも役立つ、おすすめの資格をご紹介します。

副業をするのに資格は必要か。副業に活かせる資格とは?

副業をするのに必ずしも資格は必要とは限りませんが、資格を取得する意味はあります。副業で資格を取得する理由としては、信用とブランド力を手っ取り早く手に入れることができるからです。

副業をするにしても仕事を受注しなければなりませんが、資格を持っていることによって信用とブランド力を示すことができ、受注しやすくなります。そのため、副業に活かせる資格は「汎用的な資格よりも専門的な資格」がおすすめです。

副業では広く浅く仕事をするのではなく、専門的に1つの仕事に集中することが重要です。 具体的な選択基準としては、「資格取得までの期間が短い」「自宅で開業できる」「知名度が高い」「難易度が高い」という点に注目して選択します。本業で忙しいため早く結果を得るためにも、資格取得までの期間が短いものを選択することは最も重要です。

同じく本業があるため、自宅で開業できる副業に繋がる資格かどうかも選択基準になりますね。知名度、難易度に関しては、資格をとる理由を考えれば、信用とブランド力を身につけるためにも必要な要素となります。

ほかにも「本業にも副業にも有効に利用できる資格」かどうかも選択基準にして良いでしょう。

どんな資格がある?副業に活かせる資格

副業に活かせる資格としては、「社会保険労務士」「ファイナンシャルプランナー」「中小企業診断士」「行政書士」「宅地建物取引士」をおすすめします。

社会保険労務士は半年程度で資格を取得することができ、経験を積めば個人開業も見込めます。転職にも退職後にも活かせる資格であるため、最もおすすめです。

ファイナンシャルプランナーはお金に関して詳しくなり、投資・資産運用の知識も身につけられるため、個人相手のビジネスやセミナー開催など専門的で幅広く活動することができます。

中小企業診断士は、単独で本業にするには物足りない資格ですが、会計や経営の知識を身につけることができるため、本業にも有効に利用できる資格になります。

反対に行政書士はサラリーマンの本業にはあまり有効に利用できる資格ではありませんが、独立することで効果を発揮する資格であるため、将来独立を目指す人にはおすすめの資格です。

宅地建物取引士は、不動産の契約において必ず必要となる資格で、不動産事業所の5人に1人の割合で必要です。資格の専門性が高く、週末だけ賃貸物件の斡旋を行う会社で働くなどの副業が可能になります。

ほかにも、「税理士」「キャリアコンサルタント」「ネイリスト技能検定」「Webライティング技能試験」といった資格があります。

税理士は取得するまでに時間を多く要するので、副業としては簡単にはじめられるものではありませんが、資格の価値はトップクラスです。

キャリアコンサルタントは現在の日本での知名度が高くないため、あまり馴染みがない資格ですが、情報社会が更に発達する今後は価値が上がっていく可能性を秘めています。

その他の資格も先にご紹介した資格に比べると少し魅力が落ちますが、資格取得の選択基準を満たす資格になっています。

自分にあった資格を選択することが重要

どの資格を取得するべきかは「自分にあっているかどうか」という基準が重要です。

「今後役に立ちそう」というだけで資格を取得しようとしてしまうと、資格取得のモチベーションが保てなかったり、ストレスを感じてしまう事になりかねません。自分にあった資格を選ぶためには「自分が好きなこと」「趣味として取り組んでいること」「得意分野や専門知識のあること」を自分自身に問いかけましょう。

しっかりと自己分析をした上で選択しないと、時間の無駄になってしまい、後悔することになるかもしれません。 また、やりたい副業が決まっているのであれば、その副業に対して必要な資格か、有効な資格かを考えて「Yes」であれば実行に移します。やりたい副業がない場合や、どうしても自分にあった資格がわからない、といった場合は、興味のある資格から取得してみるのも良いでしょう。

考えるだけで挑戦しないという選択肢を選ぶことは、何も生み出すことができません。時には行動してみることによって見えてくる景色もあるので、挑戦することに意味があります。

サラリーマンにおすすめの資格は?本業と関連する資格を選ぶ

サラリーマンの副業として取得する資格としては、「本業にも活かせる」「将来開業が見込める」ものをおすすめします。本業に活かせる資格であれば、本業での出世や収入増を見込めますし、副業としてはじめた仕事がそのまま本業になることもあります。また、副業で取得した資格を活かして転職することも可能となり、仕事の選択の幅が広がることが見込めます。

この2点に注目しておすすめする資格は「社会保険労務士」「中小企業診断士」「ファイナンシャルプランナー」です。

あなたの副業をする理由や目的を明確にすることで、どの資格を取得すれば目的が達成できるか、といった観点で副業を選択することができます。あいまいな理由や目的のまま行動に移すと、思うように結果が出なかった場合にやめてしまい、時間の無駄になる可能性があります。

時間に追われがちなサラリーマンであるからこそ、副業をする理由や目的は、時間をかけてでもしっかりと明確に導き出しましょう。

女性におすすめの資格は?将来の生活を考えた資格を選ぶ

サラリーマンへのおすすめ資格は女性にもおすすめできる資格ですが、女性の場合、将来的に出産や子育てで働き続けることが難しくなることも考えられます。そのため、「時間や場所にとらわれない」「女性の強みを活かせる」といった点で、おすすめの資格があります。

男性が苦手であったり不得意な分野、女性としての強みを活かせる分野として「ネイリスト技能検定」、時間や場所にとらわれずに在宅でも可能な副業として、取得すると有効となる「Webライティング技能試験」をおすすめします。

ほかにも、布地にできた穴や擦り傷などを塞ぐ技術「かけはぎ」の資格なども同じ理由からおすすめです。一度取得しておけばブランクがあっても活かせる資格なので、男性以上に仕事と生活のバランスを考える必要がある女性は、将来の生活を考慮した上で資格取得の選択を行いましょう。

おすすめの関連記事

ースマホで簡単にできる副業についてはこちらー
2018年、スマホで稼げる副業特集

ー起業のアイディアに困ったら読んでみようー
起業って誰にでもできる?起業の方法、種類、資金調達、アイデアのまとめ

ー今すぐお金を作る方法はこちらー
【最新2019】今すぐお金を作る方法27選!あなたもカンタンにお金を手に入れる裏ワザ。1万5万10万100万円を即日ゲット!

ー副業から起業まで新しい働き方はこちらー
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

ー副業の確定申告で困ったらこちらからー
副業で確定申告をしたら会社にバレる?徹底解説します!

ー副業をする前に労働時間について考えてみようー
労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには

ー副業って開業届必要なの?ー
副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?

ー副業のオススメはこちらからー
サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

ースマホで副業するならー
2018年、スマホで稼げる副業特集

ーさまざまな副業を探す!週末副業などー
副業、週末起業、脱サラからのサラリーマン起業のまとめ

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事