経営
組織づくり/マネジメント
マーケティング/セールス
成功する経営者・起業家の考え方
独立・起業
会社設立/資金調達

起業後に必要になることで起業前にできることを終わらせていない失敗

目次 [非表示]

独立、起業した後というのは本当に毎日何があるかわからないくらい未知ですし、忙しくなります。
忙しくないというのは相当よくないことですし、やることは無限大なので忙しいです永遠に。独立、起業前の準備中の人に良く会いますが、せっかく時間があるわけなのに、その時間の使い方が極めてもったいないと感じることがあります。準備として良い準備ができているとは到底に思えません。(そもそも準備なんて思うな、常に本番だと言いましたが!)

では良い準備とはどういう準備になるのでしょうか。

1つは独立、起業後に必ず必要になり、物理的に時間がかかることを、この準備期間で終わらせてしまうということがあります。
独立、起業後に必ず時間を使うことなわけなので、その時間を今のうちに終わらせておき、将来の時間の確保をしておくわけです。

また、独立、起業後に必ず必要になり、物理的に時間がかかることという観点と、売上を上げるために必要なことというのを合わせてもらって、準備中に何をすべきかを考えてみるととてもよいです。

つまり一番は、独立、起業していなくてもできるマーケティング、営業活動を徹底的にやるということです。

たとえば、競合を徹底的に分析して、競合がサイトからたくさん集客しているということが分かった場合、あなたもサイトからの集客を主軸にマーケティングをしようと思ったとします。

サイトから集客をしようと思っている場合には、サイト集客の勝利の方程式をまず理解します。サイト集客をしようと思うと、サイトに訪れる人の数を増やすことと、訪問者に対して問い合わせや依頼の数を増やすというこの2つの数字が大切であることがわかります。

サイトに人を集めるために必要なブログをはじめるタイミング

サイトに訪れる人の数を増やすために、グーグル検索などで自分のサイトが上位に表示されるようにしようと思ったとします。自分のサイトが上位に表示されるようにすることをSEO対策といいますが、SEO対策の王道として、サイトをこまめに更新することや、そのサイトの情報の量や質を徹底的に上げていくことがあります。
この情報の量や質というのは、主にブログの形でアピールすることになります。

たとえば、起業について役に立つブログをどんどん書いていく=量+独自の目線やノウハウを入れて書いていく=質というイメージです。これをしっかりとやっていくことができると、グーグル検索などで起業に関するキーワードでサイトが検索結果の上位に表示されるようになり、サイトを訪れる人が増えていくわけです。結果として良い商品、サービスがあれば、問い合わせ、依頼となっていくのです。

ここで一番大切なことがあります。
それは、このブログをいつから書き始めるかということです。

そもそもブログを書かない限り、グーグル検索で上位に表示されることはまずありません。つまりサイトの訪問者数を増やすことはできないわけです。結果としてサイト集客は実現しません。あなたは売上が上がらないわけです。

結果を出す人ほどここでいうブログを書くタイミングがとにかく早いのです。
まずやってみる、すぐやってみることをします。
結果が出ない人ほどやらなければいけないとわかっているもののずっと書かないのです。
書くための準備をはじめてしまいます。
この動きの差、特に速さは本当にいたるところで出ます。
ここがよくならないと結果が出るまでの差、ものごとが上達する差など圧倒的に差になっていきます。

できることに最速で取り組むこと

僕が独立、起業の準備中であれば、何をするかといえば、まずブログを速攻で書きはじめます。
やればやるほどどんどんPDCAサイクルが回わるわけです。ブログを何本書くかという数はとにかく1つでも多くがいいわけです。土日が休みなのであれば朝から晩までブログを書くでしょうし、SEO対策はじめ、サイト集客の勝ちパターンを徹底的にリサーチし、自分に取り入れていくと思います。

あくまで今回はサイト集客をメインに考えた場合で話をしましたが、これが他のマーケティング方法をメインにした場合にも結局は同じです。
つまりマーケティングの仕組みづくりをいち早くやるということです。

やるというのは、ただ必要なことをインプットすることでなく、アウトプットを速攻でやるということです。できないということは絶対にありません。できます。できないと思っている人は、具体的に独立、起業した後のマーケティング方法の優先順位や、具体的な一歩目が見えていない人です。

逆にやってはいけない独立、起業の準備としては、ただ相談をして終わってしまうということです。
僕のところにも良く相談が来ますが、相談することが目的になっていたり、相談をして安心してしまうということがよくあります。伊藤さんが言うのであれば大丈夫とお墨付きをもらったので安心とか、偉い人何人かに聞いたから大丈夫とか。

どんなにすごい人でも事業が絶対にうまくいくかどうかなんて絶対に予言はできません。そのためただ相談をすることに安心してはいけません。相談することは手段です。目的は事業をうまくやることです。そのため相談をうまく活用して、事業をうまくできるようにどんどんプランをはじめ、実際をブラッシュアップしていかなくてはいけません。
 

 

おすすめの関連記事

ースマホで簡単にできる副業についてはこちらー
2020年、スマホで稼げる副業特集

ー起業のアイディアに困ったら読んでみようー
起業って誰にでもできる?起業の方法、種類、資金調達、アイデアのまとめ

ー今すぐお金を作る方法はこちらー
【最新2020】今すぐお金を作る方法27選!あなたもカンタンにお金を手に入れる裏ワザ。1万5万10万100万円を即日ゲット!

ー副業から起業まで新しい働き方はこちらー
2020年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

ー副業の確定申告で困ったらこちらからー
副業で確定申告をしたら会社にバレる?徹底解説します!

ー副業をする前に労働時間について考えてみようー
労働時間に注意!副業で労働基準法違反にならないためには

ー副業って開業届必要なの?ー
副業でも個人事業主の開業届は出した方が良いのか?ダメなのか?

ー副業のオススメはこちらからー
サラリーマンにオススメの副業13選と稼ぐための5つのルール

ースマホで副業するならー
2020年、スマホで稼げる副業特集

ーさまざまな副業を探す!週末副業などー
副業、週末起業、脱サラからのサラリーマン起業のまとめ

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

1986年生まれ、横浜出身、慶應大学法学部卒業。
23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で株式会社ウェイビーを創業。

10年間で10,000人を超える経営者、起業家の「売上アップ」「組織づくり」に携わる。
中小、ベンチャー企業、独立希望者が、 早く、強く、大きく成長できる
01クラウドシリーズを展開中。

2016年10月より、世界経済フォーラム(ダボス会議)の日本代表選抜
2018年9月より、徳島大学客員教授就任
2020年4月より、iU 情報経営イノベーション専門職大学客員教授就任

「自分の力で稼ぐ力を身につける本」
元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア掲載も多数。